人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「ガリガリに痩せる」といいますが、なぜ極度に痩せている人を、「ガリガリ」と言うのでしょうか。教えてください。

●質問者: syuken
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:リガ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/5件

▽最新の回答へ

1 ● booboo_002
●23ポイント

http://web.sc.itc.keio.ac.jp/anatomy/osteologia/

脂肪層、筋肉が最低限になり、関節が浮き出て見た目がゴツゴツ、ガリガリしているせいでしょう。


2 ● jo_30
●22ポイント

いくつかお手持ちの辞書をひいていただければ分かると思いますが、「やせている様子」に書かれている説明が、そのほかの説明に比べて少なく、かつ異質であることが見て取れると思います。


そこでもう一つ面白い例をあげます。

手元にある昭和48年発行の小学館「日本国語大辞典」(日本最大の国語辞典です)を見ますと、「がり?がり」の項目に「やせているさま」という説明はありません。古語辞書に「がり?がり(または「ぐりぐり」、「ぐりぐり」)」はほとんど出てきません。


…というわけで、「やせている意味」としての「がり?がり」は、用例としてかなり新しいのではないかという推測が成り立ちます。そして「新しく『やせているさま』を表すことになったキッカケやその元ネタ」なども我々が知っているようなものなのではないかという推測も成り立ちます。


その意味で可能性が高い言葉として私は「がりがりもうじゃ(我利我利亡者 は当て字)」をあげたいと思います。地獄の亡者の我欲に満ちた様を「我利」という言葉を重ねて強く表現した言葉ですが、これもそれほど歴史のある言葉ではありません(用例は明治以降です)。言葉の成り立ちからみてこれは本来上の「がりがり」とは全く別の言葉ですが、近代に入って文語から口語になり、音に合わせて「がりがり」と表記されるようになった結果混同されたのは理解できます。


つまり

我利我利亡者のように痩せている」

という言葉の「ガリガリ」という語感が、たとえば

ガリガリと削る」

という意味の「がりがり」と一緒になった結果として(体の肉を削ぎ落とすような…というイメージの連鎖もそこに関与したことでしょう)「がりがり」=「痩せている様」という意味が成立したのではないかと想像します。


3 ● RYUONE
●23ポイント

骨と骨がガリガリと擦れる音が聞こえそうなほどに痩せている事から「ガリガリに痩せている」とい言葉が生まれたそうです。

http://www.yahoo.co.jp/


4 ● taka27a
●22ポイント

骨張っていて、触れると「ガリガリ」という感触だから?

もしくはガリガリ働いたり、勉強すると痩せるから・・・

だと思っていました。

http://www.forlife.co.jp/psj/



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ