人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ショックな事や騙された経験を ひきづらない為には どうしたら よいでしょうか? つい その事をやると 前の嫌な経験が脳裏をはしってしまうのですが。

●質問者: fratcoffee
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:経験
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/5件

▽最新の回答へ

1 ● kenken8
●23ポイント

たとえば今回の質問中の「ひきづる」ですが、正確には「ひき

ずる」です。「ひきづる」は「引き鶴」となり、意味は「春、

北方へ帰って行く鶴。帰る鶴。」となります。

ちょっと違いますが、ショックなことや騙された経験を本当の

「経験」として自分の中で昇華させ、決してマイナス方向の思

考に持っていかずに、次への教訓として考える癖をつけるべき

ではないでしょうか。

はじめに引き合いに出した件も、次から「ひきずる」という言

葉を使えなくなりますか?むしろ今回間違ったことを教訓に、

次からは使おうと思われるのではないでしょうか。

考え方ひとつなのではないでしょうか。

こんな回答ですがお役に立てれば幸いです。


2 ● hara-hiro
●23ポイント

辛いかもしれないが、逃げることなく同じ事にチャレンジしてなんとか克服することが一番ではないでしょうか。失敗は成功の糧です。


3 ● taka27a
●23ポイント

いわゆるフラッシュバックですね。PTSDの症状の一つです。(もちろん、それが身体症状になって現れるなどの、程度の差はありますが。)

一般的にはお酒を飲んで紛らわせるとか、友人に相談するとかいいますが、他人に話すことによって随分と和らぐということは(もちろん気の置けない相手ですが)経験上も、多いです。

お役に立てば幸いです。


4 ● umigadaisuki
●23ポイント

なんの本だったか・・・

小説でした。

「リズムをとなえる」・・・と。

自分のリズムを体の中にめぐらせるのです。

深呼吸をして。

何があなたのリズムなのか、自分でも不明確とは思います。

私もそうです。

けれど、「私のリズム・・・」とココロのうちで唱えると心臓をわしずかみにされそうなその瞬間を前へ進めんで行けますよ!



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ