人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Amazonのストレージサービス「Amazon S3」と、さくらインターネットなどのレンタルサーバーのサービスとは何が違うのでしょうか。わかりやすく説明していただけると助かります。あまり違いのない場合には、それぞれのメリットとデメリットをお教えください。よろしくお願いします!!

●質問者: syuwach
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:Amazon Amazon S3 さくらインターネット サービス ストレージ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● naleringar
●23ポイント

http://labs.cybozu.co.jp/blog/akky/archives/2006/03/amazon_s3.ht...

秋元@サイボウズ研究所blog

えっと、検索でひっかかってきたコレ↑を日常語に訳してみる試み。

ぶっちゃけ、アマゾンS3サービスは

「今までになかった(新しい・大きい)サービスを始められる」

「データケアをアマゾンに押し付けられる」

こんな可能性を持っているらしい。

ウェブアプリを作るのは最低1人いれば可能だが、24時間のサーバメンテを1人で続けるのは不可能だ。また、そこらの(さくら含)レンタルサーバでは、アクセス集中した時に落とす以外なくなってしまうが、バックボーンをアマゾン側が持つことで、その心配が極めて少ない。

儲ける為のシステム作り(アプリ開発の次の段階)においても、データメンテが容易なこのシステムを利用することで、ベンチャーから新しいサービスが立ち上がる可能性があると秋元氏が解説している。


S3

容量ではなく通信料主体の料金なので、能力次第では如何に巨大なシステムであろうと構築できる。通信量次第では巨額の請求をいただくことになる。

主としてビジネスに向き、もちろん上級者クラスが当然で、独力での利用ではなく、会社単位での利用が見込まれているのではないだろうか?

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

要するに、そこらの(さくら含)レンタルサーバーよりも完全に優れているってことでしょうか?

また、ウェブサプリを開発する際に、「標準ベースのRESTあるいはSOAPインタフェースを用いて・・・」なんて書かれていますが、これってかなりの制約になるのですか?


2 ● naleringar
●23ポイント

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/15/11249.ht...

いんたーねっとうぉっち

http://ja.wikipedia.org/wiki/REST

REST@Wiki

http://www.xmlconsortium.org/websv/dev_guide/GLUE/bind_tutorial....

http://pub.cozmixng.org/~the-rwiki/rw-cgi.rb?cmd=view;name=RWiki...

くらいあんとくらすについて@ぐーぐるからどこか

んーとですね、私も検索結果から学んでいる状況ですので、どちらに優劣があるかは説明できないです。ただ、各種記事の内容を見るに、RESTあるいはSOAPインタフェースってのは、もうパールやらなにやらよりもっと大元にあるもので、それがないと作業が始められないもの、だから制約とは違うと思います。記事のどっかに、RESTの方がSOAPより数多く選ばれていることが多いが、SOAPの方がやれることは多いような記述もあったように思います。

たぶんこれは、場所とトラフィック対策は用意したから、後は自分で頑張れ!成功すればホワイトハウスだろうが自由の女神だろうが「はてな」だろうが建て放題だぜ、金鉱を見つけろよ、幸運を祈るぜヒャッホイ!みたいなサービスなのではないかと。逆にレンタルサーバは、基礎工事が終わっている代わりに、可能性も限られているような気がします。

技術者の方、表現にもっと適切な日本語があるかと思いますので、訂正していただけたら幸いです。

◎質問者からの返答

わかりやすい説明ありがとうございます!!

要するに、やりたいサービスがあれば、それを実現できるSEさんやらプログラマーさんを見つけるべきなのですね。

Amazon S3をある程度使いこなすのって、どれくらいのハードルなのでしょうか。

めちゃくちゃ難しいのだったら、それはそれでコストかかっちゃいますよね。

う?ん。


3 ● hamster009
●22ポイント

さくらが個人向け、Amazonが大規模業務向け。もちろんさくらでも法人向けのサービスは別に提供しているが。


4 ● takuya
●22ポイント

さくらのレンタルサーバー以外にもロリポップ(うらではさくらをつかってるらしい)とかValue-domainとかも選択肢に入ってくると思います。さくらにも低スペックではあるがLinux鯖を低価格で一台まるまる貸してくれるサービスがあります。

サーバーをまるまる貸してくれるさくらと違い、S3ではGmailをストレージとして使う。そんなテーマに近い利用法だと思われますが。。。

アクセス方法がSSH&FTPとHTTP/SOAPの違いでしょうが・・・

つまり、ですねhatenaAPIのようなWebAPIをつかってサービスする人を援助する仕組みがS3で、DB+PHPで自力でガリガリソースコードくんでいく必要がある場合はレンタルサーバーですね。

APIの仕様さえ決めてしまえばS3がかなり有利だと思いますが。ある程度ユーザーが増えてきたらさくらのレンタルサーバーのトラフィックなんてすぐに使い切るわけですから、そのトラフィックやデータの信頼性をAmazonが提供してくれるのがS3何じゃないでしょうかね。

◎質問者からの返答

丁寧な回答ありがとうございます。

大変参考になりました。

「APIの仕様さえ決めてしまえば」の部分を、もう少し説明いただけると助かります。

APIというのは、はてなやグーグルが公開しているようですが、AmazonもS3を使ってのアプリケーション開発用にAPIを公開しているのでしょうか??

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ