人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

歌舞伎や能、日本舞踊など伝統芸能・・・その中でも特に「落語」の未来に関する情報(予測)を調べています。 これらは将来的にどのように進化OR荒廃していくのでしょうか? 進化・発展に関する明るい未来、是非是非教えて下さい。

●質問者: tooh11
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:予測 伝統芸能 日本舞踊 未来 歌舞伎
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● hanamiyabi
●19ポイント

http://enjoo.com/rakugo/rakugo/ra_colm3.htm

三遊亭 円丈のコラムで、客の高齢化で20年後に客は殆ど来なくなる、とあります。


2 ● aiaina
●19ポイント

ネットを利用した落語が増えていくのかもしれないですね!

http://forum.nifty.com/ftheater/sp/engei/engei008.htm


3 ● リョウヂ
●18ポイント

http://d.hatena.ne.jp/keyword/iTunes%20Music%20Store?kid=23824

PodCastingで話芸というモノに再び注目が集まっている状況を考えると、落語に関しては一時のような悲観的な見方は変わりつつあると思います。

実際、iTunes Music Storeにおいても落語が配信され予想以上の反響にApple日本法人も驚いているとのことです。

さらに未来の展望としては、CSの専門チャンネルやGyao等のWebTVによる中継によって、今まで無かったニッチな市場を開拓することができますので、少なくとも現在の地上波TV中心よりも多くの人が「落語」に触れるチャンスが生まれると思います。

この状況を落語家の皆さんが上手く利用すれば、落語ファンの底辺を広げることができると私は考えています。

(少なくとも首都圏・関西圏に比べると地方では落語そのものに触れる機会があまり無いのです。ファンの底辺が拡大すれば、もっと地方でも“定期的”にレベルの高い寄席が行えるようになるのではないかと…)


4 ● gryphon
●18ポイント

http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=4091517919

という漫画で、実力はあるが地味すぎて売れない兄さんが語るのですが、

「軽いお笑いに駆逐されるか、カブキや脳と同じように伝統として保護されるかのどちらかだ」

という予想に同意します。

なぜなら、結局落語は基本的な面白さとは別に「背景」を知る必要が出てきます。

江戸のしきたりや風俗、歴史背景や古典芸能・・・を聞き手が学ぶより、落語的な面白さも取り入れた、「現代の笑い」を受容するほうが手間要らずですから。

最後は政府から補助金などをもらっての寄席の存続かもしれません。


5 ● WAO
●18ポイント

TBSの「タイガー&ドラゴン」の落語をテーマにしたドラマをご存知でしょうか?最終回まで視聴率は良好でした。

O.Aしている期間中は、他局で放送されている大喜利「笑点」が15?16%→毎週20%越えになったのは勿論、ドラマ放送の翌日には寄席に訪れる若者も増え週末には2階席を開放するという『落語ブーム』になりました。

若者の「落語」に対する考えも変わってきているのが現状ですよ。若者から絶大な支持を持つジャニーズの起用、そして脚本にクドカンをもっていったのが視聴率につながったのは言うまでもありませんが。。

私の通っている大学に落語の授業があるのですが、今でも席は満員ですよ♪上演している風景をビデオで観るのですが、学生みんな笑ってますし「落語って楽しいね」と友達間でも言っています。

古典も好きですが、新作を主に上演した方が現代の若者(私含め)には溶け込めるかも。

私的な考えですみません(^^;)就職活動でTV局での面接の時に「伝統芸能」の話をタイガー&ドラゴンと混ぜながら話しているもので書かせて頂きました。

参考までに・・・↓

http://www.kikanshi.co.jp/genki/rakugo/rakugo.htm


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ