人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

統計解析で使われる正規分布表。正規分布の積分計算が解析的にはできないために作られたのだと思いますが、コンピュータがない時代にこれをどうやって作ったのか、誰が最初に作ったのか、お分かりでしたら教えてください。

●質問者: chicktack
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:コンピュータ 正規分布 積分 統計 計算
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● tamo2_xvi
●35ポイント

http://www5a.biglobe.ne.jp/~spgas/oaa/kei/k1.htm

計算機の歴史から申しますと、機械式の物が古くからあり

微分、積分に関しては割と早い段階で計算が出来ていました。

電機式は割と最近製作されましたが、まだ加算がやっとでしたが

第一次、第二次世界大戦を経て、暗号解析のおかげでコピュータの

雛型とされるアメリカ製エニアックが誕生しました。

以上のことからすでに機械式の計算機で、計算された可能性が

あるかもしれません。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございました。

何かの本で、フィッシャーは手回し計算機で確率を計算したということを読んだ覚えがあります。

次に知りたいのは、どういうアルゴリズムで計算したのか、誰がはじめにやったのか、ということなのですが。


2 ● qyuro
●35ポイント

ガウス(Gauss,1777?1855)です。

http://www.kwansei.ac.jp/hs/z90010/sugakuc/toukei/seiki/seiki.ht...

◎質問者からの返答

回答ありがとうございました。

リンク先を見てみましたが、ガウスが正規分布表を作った、とは書いてませんでしたね。正規分布の積分といっても、区間[0,∞]だけでした。知りたいのは、任意の区間[a,b]の計算を手計算でどうやってするのか、ということなのですが。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ