人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

LSD 覚せい剤などドラッグを使うと、
ミュージシャンや画家など、
芸術家のイマジネーションは豊かになるのでしょうか。
賛否どちらでも、参考となるサイトはありますか?

●質問者: aminakaji
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:サイト ドラッグ ミュージシャン 画家 芸術家
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/10件

▽最新の回答へ

1 ● hamtarozamurai
●16ポイント

本の紹介なんですが

http://www.kousakusha.co.jp/ISSUE/psyche.html


決してイマジネーションが豊かになるのではなく,聴覚などが拡張されたり,シラフとは異なった感覚になったり,幻覚を見たりする,ということなんだと思うんですが。

例えば,精神的,心理的に病気や問題を抱えている人に絵をかかせると,常人では考えられないような構図で書くという例がよくありますよね。あれと大差ないんじゃないでしょうか。世界の見方が,通常の状態とは異なる。それを豊かになると言うでしょうか?

正気と狂気の世界を,本当にコントロールして,両方を所有することができれば,それはある意味,豊かかもしれませんが。普通はコントロールできないわけですが。例え一時的にはコントロールできても,経済的にも健康的にも蝕まれて行くわけですが。

ジミ・ヘンドリックスと新しい啓蒙主義

http://wiki.livedoor.jp/kuriggen/d/%A5%B8%A5%DF%A1%A6%A5%D8%A5%F...

[音楽史]『ウッドストック』とは何だったのか?-なぜロックとはヒッピーによって基礎的な生成を遂げたジャンルだったのか

http://d.hatena.ne.jp/kuriggen/20060423#p1

◎質問者からの返答

丁寧なご回答ありがとうございました。

大変参考になりました。


2 ● taka27a
●16ポイント

使ったことが無いので、経験に基づく回等は不能ですが、正常と異なる感覚になるのでしょうね。それが表現につながり、大衆の人気をはくすると=芸術になったりするわけです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/LSD_(%E5%B9%BB%E8%A6%9A%E5%89%A4)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● kskmeuk
●16ポイント

LSDに関しては

hotwiredのこのコラムが参考になるかと思います

発見したホフマン博士関連などもざっと知ることが出来ます

# 問題児にして驚異の薬というのは言い得て妙でしょうか...

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20060119303.html

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20060120306.html

◎質問者からの返答

この人は肯定的なようですね。

他のドラッグについてもご存じなら

よろしくお願いします。


4 ● juaami
●16ポイント

イマジネーションが豊富になるか否かはわかりませんが参考として。

http://www.cowboybooks.com.au/html/acidtrip1.html

1950年代に行われたLSDの投与によるある画家の人体実験だそうです。

投与してから8時間後まで9枚の絵が見られます。

◎質問者からの返答

外国にはこんなページがあるのですね。

ありがとうございました。


5 ● arukusainou
●16ポイント

私は藝術で食っています。あなた薬なんかに頼らないで下さい。自分の才能は自分で覚醒させるんです。薬なんか才能のない負け犬が言い訳やかっこつけにやることなんです。ほんとに。いい意味で本当に自分を追い込むと脳内麻薬がでてきます。極端ですが、バイブで女をイカせてあなた嬉しいですか?それであなたが持つ根本的な力が育つと思いますか?才能で生きる人間ならあなた誇りをもってください。http://q.hatena.ne.jp/1147356101

◎質問者からの返答

薬をやるつもりでの質問ではありません。

ご安心を。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ