人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自毛植毛の施術は糖尿病の場合はリスクがあるとされるようですが、それは移植先の傷が治りにくいという理由でしょうか。食事、運動、投薬などにより
空腹時血糖あるいは随時の血糖値及びヘモグロビンA1Cを改善するとしてその数値はどれぐらいになれば施術の安全性は保たれるのでしょうか。

●質問者: MTB
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:ヘモグロビンA1C リスク 改善 移植 糖尿病
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina
●35ポイント

生着阻害因子は高血圧、糖尿病等全身疾患を患っておられる方或いは白髪の方は難しいと思います。

とのことなので、生着が難しいからという理由ではないでしょうか

http://www.jaam.or.jp/BBS/HAIR/bbs.cgi?page=261


2 ● taka27a
●35ポイント

キズが治りにくいというのもありますし、皮膚が脆弱な傾向にあるということでもすすめられないのでしょう。

一般的なDMの診断基準です。

http://www.nms.co.jp/naika2/dm/dm4.html

ヘモグロビンA1cについてのカットオフ値は6.5となっています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ