人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

結婚・出産を希望する30代後半の独身女性が結婚相手に学歴・収入・ルックス・言動のセンス等、一般的に考えると相当細かく高い希望があり、かつ同年齢以下を条件としています。

例えば、他の条件に好印象を持った男性が食事の際に一旦会計をしても、彼女が後から半額渡して受け取るとNG。40代以上の男性は、子供が成人する時に定年を迎えるのだから、子供を望む資格がないそうです。

彼女は「自分と対等なパートナーが欲しい」と言います。彼女の学歴・キャリアは男性で言うところの平均的サラリーマンといったところです。

うまくいかないと「妥協してまで結婚したくない」「女性が生きるのに結婚以外に選択肢のない時代に生まれなくて良かった」等と言いながら「男の低方婚志向が悪い」「男はモノをはっきり言う女性が嫌い」などと男性側に原因を求める傾向が強いです。

今のままでは問題があるという前提で、現実的な方向へ視点が向くよう、少しでも考えてもらえる有効な材料を教えて下さい。

質問文の前提に沿った回答を希望致しますので「質問の前提がおかしい」「好きにさせておけば良い」という種のご回答はご遠慮下さい。

●質問者: bogeyman
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:キャリア サラリーマン パートナー 会計 出産
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 43/43件

▽最新の回答へ

1 ● BROWN6
●12ポイント

http://www2m.biglobe.ne.jp/~kakizawa/essey/e1-03.htm

30代の結婚観を語ってます

◎質問者からの返答

ご提示頂いたURLの中で「自分が一人の人間として

『幸福』であるために、相手にも同等の配慮をする」の一文に

私は同感です。ありがとうございます。


2 ● taka27a
●12ポイント

http://www.wbsj.org/nature/international/asiawide/IBA/What_is_pr...

http://www8.cao.go.jp/shoushi/whitepaper/w-2004/html-h/html/g121...

その「彼女」にとって何が一番大切なのか、を明確にすることがなによりも大切であると思います。本当のところ、「実は結婚したくない」「結婚は必要ない」と考えている可能性もあります。

本当に「コレだ」という方と知り合えれば、周囲から見れば「妥協」も本人にとっては「妥協」ではなくなります。

◎質問者からの返答

言葉足らずでしたが、彼女が結婚したいと思っている前提で

回答を頂ければ幸いです。

現時点では彼女にとって現在一番大切なのは自分のプライドだろうな

と思います。それより大切なものもあるんだということを

想像できるかどうかが彼女の分岐点になるだろうと思います。

最後の一文には個人的には納得ですが、今の彼女にとっては

本当の意味で理解できる段階では無さそうです。


3 ● rosered8000
●12ポイント

確かに食事に行ってお金を出すけど受け取られるとなんかやだな?と思う女性の心理は分かりますw

男性にお金をもっていなくてもおごってくれるということがなんかうれしいので・・・。

おごられないと「あまり大事じゃないのかなー」とか思ったりしますね。特に年上の男の人に対しては。

私もこの女性の気持ちがなんとなく分かります

子供はやっぱりタイヘンなので、私もほしい感情がないです。

しかし親がいなくなればもしかしたら子供がほしいと思うようになるかもしれません。

私の場合は親のこれからの生活も私にかかっているので、その女性もその可能性はないでしょうか?

あとは、同棲してみれば気持ちは変わるかもしれません。

もし一人暮らしをしている方なら家で遊んでればそのうち住みつくんじゃないでしょうか(笑)

◎質問者からの返答

そうですね、仰る通り要するに彼女は相手の男性から

大事に思われていないということだと思います。

ただそこで彼女の場合は「自分は大事に思われるべき

価値ある女性なのだから、男性の方がおかしい」

となるわけです。私には違和感があります。

なお、この女性に関しては、自分の子供が欲しいというのが

結婚の最大の動機です。ご自身には大変な自信を

お持ちですが、子供のための割り切りで結婚したり

精子バンクを利用するほどのものではないようです。

要するに男性を扱き下ろしながら、男性に甘え依存したい

という矛盾を抱えていることに気付いていないように

見えます。


4 ● いのくに
●12ポイント

その年齢ですと、同級生などには

既にご結婚されている方もいらっしゃると思いますので、

既婚知人と親交を深められるように持って行くと、

今のような考え方に変化がみられるかもしれませんね。


子育てに忙しいながらも幸せを感じておられるような方だと

違った考え方なども聞くことができると思うので

特に良いかもしれません。


理想の高い事が一概に悪いとは言えませんが、

現実を直視する必要があるかと思います。

◎質問者からの返答

既婚知人との親交を深めさせる、これは一理ありますね。

ありがとうございます。


5 ● baritomo441
●12ポイント

結婚するまでの財産は別々に管理したとしても、結婚後の通帳をひとつにして収支を管理するという視点が必要かと思います。

小林正観という自称旅行作家で、うたし(うれしい・たのしい・しあわせ)会を主催し、ニューエイジ的な視点から、『正しい人から楽しい人』へという本を記し、全国を行脚している人のエッセイやマイケル・ローズというニューエイジ作家のセミナーから、自分と他人の壁をいかになくしていくかということについて氣づかせてくれる文章やヒントがを数多く得られます。

例えば、同じサイフなら、ワリカンでもごちそう様でもなくなるんだけれど、ワリカンにする人よりごちそう様と言える人の方が縁がつながりやすいんですよ。一滴の水も水の中に入れば境界がなくなるといった感じで・・・。

経済的で対等でいたいというのと、瀬戸内寂聴さんの言うように、異質なものが溶け合ってひとつになっていく(お互いにかけがえのない存在になっていく体験をする)のが夫婦という概念は相容れないものがありますが、折り合いがつかなければ、まずは両方試してみるといった考え方も出来ると思います。

物事を複雑にせずまずは試してみるのが良いでしょう。

◎質問者からの返答

問題は、頑なな彼女にどうやって多様な視点の存在を

理解してもらうかという点で、大変難しそうです。

機会があれば教えて頂いた本を拝見し参考にしたいと思います。

ありがとうございます。


1-5件表示/43件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ