人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

LinuxにてMail,FTP,WEB,WEBLOGサーバ等を構築しようかと思っております。Fedora、Debian、CentOSのなかの大きな違いは何ですか?操作性や扱い方の容易なものがよいです。また、手っ取り早くサーバを構築できるのはどのOSでしょうか?

●質問者: Sono
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:CentOS debian Fedora FTP Linux
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● くまっぷす
●23ポイント

http://linux2ch.bbzone.net/index.php?DistributionsGeneralFAQs

たとえばここのまとめサイトが見やすいかと(CentOSはないけど)。

まず、Fedora CoreとCentOSはもともとRedHat Linux(正確にはその開発版のRawhide)から派生していてほぼ同じと考えてください。Fedora Coreから商用アプリを抜いたものを有志が作りなおしたものがCentOSです。

したがってもともとRedHat系の管理システムであるRPMベースであることをはじめ全体の構成や傾向もほぼ同じですが、もともと上記URLにもあるように

新技術を果敢に取り入れ、実地で積極的に動作させることを目指す

のでときに不安定になるFedora Coreを一回まとめ直している分CentOSのほうが安定していて、サポートも継続的(Fedoraのほうは過去は捨てます、という傾向が強い)です。

Debianはこれらとは全く違う筋道をたどってきているディストリビューションで、強力なaptというシステム管理機構を持っています(もっとも最近はRH系もyumという同様の管理機構がある)。

Debianの特徴はとにかく「鉄板」といわれるほど安定していることです。逆に言うと新しい機能がなかなか入らない。他のディストリビューションがカーネル2.6ベースにに移行していたのに昨年半ばまで2.4ベースのままでした。

操作性という意味ではうーん、どちらも一長一短ですかねえ。

どれを使ってもサーバは(おなじぐらいの手間で)できますが、安定性をあまり強く求めるのでなければCentOSかな、と思います。

◎質問者からの返答

Debianはコンパイル済みのパッケージが多く収録されており、必要なパッケージを自分でコンパイルする必要はほとんどないようですが、利便性という点ではいいと思っているのですが・・・


2 ● kai10
●23ポイント

それぞれの特徴は、簡単にこんな感じです。

RedHat Enterprise(有償)から、有償のものをのぞいてパッケージ化したもの。よって、安定指向。

最新のソフトを積極的に取り入れている。よって、最新ものを使える。そのため、バグ等は取りきれていないものもある。アップデートも頻繁。それらの情報は、RedHat Enterpriseへフィードバックされる。1年に2回リリースされる。

リリース版(stable)は、CentOSと同じく安定指向。パッケージ数が非常に多い。この他に、テスト版(testing)、不安定版(unstable)があり、テスト版が十分安定となった時点で、それがリリース版となる。

Fedora CoreとCentOSは、ルーツが同じなので、パッケージ管理やディレクトリ構造などが大体一緒です。Debianは、それらとは別のパッケージ管理システム、ディレクトリ構造(/etcなど)を持っています。Debianは、これまでLinuxを使っていないのであれば、ちょっと難しく感じられるかもしれません。


最近、Debianの不安定版をベースに、新しいものをより簡単に使えるようにする、というコンセプトで、Ubuntu Linuxというのが立上り、人気がでているようです。Debianを使いたいのであれば、そっちの方がいいかもしれません。

http://www.ubuntulinux.jp/

http://www.ubuntu.com/


3 ● ootatmt
●22ポイント

((間違えて前の質問に回答してしまいました。
こちらに同じことを書きますがお許しください。))


サーバ構築で遊ぶにはいいかもしれませんが、Web上に公開するサーバを運用するには向きません。

あくまでも実験的な試みのために使用するべきだとされています。


また現在はユーザも少ないので情報が少ないように思います。


Fedora Core などで実験され、実証された技術が採用されていきます。


目的が Linux技術の習得ではなく、Mail,Webなどのサーバ運用でしたら、迷わず、安定していてセキュリティーの心配の少ないものを選ぶべきです。


ちなみにサーバを構築した後は、セキュリティーアップデートやMailユーザの追加、削除、メーリングリストのメンテナンス、Webサーバの設定変更などが主な作業になると思いますので、これの管理ツールを選択することが重要になります。

このツールとしては、BlueQuartz がとても簡単でお勧めです。

http://server.tetrabit.jp/word/bluequartz.html

これなら一気にレンタルサーバと同様の管理ツールが手に入ります。

いくつものドメインでWebサイトを運用したり、いくつものメールアドレスを作ったりできます。

メーリングリストもすぐ出来ます。

友達に安全にサーバを貸し出すことも出来ますよ。


BlueQuartz は、Fedora Core などにインストールすることも出来ますが、

http://www.nuonce.net/bluequartz.php

http://www.nuonce.net/bq-cd.php

このサイトのインストールCDを使えば、CentOS + BlueQuartz 環境が1時間もあれば出来上がってしまいますよ。


4 ● くまっぷす
●22ポイント

http://vinelinux.org/manuals/using-rpm-4-1.html

http://d.hatena.ne.jp/Wacky/20051103/1131028031

http://www.debian.org/doc/manuals/apt-howto/ch-sourcehandling.ja...

コメントに回答します。

基本的にソースからのビルドはメジャーなディストリビューションでは不要です。

ソースからビルドする必要があるのは

場合ぐらいです。

そのときも単純にビルドするのではなく管理システム(apt, yum, rpm)の枠に入れるためのノウハウがいろいろ必要です。具体的には各管理システムが扱えるバイナリパッケージを作ってそれをインストールする形になります(めんどくさいときには/usr/local/の下に野良ビルドするときもありますが)。

また、元のディストリビューションに入っていない、サードパーティ提供のバイナリパッケージについて言うとDebianの.debよりはFedora/CentOSの.rpmの方が多いです。ただそういうものまで使う必要はご質問のサーバについてはまずないでしょう。

最後に、今はインストールも簡単ですし、ちょっと使ってみて気に入らなかったら他のディストリビューションに移ればいいだけなので(全部インストールCD-R代だけで済みます、フリーですから)、いろいろ試してみることをお勧めします。


5 ● ekusutasii
●10ポイント

なんてあなたはすごいのだろう?応援してます。http://next/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ