人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

美大、専門学校での助手、美術講師の職を探しています。地方に住んでいるのと、専門職のため、求人情報自身周りにはありません。経験者の方でいかに職を探したか、得たかをお聞かせ頂けませんか?

●質問者: blueleaves
●カテゴリ:就職・転職
✍キーワード:助手 地方 専門学校 専門職 求人情報
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● hwtnv
●40ポイント ベストアンサー

http://jrecin.jst.go.jp/

こちらで検索できます。情報の登録もできるので、こちらが指定した職種の公募がアップされた際にはメールで連絡をしてくれます。かなりの頻度で更新されていますよ。

◎質問者からの返答

すごい。ありがとうございます。真剣に見てみます。


2 ● ken_yonezawa
●40ポイント

URLは文末でお話ししますが地方からの求人は確かに大変ですね。

僕は当時ビーイングという求人誌を中心にしていました。


少し、僕と似ているのでお話ししていいですか?w


北海道の田舎育ちでモノ作りだけが得意だった僕は

地元から3時間の札幌に住みとある専門学校に通いました。


在学中に講師として図書券5000円で仕事をしてましたが、

そうしていると就職がだんだん怖くなってくるのも分かります。

(本当のプロダクションでの制作は知らないくせに教えてる立場のため)


学歴社会という反面もございますが、この職種の場合は

やはりポートフォーリオでのパフォーマンスが一番だと思います。


僕の場合は北海道から東京で東京には一人も友達がいなく、

週末の金曜日(学校終了後)に東京に向かい、まずはその日の夜に一本面接(プロダクションは夜遅いため可能)面接が終わりホテルに戻って求人を確認(当時はウェブサイトではなくB-ingという雑誌雑誌)そして事前にアポを取っていた会社に土曜日を使って3,4件面接(地方からなので土曜日にして欲しいと交渉したりすればだいたいOKもらえます。)そうしてると普通なら2週、3週立てば入社は出来ると思います。(僕の場合6週ほどかかりましたが・・・)


面接もそんなに考えすぎずに自分を見逃すと

他のところにすぐ行ってしまいますョ。という感覚で受けるのが一番イイと思います。

(緊張してると入社してもなかなか「素」になれず常に緊張した現場で仕事することになる)


僕の場合は例えですが、やはりモノづくり関係の仕事はいかにして見せるか、

技術もさることながら、いかにユーモアで柔軟な発想をもてるかだと思っています。面接で裁かれるという感覚ではなく、面接までいったら必ず受かるという感覚で全てを考えるというのが一番早く+に進んでいく近道だと思います。


いろいろな求人サイトがあると思いますが

自分の得な業種・会社が見つかった時点で入れるように

前もって段取りを組んだ方が先決かと思います。



以上のように考えると

下記の2代求人サイトでも

何ら問題ないと思いませんか?

http://www.find-job.net/

http://www.rikunabi.com/


ちょっとまとまり切りませんでしたが

僕の経験に基づいた感じの検査結果でした。。。


◎質問者からの返答

丁寧な例とアドバイス、本当にありがとうございました。ポートフォーリオでのパフォーマンス参考になりました。ありがとうございます。


3 ● ekusutasii
●5ポイント

才女なんですね、すばらしい。応援してます。http://www.dia.com/

◎質問者からの返答

才女じゃないから悩むんですね。。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ