人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

黒砂糖と白砂糖との以下の違いについて教えてください。黒砂糖はカラダを温める、白砂糖はカラダを冷やす、と言われますが、どのような理由・根拠からでしょうか。

●質問者: italian
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:砂糖
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/10件

▽最新の回答へ

1 ● taka27a
●23ポイント

http://mh1.hp.infoseek.co.jp/kurozatou.shtml

いわゆる「成分表」の数値からくる話だと思います。


2 ● threee
●23ポイント

http://www3.ocn.ne.jp/~saitou/sirosatou-kurozatou.htm


黒砂糖の方が鉄分が多く含まれる理由からだと思います。


3 ● ssys
●22ポイント

黒糖には、ミネラルなどがおおく含まれていますが、

白砂糖は、精製された砂糖です。

大きな違いは、糖蜜の有無です。


http://www16.plala.or.jp/mkkikaku/sopping-menu/satou/kurosatou2....


4 ● TomCat
●60ポイント

http://kanpouyasan.seesaa.net/article/8723122.html

これは基本的に、砂糖の主成分であるショ糖は

ブドウ糖に分解されて体に吸収される。その際に、

【第一段階】砂糖→グリコーゲン→ブドウ糖→ピルピル酸
                 ↓
                 乳酸
 この段階では砂糖は不完全燃焼なので乳酸が生成され、血液を酸性に傾ける。
 その中和のために血液中の重炭酸イオンが消費されるが、
 不足すると骨の成分でもある炭酸カルシウムからそれを充当する。
 
【第二段階】ピルピル酸→アセチルCoA→クレプスの回路(燃焼)→エネルギー
        ↑
      ビタミンB群
 この段階では燃焼の過程でビタミンB群が消費される。

ということに起因するものと考えられます。

白砂糖は単なるショ糖だけの食品ですから、

ショ糖のみを摂取すると、体内のカルシウムやビタミンB群は

消費されるだけとなります。

しかし黒砂糖は、ショ糖の代謝で消費されるこれらのビタミン・ミネラルが

摂取によって補給されますから、それらの一方的な消耗が防げると。

そういうことなわけですね。

http://www.nhk.or.jp/kofu/kenko_17.html

特にビタミンB群はショ糖だけでなく様々な栄養素の代謝に関与しますから、

ビタミンB群がしっかり取れれば燃焼が促進されて体が温まります。

つまりビタミンB群を多く含む食品は、体を温める食品であるということです。

逆にビタミンB群を消費する食品は体を冷やす、

と言うことができます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。まさに、これが聞きたかったのです。漢方の本を見ても、ただ黒砂糖は温める、白砂糖は冷やす、とだけあり、理由が見当たらなかったです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ