人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アンハッピーエンドの小説を教えてください。

・ひとり一作のみ。つまり「あなたの最高(最悪?)のアンハッピーエンド」です。
・「アンハッピーエンド」の解釈はお任せします。
・ネタバレしてかまいませんので、どのあたりが「アンハッピー」なのかを書いてください。

●質問者: ymd-y
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:あなた ネタバレ ハッピー ハッピーエンド 小説
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 24/24件

▽最新の回答へ

1 ● takeshi825
●13ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043646038/sr=1-4/qid=1...

重松清の「疾走」はどうでしょうか。最後に主人公が死んでしまいますし、全体的に暗い小説です。

◎質問者からの返答

質問のし方が悪かったみたいで、すみません。

*** これから回答くださる方へ ***

おすすめの、ではなく、「あなたの最高(最悪?)のアンハッピーエンド」です。

「あなたにとって」、です。

「他の人の同意は得られないだろうけど自分にとってはこれはアンハッピーだ」と思われたら、それを語ってほしいのです。もちろん同意が得られそうなものでもいいですし、既出の回答とかぶってもかまいません。

質問者のことはあまり気にしないでください(興味をひかれたら読みますけれども)。

※このコメントは13番回答まで開いてから書きました(←もっと早く書けよ……)。


2 ● sibazyun
●13ポイント

松本清張「神と野獣の日」

講談社文庫の解説:http://www.aurora.dti.ne.jp/~drkmytms/book3.htm で「か」の項にある紹介は、「核弾頭ミサイル誤射。Z国の核5発が東京に向かっている。すでに空中爆破は不可能だった。臨時ニュースによってこの事態を知らされた国民はこの時、いかなる行動を取ったか。SF長篇。 」


以下、ネタバレ。


1回は危機を回避したとしてよろこぶ国民。しかし、実はもう1発が東京に向かっている。

◎質問者からの返答

この場合、「けっきょく助からない」ことよりも、一度は「助かった」と思った落差が「アンハッピー」感につながってるのでしょうか。


3 ● aiaina
●12ポイント

http://item.rakuten.co.jp/book/579521/

高校教師

一見、ハッピーエンドかと思いきや、二人は幸せになれたのか。。。

あのエンドはなれてないですね。。。

◎質問者からの返答

昔TVドラマでやってたやつ……? 森田童子の歌しかおぼえてません。


4 ● goma-shio
●12ポイント

最高かどうか定かではないのですが‥(すみません)一番に浮かんだ作

品を、ご参考まで。むかーし松田聖子主演で映画化もされた『プルメリ

アの伝説』です。既にご存知の作品でしたら申し訳ありません。


筋は確か、主人公の女性と、彼女と出会う青年がお互いに相手を思い合

うようになるのですが、はっきりと告白していない状態で、青年と他の

女性との仲を彼女が誤解(青年は一応無実)。ショックから黙って故郷

(ハワイ)に帰ってしまった彼女を青年は追いますが、ちゃんと両思い

になることなく、彼女が不慮の事故で亡くなってしまう(実は両思いだ

ということを知らないで死んでしまう)、というものでした。


『アンハッピーさ』としては少し温いかも知れませんが、なまじ”両思

いでハッピーになれる土台が整っていたのに”というのと、読了したの

が小学生くらいの頃だったので記憶に残っています。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4086105810/qid=11476181...

ご要望に添える程度のものでなかったら、申し訳ありません。

◎質問者からの返答

いえ、「ハッピーになれる土台が整っていたのに」という無念……みたいなものが「アンハッピーさ」を生むというのは、なるほどと思いました。


5 ● chiyodaku
●12ポイント

ハッピーエンドでない小説で、古典なら「三国志」「水滸伝」「アーサー王」「ローランの詩」が挙げられるでしょう。

最近の小説なら、新堂冬樹の小説は大半がバッドエンドです。

で、一作ならということで、これ。

もうすぐ公開される映画「嫌われ松子の一生」の主人公が撲殺される(ネタバレOKなんですよね。)ところは救いようがありません。

http://kiraware.goo.ne.jp/

映画はどうなるのか知りませんが、最後に甥が怒るシーンしか救いはなかったですね。

◎質問者からの返答

新堂冬樹は「溝鼠」だけ読んだことがありますが、なんだかへんな笑いがこみあげてくる小説でした……あたまおかしくなりそうな。


1-5件表示/24件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ