人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

美容室を妻と二人でやってますが、妻のやる気がなく、自分は、頑張っても考え方の温度差があるので、うまくいかず、モチベーションもさがるし、仕事が終わってもぎくしゃくです。
そんなことが3年つずいています。
人を雇えばいいのですが、できれば、経費がかからないし一緒に頑張ってくれたらいいのですが・・・。
家と店が一緒になってて、家のことを優先したり、カットの練習などしないし、向上心もありません。それを言うと喧嘩になってこんなに頑張ってると言い張ります。そんな感じでこのままだと離婚したいとか本気で思う時もでてきそうです。
どうしたらやる気をださせて、活気のある美容室にできるでしょうか?ちなみに妻は外であまり仕事したことが、ありません。前も、妻の親戚の店で働いていました。しかも、ちょっとマザコンです。
長くなりましたが、よろしくお願いします。

●質問者: donsebon
●カテゴリ:生活 美容・ファッション
✍キーワード:カット マザコン モチベーション 向上心 喧嘩
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

1 ● kurumikuru
●25ポイント

夫婦だからこそ、お互いに甘えが出てしまい、余計うまく行かないのヵモしれませんね…

きっと奥様には、『夫の仕事を手伝ってあげている』程度の感覚で、共同経営のような責任感がないのでしょう…

まずゎ「お前がいなきゃ、この店はやっていけない」「お前のおかげで美容院をやっていける」「このままずっと二人で仲良く働きたいネ」などの優しい言葉をかけてみては如何でしょうo

責任感を生み出すのは、まず褒める事だと思いますo

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E4%BA%94%E5%8D%8...

山本五十六とぃぅ軍人の言葉で、私自身 凄く共感した有名な言葉がありますo

『やってみせて 言って聞かせて やらせて見て ほめてやらねば 人は動かず』

人を動かすのは、こういう事ではないでしょうヵ

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ほめることは重要ですよね。

がんばってみます。


2 ● TomCat
●30ポイント

昔も今も、技術職は「よその釜の飯」を食いながら

腕を磨いていくんですよね。

どうしても「家業」という日常生活の延長の中では、

その仕事の素晴らしさに気付く機会が少なくなってしまうからです。

今でも親の跡を継ぐ料理人などはたいてい一時期よその店で「修行」をします。

このへんが、何かヒントにならないでしょうか。

奥様をよそに修行に出す、ということじゃないんです。

たとえば仲間の中で夫婦でいい店を作っている美容師さんを探し、

一緒に経営と技術の向上のための勉強会を結成する、とか。

もしタッグを組んだ相手の奥様が仕事に対して積極的な方なら、

きっとそこから大きな影響を受けていくと思います。

将来的には二店舗共同でショーを開いたっていいですよね。

とにかく美容師というのは技術者であると共にアーティストなんですから、

やろうと思えば、いくらでも夢は広がってくるはずだと思うんです。

またある意味、仕事に対する温度差は、

この美容の仕事というものに関する夢の持ち方の違い、

ということもあるんじゃないかと思うんです。

たとえば奥様がアーティスト指向、クリエイター指向のスタンスで

美容に取り組んでいれば、ビジネス指向の経営論などには、

あまり興味を示してくれないかもしれません。

また、お店の傾向がいつの間にか自分の夢に描いていたものと違ってきた、

店が「自分のお城」に思えなくなってきた、というのもあるかもしれません。

もしそのへんに何か思い当たることがあるようなら、

この際、奥さん主導でもう一度開業当時の夢に立ち返ってみる、

というのが効果的かもしれません。

実際、独立して店を構えるというのは大変なことですからね。

駆け出しの美容師が簡単に描ける夢ではなかったはずで、

そこに至るまでには、大変なドラマがあったと思うんです。

それをもう一度、奥さん主導で、ということです。

あるいは世襲のお店だったり、どちらかが既に経営していたお店を

結婚に伴って二人で始めた、というようなケースの場合は、

そうした「夢を現実にするプロセス」が

不足していた可能性もあるかもしれません。

話をまとめますと、一案としては、

外部の仲間の新鮮な仲間の「気」を導入する、という方向性。

もう一案としては、奥様の美容師としての夢や希望を主役に、

もう一度「二人のお店作り」のスタートラインに立ってみる。

そんなやり方のいずれかが考えられてくるかと思われます。

ちなみに、

このままだと離婚したいとか本気で思う時もでてきそうです。

男としては、これが一番いけません。

本当に仕事が出来る男は、家庭に仕事を持ち込まないものです。

「家業」といえども、仕事としてのパートナーと、

人生の、家庭のパートナーである奥様とは、

しっかりと分けて接していくことが肝要です。

もしかすると仕事と家庭の混同、わかりやすく言えば「公私混同」です。

こういう接し方が、奥様の仕事に対する意欲を削いでいるかもしれません。

さらに妻だからと、同じ仕事をしていながら、

家事だけは女性に押しつけられるような状況があると最悪です。

妻の立場としては、共稼ぎなら共稼ぎらしく家事も分担、

家事労働を求めるなら私は専業主婦の立場を要求するわよと。

そんな気持ちがくすぶってしまっているかもしれません。

なんにしても、仕事とは離れたくつろげる家庭の構築が大切。

男にとって安らぎの家庭が仕事のエネルギー源であるのと同じように、

奥様にとっても仕事のエネルギー源となる安らぎの家庭が必要なんだ、

ということにも配慮していかれるのがよろしいかなと思います。

◎質問者からの返答

とても真剣にお答えいただきありがとうございます。

「家事労働を求めるなら私は専業主婦の立場を要求するわよと。そんな気持ちがくすぶってしまっているかもしれません。」

あるかもしれません・・・。その他にもはっとするような貴重な意見ほんとありがとうございました。


3 ● sakura19749
●5ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1147616170#answer_form

ダミーです。

どうしてやる気がもてないのでしょうか。。奥さんは。。

人間やる気がでるときというのは人それぞれです。

まず奥さんが頑張って店を盛り上げていけばお金がたくさん入ってきて、、奥さんも嬉しいと思えるようにしてはどうだろうかと思いました。お金はやる気を出させます。なので時々仕事も頑張ったからレストランに(少し高級そうな)いこうとか、宝石をひとつプレゼントしてみるとかはどうでしょうか。お金の力は大きいと思うので。。頑張ったらいいことが増えたなあもっとがんばろうと思うかもしれません。

それからねぎらいの言葉でしょうか。

◎質問者からの返答

もともと一人娘で、お金に苦労してないのでどうにかなると思ってるみたいです。自覚が足りなくて困ります・・・。


4 ● IshikawaBETA
●15ポイント

難しい問題ですね。

一度、ご自身が冷静になってみて、今の自分が「何ができるか」をまとめてみてはいかがですか?

今まで3年も営業されてきたのでしたら、ご自身で計ることもできるでしょう。

そして、そこから「できないこと」(的外れな例えになるかもしれませんが・・・例えば、1時間に3人の来客があったら、何かが対応できないとか)を考えてみて、そのことを奥さんに相談してみてはいかがでしょうか?

ご主人さんがひとりでできないこと=お店としてできないことなんだよ、というふうに置き換えてみれば、奥さんの生活にもかかわることですから理解してもらえるかもしれません。

奥さんの目に映っている「今のままでもなんとなくうまくいっている」状態が、「なんで今以上頑張らないといけないの?」という発想を作り出しているのだと思います。

明確な現実を見てもらえば、頑張らないといけないと奮起してもらえるのではないでしょうか?

◎質問者からの返答

奥さんの目に映っている「今のままでもなんとなくうまくいっている」状態が、「なんで今以上頑張らないといけないの?」という発想を作り出しているのだと思います。

まさに、そのとおりだと思います。妻には自分でもっと積極的に仕事のことを考えてほしいのです。カットが無理なら接客の面でどんどん新しいサービス考えるとかです。私だけの考えだけでは正直もういきずまっています。それがわかってないのです・・・。


5 ● maru_garden
●0ポイント

今の情報だけでは、背景がはっきりとわからないので

的外れかもしれませんが、気になったので。


''家のことを優先する''ということが気に入らないように

感じるのですが・・・。もし家事を後回しにした場合、洗濯

炊事、掃除というのをされる方はおられるのでしょうか?

もし居られないというのであれば、閉店後奥さんがされるのでは

ないかと思います。そのような状況であれば、奥さんが家事を

優先するのも解らないことは無いと思うのですが。

閉店後、旦那さんも同じように家事を分担しこなしているのでしょうか? というのがひとつ。


もうひとつは、奥さんが働いてくれれば経費がかからない。という

認識のようですが、やはり奥さんにも働いた分だけのお金を

払うべきだと個人的には思うのですが。

ウチの実家も自営業なんですが、母が店にでたり配達などを

手伝った場合は、お小遣い程度のお金を貰っています。

''家族のお金''と''自分のお金''を稼ぐのは、モチベーションに

大きく影響すると思いますよ。


ちょっと欲しい物があっても、''家族のお金''だと気がひけて

しまいますが、''自分のお金''だったら気兼ねなく買えたりしますよね。


奥さんにお小遣いは渡しているとか、奥さんは美容師なのだろうか

とか、モチベーションが下がっているのか、もともと低かったのか

などなど、細かな背景がわかってないままコメントしていますので

ほんと、見当違いであれば申し訳ないです。

◎質問者からの返答

どもです^^w

こずかいあげれるときはあげてます。妻は美容師です。

家事は店でフルに働いてくれるなら手伝うよと言ったことありますし、実際わたしも手伝おうとしたら、「いい。」と言われました。私にやらせたら、お店のことをもっと頑張らなきゃいけないからだとゆうようなこといってました。


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ