人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

個人情報保護法について教えて下さい。前職でのお客様に現在の仕事の案内をするのは個人情報保護法違反なのでしょうか? リスト等を作ってDM等を発行するのは勿論違反だと思うのですが、親しくなったお客様に直接ご案内をお届けする等なら、第3者に情報を提供した事にはならないと思うのですが・・・だれかお詳しい方いらっしゃいましたらお答え下さい。

●質問者: haiho
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:お客様 リスト 個人情報保護法 提供 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● HON2
●18ポイント

個人情報保護法で何がかわるか?

http://www.kojinjyouhou.jp/0601.htm#01

Q 顧客情報(名前・住所・名前)を基に、毎年お中元・お歳暮・年賀状をお出ししていますが、それは違法となるのでしょうか?

http://www.kojinjyouhou.jp/0601.htm#08

◎質問者からの返答

回答頂きありがとうございます。拝見させて頂きます。


2 ● naoden0318
●17ポイント

前の会社での情報を今の会社に公開することはダメだと思います。しかし、親しい方に直接ならば、良いと思います。

ただし、いくら直接でも案内送付先が会社に漏れた場合はこの法律に引っかかる場合があります。

あくまでも直接的に今の仕事の説明程度にしておくべきだと思います。

◎質問者からの返答

回答、ご意見有難うございます。参考にさせて頂きます。


3 ● newradio
●17ポイント

前の会社でお客さんの情報を得た目的と、今の仕事の目的が同じなら、今の会社に公開しなければ問題ないと思います。

まったく関係ないものを案内するのはまずいと思います。

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/kojin/jigyousha/04.pdf

こちらをご覧になってみてください。

◎質問者からの返答

ご意見ありがとうございました。


4 ● takokuro
●17ポイント

個人情報】ということを、新しいルールとして覚えようとすると難しく感じますが、視点で捉えると、結構、どっちかな?ってことが分かったり、、又、昨今、小泉竹中建前政策の裏腹で矛盾が見えたりするのでは?!と思えます。。

まず、haihoさんは以前A社にいて、そこでア氏、イ氏、ウ氏という顧客情報を得た。

次、B社に転職したら、顧客情報ア、イ、ウはhaihoさんに所有権があるのなら、次のB社でも使える可能性は出てきますが、反対に、A社に帰属するものなら、haihoさんがそれらをB社で使うと【持ち出し】一種の盗難のような感じになってしまいますよね? 顧客情報をA社の社内パソとしたら、退社したら当然、パソはA社に置いてきますでしょ?

でも、もし、パソがhaihoさんの持ち物で、A社に無関係に自分で買ったものなら、当然、自分ものですから、持って退社しますし、又、A社がこれらをhaihoさんに黙って使うことは許されないはずですよね? では?A社で顧客になってくれたア、イ、ウ氏ではなく、問い合わせだけだったエ氏の情報はどうか?ということですよね?!

只、、【個人情報法?】のマヤカシは、個人情報そのものが物質、ではあり得ない事、、つまり、人と人とが実際に会ってできた【繋がり】は物質として定量化したり、数値化して足し算引き算出来得るものでない、、という真実です。。

だから!アホ臭い?建前論だけのくくりになって、実際には守られず、書類だけの問題になってることが事実上多いはずではないでしょうか?

◎質問者からの返答

ありがとうございました。個人情報保護法って判断、解釈が難しいっていうか、あいまいですよね!考えすぎると人間関係がおかしくなりますよネ。


5 ● hamster009
●17ポイント

常識的に言って、その数だと思います。10~20くらいなら大目に見られるかも

しれないけど・・・

◎質問者からの返答

ご意見ありがとうございました。難しい問題です。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ