人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【HP・ブログを作らない人】
日本のブロガーは800万人超と言われていますが、逆に言えば
「ネットリテラシーがあるにもかかわらず、
数千万人の人はまだブログを書いていない」ともいえます。

実際、私の周りでも、私以上にパソコンやネットに関する知識があるのに、
ブログやHPを開設しない人が結構います。
ついつい「勿体無いなあ」と思ってしまいます。

1.ブログを作る能力(知識的にも金銭的にも時間的にも)がたっぷりあるにも
かかわらず、作らない人というのは、何が理由で作らないのでしょうか?
2.あなたの周りに「能力があるのに作らない人」はいますか?
その人についてどう思いますか?
3.総務省はブログ人口が倍々ゲームで増えていくように想定しているようですが、
これらの人々は「どんなにブログが普及しても、ブログを作らない」と思われるので、
実際のブログ人口は総務省予測を下回ると思いますがどうでしょう?
4.その他フリートーク宜しくです。

●質問者: itarumurayama
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:Hp あなた たっぷり どうでしょう ゲーム
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 39/39件

▽最新の回答へ

[1]今後のサービス Lease

1.作らない人の理由の大半が「面倒臭い」、「続かない」だと思います。

2.実際居ます。ですがそれは本人の自由であり、主観の違いだと思ってます。

3.恐らく下回るでしょうね。

ですが、倍々とはいかないものの少しずつは増えていくのではないでしょうか?

4.今後はブログだけではなく、mixiのような日記だけではないコミュニティのようなサービスが普及していくと思います。


[2]作らない理由 brownie

1.の理由ですが、3つほど

・「面倒だから」

更新するのが面倒っていう理由は多いと思いますよ

・「書くことがみつからない」

普通に日記を書くにしても、「書くことないし」って理由でしょう

生活してて書くことはいくらでもあるんでしょうけど

それについて書くことに、意味がないと思っているからでしょう

・「人に見せるものじゃないと思っている」

書くだけでも面倒だし、書くことないのに

日記を人に見せるものなんて無いって思っている人は多いと思います


2.についてはまわりには作っていない人ばかりです

仕事の関係上、作る能力がある人は多いと思いますが

開設してる人はほとんどいませんね


[3]意味 ToMmY

人間が行動すると言うことはどんな小さいものでも常に意味を持っています。

それが無意味で、やる気がなければ、やらないわけです。

わたしも少し前まで、"HPならまだしもブログなんて誰でも書いてて詰まんないジャン。書くこともないしなー。かといってHPは鯖探しやねた探しがめんどくさいしー"とおもっていました。

進められて書き始めましたが、更新もあまりしないという状況です。結局意味はなく、執着もあんまりありません。

2.ですが「私」といっておきましょう。周りで誰が書いているかも知りませんし。

3.ぜったいむりですね。そもそもブログなんて普及する力に限界があると思います。

HPをもっているかたは書かない方もいるとおもいますし。技術がなくてかけないかた、PCがないかたもまだいらっしゃるでしょう。

役所がやんややんや言う問題じゃないと思いますし。(関係ないか)

ちなみに私はブログには反対です。

制度としてはいいですが、無駄に初心者が手を出してつぶれてほしくないという心もあるかもしれませんね。べつにやりたい人にわあわあ言うつもりもないですけど、そこで自慢したり、自分の生活について語ったり、意味のないことをされるとブログというものの意味について考えてしまいますね。それを考えて書いている方がどれほどいるでしょうか?


[4]私の理由 kensaito

1. ブログシステムを構築・カスタマイズする能力と、コンテンツ(まぁ「面白いネタ」ですな)を提供する能力は全く別物だからでしょう。

2.というわけで「私」がそうです。ブログシステムのインストールなんかはマニュアル見ながらだったら出来ますが(仕事で「やれ」と言われればできる自信はある)、コンテンツを継続的に提供できる能力は全くありません。


[5]面倒くさい taka27a

あるいは興味が無いという方は多いです。能力などという概念ととは無縁ですね。


[6]つくらない人と、今後の展望 gryphon

ブログというのは要は意見の表明ですから

「自分の意見や思索はあるが、それを他人に表明し、説得したい」という欲望==発言欲、自己顕示欲が薄い人というのは確実に存在するでしょう。

そういう人がいるのはある意味当然かもしれません。


歌だって同じで、カラオケが普及したとはいえ、「歌は好きだが人前で歌うのは恥ずかしい」という感覚は確実にあります。意見の表明も同様では。


今後ですが・・・しかし、たとえば今、サークルや会社やNPOが、公式サイトがなかったらちょっと胡散臭い気がしますよね?

そんな感じで、ある程度の地位や名前がある人や組織は、ブログを持たないと信用されないという風潮がだんだんと出てくると思います。

メールの代わりといいますか。

ただし、そういう性質はブログを飛び越えてSNSになる可能性も十分あると思います


[7]作る意味があるのか calpice

1.個人の書きたいことを何でも簡単に書けるということでブログサービスは普及したと思うんですが、

書きたいことがない人にはやっぱり必要のないサービスなわけで。

ブログサービス前は日記、記録などをつけてる人は少なかったことと思います。

逆に言えば800万という数値は驚異的な数値なのではないかと思います。

2.周りのみんなは持ってますね。

でもやはり書くことがなくなるせいか更新が止まってしまいますね。

3.下回ると思います。

というか、そろそろ頭打ちになるのではないかと思います。


[8]能力があるのに作らない人 mayumatti

ずばり、「ひけらかしタイプ」ではない人です。

ブログをつくったり、ネットでなにか発信したりする人は、どうしても、一部分でも、どこか「オタクっぽい」ところがないと、ムリです。

完全に外向きで、オタクっぽさがみじんもない、完全燃焼タイプの人は、リアルのひとつひとつに対してすべて完全燃焼なので、ブログに書くような「ひっかかり」が無いと思うのです。

そういう人は、とっても魅力的なので、例えば私のような多少オタクっぽい傍観者が彼&彼女についてブログに書く、ということになると思います。

そういう人は、自分では書きません。もっとほかにやりたいことがあって、そっちに時間が取られるからです☆


[9]作るから何?って感じで。 ppmm

ネットリテラシーがある=ブログを書く

・・・わけじゃないと思うし


[10]おっさんとかが、 kamisama

「君、いい体してるね。

何かスポーツでもしてたの?

え、何もやってなかった? もったいないなー。

・・・・・・いや、本当もったいない」

って言ったりするのと似てますかね。


[11]>5 僕もそう思います。 geso1192

そもそもブログやhpってかきたいことがある人がやるものだし、日記をかくにしても公開されるようなことを考えると躊躇もでてくるとおもいます。


[12]自分の生活 T-Mo

できるだけ私の生活は私の知らない赤の他人には知られたくないと思うのでブログをする気は全くありません。知人のブログに自分が登場してたりするのも、たとえ ”友人A” とか匿名にされていても、なんとなく気分は良くないです。


[13]ネットなんかやってる暇があったら… hkwgch

…その時間を地道に働いている人のほうが、よっぽど社会に貢献している真っ当な人間だと思いますが。


[14]時間がもったいない? cake-maker

まず、能力があるのにブログ・HPを作らない理由ですが、最も多いのが面倒くさいからだと思います。

あとは不特定多数に見られるということ。

実際に知り合いでブログで愚痴なんかを書いていた人がいましたが、その記事が所属する団体の掲示板に貼り付けられてたたかれてブログをやめた人がいました。

日記を書いたり同じ趣味の人間で集まるためにはmixiなどのSNSで十分だと思います。

私も一時期ブログをやっていましたがmixiに切り替えました。

ブログをやらない人は周りにけっこういますが、それはそれで良いと思います。

これからはブログを始める人が増えるとは思いますが、ある程度まで増えてから徐々に減っていくと思います。

始めは面白いですがだんだん面倒くさくなったり煩わしくなったりするので。


[15]つまらなそうだからです sarumonkey

人のを読んでも、あまり面白いものはないし、

自分としても、他人にそんなに知らせたい事、わかってもらいたい事がないからです。

知らせたい事は、自分で相手を選んで伝えたいと思います。

不特定多数の他人には、そんなに興味がないし、そういう人から

返事や、感想をもらっても困るからです。

私にとっては、ネットは情報を取りにいく場所。という要素が強く、発表の場ではないのかもしれません。

たとえば、ここで回答しているのも、「質問者」に答えたいからであって、皆に聞いてほしいからではありません。


[16]日記が面倒くさいと思っている人がいるかも。 nano327

それだけでなく、自分の内面を文章に表すことに抵抗があったり、人に読まれるのを好まない場合もあるかもしれません。

私もいくつかブログを持っていますが、リアル友人で教えているのは1人だけです。


もしくは、「ブロガー」という物自体に抵抗があるかもしれません。

一部のブロガーですが、時と場合を選ばずに色々なところでおおはしゃぎしながら携帯で画像撮影してて、それを快く思わないと、自分はそんなこと自体したくないと思って遠ざけているかも。


[17]暇がない kitata1

暇がない人が多いと思うから下回ると思います


[18]たぶん kitata1

たぶん、作っている人はひとりぼっちだからだと思う


[19]たぶん kitata1

たぶん、作っている人はひとりぼっちだからだと思う


[20]HP・ブログで「しか」満たされないメリットってある? forestz

私自身もblogを作っていて、その楽しさを知っているつもりですが、そういった「楽しさ」などはblog以外でも満たすことが可能だからではないでしょうか。

知らない人たちと交流するために、blogは必須でしょうか?

仮に、必須であったとしても、そこから得られる「何か」は知らない人でなければならないのでしょうか?友人との交流を犠牲にしてまで必要?


変な例になりますが、納豆嫌いの人に「体に良くて、美味しいから食べなよ!」と言ってもおそらく食べないでしょう。少なくとも私は食べません。そこに偏見があろうとも、他に「体に良くて、美味しい」食べ物は沢山ありますから・・・。


[21]発信したい情報がない mo_ko_mo_ko

HPもブログもやっていましたが、今はやめました。

どちらも、発信内容的に、時間を割いてまで他の人に公開する必要がないものになってきたからです。

どちらもコミュニケーションの「ツール」でしかないのだから、「あるんだから使わないともったいない」というのは本末転倒、踊らされているだけのように思うのです。

HPやブログを使って情報発信する必要がある、発信したい、と思うときには、また開設すると思います。


[22]いまさら恥ずかしい TRAUMA

1.私は、作ろうと思えば作れますし、ネタもないではないですけれども、ここまでブログブログといわれると、もはや「恥ずかしい行為」のように感じてしまいます。「ブログとかで知り合ってー」「MIXIで知り合いに」とか、ナウなヤングの間でフィーバーしてるー、みたいなこと恥ずかしくて言えません。

2.私の周りにいる人が作ったって話はききません。恥ずかしいのだと思います。

3.みんな、そのうちはっと我に返って、ブロガーは減り、過去を封印すると思います。

4.ネットで調べ物をしているときに、ブログにヒットすることが多くなり、以前にましてクズ情報が激増してしまう。信憑性のない情報は楽しいけれど、邪魔になることも多いのでなんとかしたいものです。


[23]どうせ作っても、、、 zeami

ブログは、作成したことないが、HPなら以前作成した経験が

あるという人は結構いるんじゃないでしょうか?

まあー、、、

自分の場合もそうですが、作成しても、、、

やっぱり、並大抵以上の努力がないと、アクセスなど

増えるものでは、ないと思います。

やっぱり、それなりの反響がないと

継続するのに、面白みがないのではないですかねえ?。


[24]表現することのリスク yuuboku

ブログというものは、個人に関する情報をほぼ無制限に世界に対して発表するものですから、それ相当のリスクがつきまとうことになります。

記述の内容から判断して、おおよその住所や勤務先などを推測することもできる場合がありますし、場合によっては事件に巻き込まれることもあります。

あるいは、ちょっとした記述によって人々の反感を買い、自分が攻撃にさらされることもあります(いわゆる「炎上」ですね)

↓炎上の例

http://tokyo.cool.ne.jp/kinmoo/

http://taraco.plasticdreams.org/pukiwiki/

ブログの運営は、このような危険と隣り合わせなのであって、その対策には思いのほかに手間と労力がかかります。これはスキルがあってもブログを始めようとしない理由としては十分だと思います。


[25]プライベートを知られたくないのでは? rosepourri

1.実名で作るわけではないですが、他人に心の中をのぞかれたくないと思っている人がいるのかも。

2.能力があっても作らない人は、私の周りにはいないかも。

3.下回るかな。

4.高齢化社会なので、40代以上の人たちの人口が多いでしょ。その人たちってパソコン苦手だからブログなんて簡単という私たちとは違ってすっごく難しいように捕らえていると思います。ブログ=日記でしょ。ネットがはやったからブログが普及してるけど、実際、ブログができるまでに今のブログ人口で日記をつけていた人ってどれくらいいるのでしょうね。1/3ほどじゃないのかな?いずれ、ブログもあきられると思うし。


[26]作るメリットは? yumi1219

スキルとは全く関係ないと思う。逆に作るメリットが見つからない。人に見せる為の日記? 共感して欲しいのかなあーーー。話し合う友人がいない人が作るのかなーーー。みんな孤独なのかなーーー。自己顕示欲?


[27]>11 強制に見えるのは気のせいかな? next615

HPを作るより違うことをやっていた方が楽しいし、

更新等が面倒だし、

HPを作ってもあまり良かったところはなかったです。

(一度作ったけど閉鎖させた)

ブログも同じだと思います。


[28]>27 +飽きてしまう。 ma-030

面倒くさくなる原因は、定期的に、かつ継続的に更新をしていかなくてはならないこと。


私もHP、ブログ、一時、やっていましたが、ずっと時間が取れるわけでもなく、気持ちの問題もあると思います。


[29]何のために mi_ke_c4

何のためにブログを作るのか?

その目的が見つからない限り作る意味がないと思います。

「ブログを作る能力があるからブログを作る」では作る理由にならないと思うのですが。。。

作らない人たちは「作る目的」が見つからないのだと思います。

違う?


[30]作らない理由 vervena

1 プライベートの垂れ流しなので、周囲の人にばれると嫌だから。

2 毎日書かないとという脅迫観念に狩られるので嫌だから。

3 書くネタを探すのが面倒。またはネタがない生活だから。

4 周囲の人のブログが面白くないので、面白さが理解できないから。

5 みんながしてるとしたくなくなる天邪鬼だから。

・・・・・・・みんな自分に当てはまる気がしてきました。


[31]人口は増えるが…… syujisumeragi

以前どこかで、小中学生にネットリテラシーの教育をする、ブログも推奨する、ってなことを政府が考えてるみたいな記事を読んだ記憶があります。そうなればブログ人口は急激に増えるかなと。

ただ、小中学生のころ夏休みに日記を書くという課題がでましたけど、あれに近いものになりそうな気がします。皆やる気なし。


[32]>29 賛成 okunio

賛成です。

作らない理由を考えるのではなく、作る理由を考えるのが筋だと思います。

作る理由がなければ作りません。

だれがもストリートライブをやるわけではありません。

だれもが街頭で自己主張するわけではありません。

だれもが日記を書くわけではありません。


[33]秘密主義者 freedadventuer

1.自分の事をごく身近な人にしか知られたくないのではないかと 思います。

2.その人にとってプラスになる事がないから!?

3.このまま行けば下回るでしょう。だけど、もっとネットの文化 を理解する人が何かのきっかけで増加すれば・・・倍増するの では?

4.簡単にブログが作れるようになってきているみたいですね。。

ただ、作ってあげるといわれても、なにもアピールしたい事が ないので、要りませんでした。若い女の子なんかは、作りたい けどわからないって言っていました。そうした子が簡単に作れ るようになればいいですね。


[34]日記なんてつけるだけ労力の無駄 BROWN6

仕事で疲れているサラリーマンはいちいち日記なんてつける気力がない

アフィリエイトなど収入につながる事もあるが

微金なのでやる気がおきない


[35]毎日同じ日常なので書く必要も無い BROWN6

書く事が特にない


[36]>33 日本人 BROWN6

日本人は自分をみてみてとゆうより

自分の日常の日記なんて誰もみて楽しくないとネガティブだから


[37]>31 小中学生にはブログは流行らないと思う BROWN6

どうせ3日坊主


[38]>29 目的は大事 BROWN6

ほとんどの人はそこでやる気が起きないんですかね?


[39]>30 脅迫観念 BROWN6

脅迫観念があると疲れますからね

ストレス社会だから

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ