人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

DebianSarge(カーネル2.6)を”Debian徹底入門”と言う書籍に基づいてインストールしてみました。
日本語入力canna+kinput2を導入するとありますが
/.Xsessionを設定方法について省略されており
どうしたらこの設定が出来るのか?わかりません。
コマンドなど詳しく教えてください

またalsa-source alsa-bese alsa-utils
を入れてalsaconfとalsamixerを起動させましたが音が出ません。
こちらも併せて教えてください

●質問者: yosimasa
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:ALSA canna debian kinput2 インストール
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 15/15件

▽最新の回答へ

1 ● jiangmin
●14ポイント

alsa-sourceはカーネルと併せてコンパイルしないといけません。kernel-packageはインストールしてありますか? 面倒ならalsa-modulesをインストールしましょう。

.xsessionには、

export XMODIFIERS="@im=kinput2"

kinput2 -canna &

と書きます。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます

kernel-packageは入れました

GNOMEの効果音の設定のいも虫が・・・等は音がなるのですが、それ以外の場所で音がなりません(CDなども)

.xsessionのことですが、コマンドラインで何を入力すれば設定の変更ができるのかがわからないのです。

詳しい方法を教えていただけませんでしょうか?


2 ● jiangmin
●14ポイント

.xsessionの編集ですが、テキストエディタは何があるかということですか? 初めから入っていて最も操作が簡単なのはnanoです。Geditも簡単です。こちらはGNOMEのメニューから呼出せます。

# nano ~/.xsession

設定を変更したらログインし直すかまたは再起動してください。

カーネルはkernel-source-2.6.8をインストールしてコンパイルされたのですか? それとも初めから入っているそのままですか?

忘れてましたが、kernel 2.6はもともとalsaが含まれてましたね。/proc/asound以下の内容はどうなっていますか。また、esoundの設定はどうなってますか。

# ls -lR /proc/asound/

# ps aux |grep esd

# ls -l /dev/dsp*

# cat /etc/esound/esd.conf

/etc/esound/esd.confを編集して、

auto_spawn=1

にしてみてください。

もっと詳しく設定や状況を書き添えてくださると問題を特定できるかもしれません。

◎質問者からの返答

# nano ~/.xsessionと言うのは

nano /etc/X11/.Xsession と言う事でしょうか?

ここがよくわからないのですが、

上記コマンドを打つと白紙になっています。

nano /etc/X11/Xsession

を打つと設定が出てくるので、

ここの一番上にある

#!/bin/sh の下に書いてみました

export XMODIFIERS="@im=kinput2"

kinput2 -canna &

しかし動作しませんでした。

私が根本的に勘違いをしているのかもしれません

カーネルはインストールのオプションで

linux26と入れただけでそのままです。

# ls -lR /proc/asound/の結果

/proc/asound/:

合計 2

lrwxrwxrwx 1 root root 5 2006-05-15 19:27 CMI8738MC6 -> card1

lrwxrwxrwx 1 root root 5 2006-05-15 19:27 ICH5 -> card0

dr-xr-xr-x 9 root root 0 2006-05-15 19:27 card0

dr-xr-xr-x 7 root root 0 2006-05-15 19:27 card1

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 cards

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 devices

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 hwdep

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 modules

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 oss

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 pcm

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 seq

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 timers

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 version

/proc/asound/card0:

合計 0

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 codec97#0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 id

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 intel8x0

-rw-r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 oss_mixer

dr-xr-xr-x 3 root root 0 2006-05-15 19:27 pcm0c

dr-xr-xr-x 3 root root 0 2006-05-15 19:27 pcm0p

dr-xr-xr-x 3 root root 0 2006-05-15 19:27 pcm1c

dr-xr-xr-x 3 root root 0 2006-05-15 19:27 pcm2c

dr-xr-xr-x 3 root root 0 2006-05-15 19:27 pcm3c

dr-xr-xr-x 3 root root 0 2006-05-15 19:27 pcm4p

/proc/asound/card0/codec97#0:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 ac97#0-0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 ac97#0-0+regs

/proc/asound/card0/pcm0c:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-rw-r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 oss

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 sub0

/proc/asound/card0/pcm0c/sub0:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 hw_params

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 prealloc

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 status

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 sw_params

/proc/asound/card0/pcm0p:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-rw-r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 oss

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 sub0

/proc/asound/card0/pcm0p/sub0:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 hw_params

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 prealloc

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 status

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 sw_params

/proc/asound/card0/pcm1c:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-rw-r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 oss

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 sub0

/proc/asound/card0/pcm1c/sub0:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 hw_params

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 prealloc

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 status

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 sw_params

/proc/asound/card0/pcm2c:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 sub0

/proc/asound/card0/pcm2c/sub0:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 hw_params

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 prealloc

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 status

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 sw_params

/proc/asound/card0/pcm3c:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 sub0

/proc/asound/card0/pcm3c/sub0:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 hw_params

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 prealloc

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 status

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 sw_params

/proc/asound/card0/pcm4p:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 sub0

/proc/asound/card0/pcm4p/sub0:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 hw_params

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 prealloc

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 status

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 sw_params

/proc/asound/card1:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 cmipci

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 id

-rw-r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 oss_mixer

dr-xr-xr-x 3 root root 0 2006-05-15 19:27 pcm0c

dr-xr-xr-x 3 root root 0 2006-05-15 19:27 pcm0p

dr-xr-xr-x 3 root root 0 2006-05-15 19:27 pcm1p

dr-xr-xr-x 3 root root 0 2006-05-15 19:27 pcm2c

dr-xr-xr-x 3 root root 0 2006-05-15 19:27 pcm2p

/proc/asound/card1/pcm0c:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-rw-r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 oss

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 sub0

/proc/asound/card1/pcm0c/sub0:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 hw_params

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 prealloc

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 status

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 sw_params

/proc/asound/card1/pcm0p:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-rw-r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 oss

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 sub0

/proc/asound/card1/pcm0p/sub0:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 hw_params

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 prealloc

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 status

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 sw_params

/proc/asound/card1/pcm1p:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-rw-r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 oss

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 sub0

/proc/asound/card1/pcm1p/sub0:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 hw_params

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 prealloc

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 status

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 sw_params

/proc/asound/card1/pcm2c:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 sub0

/proc/asound/card1/pcm2c/sub0:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 hw_params

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 prealloc

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 status

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 sw_params

/proc/asound/card1/pcm2p:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

dr-xr-xr-x 2 root root 0 2006-05-15 19:27 sub0

/proc/asound/card1/pcm2p/sub0:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 hw_params

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 info

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 prealloc

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 status

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 sw_params

/proc/asound/oss:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 devices

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 sndstat

/proc/asound/seq:

合計 0

-r--r--r-- 1 root root 0 2006-05-15 19:27 drivers

# ps aux |grep esd の結果

root 3488 0.0 0.0 2144 856 ? Ss 19:19 0:00 /usr/bin/esd -terminate -nobeeps -as 5 -spawnfd 17

root 3630 0.0 0.0 2512 552 pts/0 R+ 19:28 0:00 grep esd

#ls -l /dev/dsp*の結果

crw-rw---- 1 root audio 14, 3 2006-05-15 19:14 /dev/dsp

crw-rw---- 1 root audio 14, 19 2006-05-15 19:14 /dev/dsp1

# cat /etc/esound/esd.confの結果

auto_spawn=0

spawn_options=-terminate -nobeeps -as 5

spawn_wait_ms=100

# default options are used in spawned and non-spawned mode

default_options=

auto_spawn=0を1に書き換えましたがダメでした


3 ● mitz
●50ポイント

http://debian.fam.cx/index.php?Japanese#content_1_3

一般ユーザで

$ set-language-env

と入力すれば後は質問に答えるだけで.xsessionなど各設定ファイルを作ってくれます。

パッケージはlanguage-envなのでコマンド見当たらない場合はrootで

$ apt-get install language-env

してください。

個人的にはcanna+kinput2よりMS-IMEライクなanthy+uimがオススメです。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます

canna+kinput2はインストールでき

表示が出来ましたが、anthy+uimに変更することができなくなってしまいました。

set-language-envで4を選択して、

必要な物をapt-getで取得したのですが、

どうしてもcanna+kinput2の設定のままになってしまいます。


4 ● jiangmin
●500ポイント ベストアンサー

まず基本的なことを説明します。

「~」はホームディレクトリの短縮表記です。設定ファイルは、/etc以下にあるのがシステム全体の設定(ファイル名の先頭に「.」は付かない)、ホームディレクトリにある「.」で始まる名前のものがユーザごとの設定です。そして、設定の適用順序は、

プログラム内のデフォルト設定→システム全体の設定→ユーザごとの設定→プログラム起動時のコマンド行引数

の順です。よって、/etc/X11/Xsessionはいじる必要はありません。

~/.xsessionが存在する場合、/etc/X11/Xsessionはその最後で~/.xsessionを呼出します。~/.xsessionでは、最後でgnome-sessionを呼出すようにします。~/.xsessionのサンプルを書いておきます。

### .xsession: executed by Xsession for xdm login.
######################################################################
#
# Environment
#
## include profile if it exists
if [ -f /etc/profile ]; then
 source /etc/profile
fi
## set the same environment as console login
if [ -f $HOME/.profile ]; then
 source $HOME/.profile
elif [ -f $HOME/.bash_profile ]; then
 source $HOME/.bash_profile
fi
######################################################################
#
# X Input Method
#
xim=canna
case $xim in
 atokx)
 export XMODIFIERS="@im=htt"
 export XIM=htt
 export HTT_DISABLE_STATUS_WINDOW=t
 export HTT_GENERATES_KANAKEY=t
 export HTT_USES_LINUX_XKEYSYM=t
 if [ -n `pidof /usr/lib/locale/ja/atokserver/atokmngdaemon` ]; then
/usr/lib/im/httx -if atok12 -lc_basiclocale ja_JP.eucJP -xim htt_xbe &
 fi
 ;;
 vje)
 export XMODIFIERS="@im=vje"
 vje &
 ;;
 uim)
 export XMODIFIERS="@im=uim-anthy"
 esport GTK_IM_MODULE=uim-anthy
 uim-xim &
 ;;
 canna)
 export XMODIFIERS="@im=kinput2"
 kinput2 -canna &
 ;;
 *)
 export XMODIFIERS="@im=none"
 ;;
esac
# Needed to make ATOK-X work with OpenOffice:
export USE_XOPENIM=yes
### Then, go ahead. ###
exec gnome-session

esdがlasaとossのどちらのインターフェースを利用しているのかも気になるので、

$ dpkg -l dpkg -l esound* libesd*

$ lsof -p `pidof esd`

を実行してみてください。lsofが無い場合は、

# apt-get install lsof

でインストールしてください。

あと、音が出るか試されたアプリの名前なども。xmmsはどうですか。出力インタフェースの種類が択べるので、いろいろ試すのに好都合です。

◎質問者からの返答

素人の私にご丁寧なご回答ありがとうございます

Statx⇒Xwindowが立ち上がる前に読み込ませる(起動させておきたい物等)と言うことですか?

/home/ユーザ名/.xsession を書き換えれば良いと言う事ですね。

rootの場合もこれが適応される?と考えてよろしいでしょうか??

ちなみに/home/ユーザ名/に/.xsessionが無い場合は自分で作成するのでしょうか?

ALSAの件

インストール後の手順を全て書きます。

まず自分のPCにはオンボードである

intel8x0(82801EB/ER(ICH5/ICH5)と

PCIスロットにcmipci C-Mefia CM8738が

ささっています。

sargeをインストール(linux26オプションをつけて)したあと通常作業し、GNOMEを入れましたが音がならないので、apt-getから

[alsa-source alsa-base alsa-utils]をインストールしました。

それからalsaconfではオンボードであるintel8X0を選択しました。

alsamixerでどれを設定していいのかわからず、

音量がUPできる物は全てUPしました。

その後、再起動してから

CDプレーヤで音が出ないこと、

アプリケーション⇒デスクトップの設定⇒サウンドからイベントの効果音では「イモ虫が?」等は再生できました。

しかし、「イベントに対して効果音を鳴らす」

「聞き取れる効果音を鳴らす」「聴覚的なフィードバックを有効にする」などにレ点を入れて、

ウインドウなどを閉じましたが効果音はしません。

xmmsはインストールしてみました。

CDを読み込ませて再生してみましたが、

音がやはり鳴りませんでした。

長くなりますがコマンドの結果です

$ dpkg -l dpkg -l esound* libesd*

要望=(U)不明/(I)インストール/(R)削除/(P)完全削除/(H)維持

| 状態=(N)無/(I)インストール済/(C)設定/(U)展開/(F)設定失敗/(H)半インストール

|/ エラー=(空欄)無/(H)維持/(R)要再インストール/X=両方(状態,エラーの大文字=異常)

||/ 名前 バージョン 説明

+++-==============-==============-============================================

ii dpkg 1.10.28 Package maintenance system for Debian

-l に一致するパッケージが見つかりません。

ii esound 0.2.35-2 Enlightened Sound Daemon - Support binaries

un esound-alsa <なし> (説明(description)がありません)

un esound-clients <なし> (説明(description)がありません)

ii esound-common 0.2.35-2 Enlightened Sound Daemon - Common files

un libesd-alsa0 <なし> (説明(description)がありません)

ii libesd0 0.2.35-2 Enlightened Sound Daemon - Shared libraries

un libesd0-dev <なし> (説明(description)がありません)

$ lsof -p `pidof esd`

COMMAND PID USER FD TYPE DEVICE SIZE NODE NAME

esd 10802 root cwd DIR 3,1 4096 391682 /home/rei

esd 10802 root rtd DIR 3,1 4096 2 /

esd 10802 root txt REG 3,1 43032 1856559 /usr/bin/esd

esd 10802 root mem REG 3,1 90248 1321937 /lib/ld-2.3.2.so

esd 10802 root mem REG 3,1 28880 1322048 /lib/libwrap.so.0.7.6

esd 10802 root mem REG 3,1 32472 1854772 /usr/lib/libesd.so.0.2.35

esd 10802 root mem REG 3,1 142408 1854770 /usr/lib/libaudiofile.so.0.0.2

esd 10802 root mem REG 3,1 134496 1321969 /lib/tls/libm-2.3.2.soesd 10802 root mem REG 3,1 1254468 1321966 /lib/tls/libc-2.3.2.soesd 10802 root mem REG 3,1 73304 1321971 /lib/tls/libnsl-2.3.2.so

esd 10802 root 0u CHR 136,0 2 /dev/pts/0

esd 10802 root 1w REG 3,1 57244 2235849 /root/.xsession-errorsesd 10802 root 2w REG 3,1 57244 2235849 /root/.xsession-errorsesd 10802 root 3u CHR 4,0 1895 /dev/tty0

esd 10802 root 4u CHR 29,0 5712 /dev/fb0

esd 10802 root 5u unix 0xebadae00 42013 socket

esd 10802 root 6r FIFO 0,7 41972 pipe

esd 10802 root 7w FIFO 0,7 41972 pipe

esd 10802 root 8r FIFO 0,7 41973 pipe

esd 10802 root 9w FIFO 0,7 41973 pipe

esd 10802 root 10r FIFO 0,7 41974 pipe

esd 10802 root 11w FIFO 0,7 41974 pipe

esd 10802 root 12u unix 0xe5511200 42014 /tmp/.esd/socket

esd 10802 root 13u unix 0xebd0de00 42651 /tmp/.esd/socket

esd 10802 root 14u unix 0xe5511080 42017 /tmp/.esd/socket

esd 10802 root 15r FIFO 0,7 41995 pipe

esd 10802 root 16w FIFO 0,7 41995 pipe

esd 10802 root 17u unix 0xebada980 41996 /tmp/.ICE-unix/10766

esd 10802 root 18u unix 0xe9bb7380 42095 /tmp/.esd/socket

esd 10802 root 19u unix 0xef756b00 42246 /tmp/.esd/socket

esd 10802 root 20u unix 0xe8aadc80 42275 /tmp/.esd/socket

esd 10802 root 21u unix 0xeddcbe00 42307 /tmp/.esd/socket

esd 10802 root 22u unix 0xe60df080 42336 /tmp/.esd/socket

esd 10802 root 23u unix 0xe84d4500 42366 /tmp/.esd/socket

esd 10802 root 24u unix 0xe5327b00 42462 /tmp/.esd/socket

esd 10802 root 25u unix 0xe40b4800 42711 /tmp/.esd/socket

esd 10802 root 26u unix 0xe40b4200 43868 /tmp/.esd/socket


5 ● jiangmin
●14ポイント

すいません、タイプミスしました。

esdがlasaとossのどちらのインターフェースを利用しているのかも気になるので、

esdがalsaとossのどちらのインターフェースを利用しているのかも気になるので、

$ dpkg -l dpkg -l esound* libesd*

$ dpkg -l esound* libesd*

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

正しい物で試してみましたが、どちらも結果は同じようです。


1-5件表示/15件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ