人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【乳幼児向け絵本の動物はなぜクマ?】

素朴な疑問。
乳幼児向けの絵本には「クマ」とか
「カバ」「きりん」「たぬき」とかが
良く出てきます。

しかし、実生活で「クマ」に会うことは、まずないです。
というか、会いたくない。

「ひよこ」や「にわとり」もよく出てきますが、これも実生活では会わない。
(トリ肉としてお目にかかりますが)

逆に都内で散歩すると「ハト」「カラス」には厭というほど
お目にかかりますが、ハトとか絵本には殆ど登場しない。

動物園でしか会えないような動物ばかり絵本に登場させられるのは、
親としては、言葉を教えづらいのです。
散歩の途中で出会える動物を優先して登場させて欲しいと思いますが、
フリートーク宜しくです。

●質問者: itarumurayama
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:「クマ」 たぬき カバ カラス ハト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 39/39件

▽最新の回答へ

[1]『からすのパン屋さん』最高 mayumatti

鳩の本はわからないけれど、かこさとしの『からすのパン屋さん』という絵本はとても良いですよ☆

とちゅうに出てくる色々な形をしたパンのページは、どの子にも大人気です!


[2]神話に出てくるから? tamo2_xvi

http://nicesealife.com/ohkuma.html

古代から熊は割と身近でその強さ大きさを恐れる反面

崇拝している事から起因してるのではないでしょうか?

キャラ作りが現代に基づいた物では無いことも事実ですが

普段見たことのない動物に興味を持つことは、お子さんの

向上心の成長に非常に役立つと思います。

お子さんと一緒に遊びながら勉強されては如何でしょうか?

図書館などで図鑑を眺めるだけでも、良いと思います。


[3]月齢とかにもよるかもしれませんが paffpaff

「言葉を教えづらい」ということなので幼稚園より前のお子さんが対象かなと思いましたが

絵本は親が選択して与えるものだと思うので

そういう方針であれば「身近な生き物しかでてこない絵本」を読んであげればいいのかな?と思います


図鑑絵本系や科学絵本系ならば

身近なものから入るのが多いので

そういうのを選ぶという手もありますね


散歩の途中で出会うというと犬や猫が多いですけど

昔からの身近な生き物だけあってたくさん絵本ありますよね?


カラスで思い浮かんだのはこれ

パンツぱんくろう (1)

ノンタンは猫だけど他の登場人物がクマ、タヌキ、ブタ、ウサギだからダメなのかなぁ?

ノンタンぶらんこのせて


[4]ハトやカラスだとダメ? kitata1

ハトやカラスだと可愛いキャラじゃなくなってしまうからだと思います。


[5]身近な動物 goldwell

散歩していて出会う確率高い動物というと、カラス・ハト等の鳥類とかペットを除けば、犬・猫ぐらいですね。他にありましたっけ?

よほどの田舎に行かない限り、日常的に出会える動物の種類は少ないです。


で、うちの子なんかはまだ2歳ということもあって、猫は「にゃーにゃー」、犬は「わんわん」ですね。→教育テレビの幼児向け番組に「ワンワン」というキャラクターいるのもあるせい?

キリンとかコアラなんかはテレビで見る他は動物園でしか会えないのにちゃんと名前を覚えてます。

きっとその容姿が珍しいのもあるかもしれませんね。


何だか子どもって動物好きだから、別に日常的に会える動物でなくてもこだわらないですけど。


[6]可愛さ重視 aiaina

カラス、ハトでは可愛さが無いですよね

カバや、クマのほうが愛着があります


[7]自立ってのは関係ないですかね chakkirin

身近な動物とは例えばなんでしょう?

例に挙げられているのはカラスや鳩ですね。

他にもハムスターや猫、犬は身近でしょうか。

ハムスターを例にあげると「とっとこハム太郎」ですが、

基本的には人間は飼い主と言う前提で、

ハムスター同士のコミュニティーが出来上がっています。

しかし、コミュニティーと言っても大きさが小さいため

ハムスター以外の動物は少なめです。

大きな動物を描けばその他の動物も描くことが出来ます。

また、大きな動物を描くと人間を描く必要がなかったり、

人間と対等な関係を作れることから、

自由度が増すのではないでしょうか?


[8]クマは… sexyboy

クマってテディベアとか人形にしやすくて、絵本にも描きやすいからよく出てくるんじゃないでしょうか?。


[9]ハト・カラスは益鳥とはいえない NAPORIN

お住まいの場所によっては自宅でフン害とかあるんですよね。

動物園で隔離されているほうが、

身近な親が「んもう!またゴミをやられたわ」などという対象よりも

ファンタジーにしやすいからでしょう。

子供はファンタジーの世界に生きていて、

動物好きだったり乗り物好きなどの傾向がどうしてもあるので、

やはりその夢は壊してはいけないものですよね。

大人からみるとばかばかしいですが。

○や■や靴といった無生物でさえ

キャラクターとして主人公になりえるお年頃ですが、

やっぱり顔(目ですね。乗り物だとライト)、

それもとがった顔より丸い顔があった

ほうが、おぼえがいいみたい。

とはいえ、ここまで現実離れした

絵柄(同じ動物なのに本により形が違う)や

キャラクター(ライオン・狼が肉を食べないで野菜を食べる)などが

まかりとおってしまうと、私も複雑でしたが、

子供は子供なりに「色」「おおまかな形」など観念から

現実との共通点を抽出してわかってくれるみたいです。

というか、小学校の英語でも最初に動物の名前から教えるって知って、

どんだけ動物好きなんだろうかと思います<子供

現実生活でそれ自体は全く役にはたたないと思うけど、

英語でもなんでもとっかかりになりやすいということでしょうね。・・


[10]田舎であれば、、、 zeami

クマと遭遇する話をよく聞きますよ。


[11]丸い(イメージ)だから malonie

子供は見た目が"丸い感じ"に惹かれる(?)とすれば

絵本に熊を描いたときには

毛を描いたり鋭い眼つきではなく

丸みをおびた可愛らしい絵になると思います。

実社会で出会わない動物ばかりが登場しても

読み手の説明1つで子供はいろんな想像をすると思います。

いろんな角度から1つの動物を説明してみるのは

面白いことだと感じますけどね。


[12]>2 クマについては itarumurayama

ヨーロッパではよいイメージで描かれるのに対して、

日本ではあまり良く描かれないそうです。

そもそもヨーロッパでは野生のクマは少ないらしいです。

逆にオオカミはヨーロッパでは悪役ですが、日本では「山犬」として

むしろ信仰の対象になっていた。


[13]言葉は教え込むより知りたいという好奇心を刺激する方がよいのでは portia

絵本に知らない動物がでてきたとして、それを子どもが見た事がなくても、絵がかわいいと「見てみたいな」と思えば、子どもの好奇心を刺激することになると思います。教え込むよりも、子ども自身が「これ何ていうの?」と自発的に覚えられるようになったほうが理想的だと思います。そのためには、対象がかわいいものや美しいものの方がよいと思います。


[14]たとえ話?? mamakazu

確かに、なぜでしょう・・・。

子どもは確かに「たとえ話」にすると良く理解できるようですよね。なので、人間社会の「例え」として解りやすくするために、動物が登場するのではないでしょうか?

では、なぜその「例え」が動物なのか?不思議ですね。

子どもにとって自分よりも「弱い」と思えるもの、が登場するのでしょうか?「弱い」イコール「かわいい」とか「守らなくちゃ」なんてイメージを与えることがストーリーの関心を引くのかな?とも思います。

確かに「熊」は怖いも生き物です。しかし、小さいながらに「くまのプーさん」を怖いと思ったことはありません。きっと、イメージの問題なのでしょう。幼い子どもは、結構フィーリングで生きているようなところがあると思います。理屈で行動したり、理屈的なことを知っていくのは後からでも良いのかなとも思います。

難しい問題です・・・。


[15]デフォルメしやすい mintt

その動物のイメージが、割とはっきりしていて、デフォルメすると、かわいくしやすいからではないでしょうか。


[16]>14 プーさんやテディベアの影響 itarumurayama

これは大きいですね。

うちのはプーさんを見ると「プーさん」と言うが、果たして

それがクマの一種であることを認識しているかどうか不明。


[17]>15 ハトやカラスも itarumurayama

デフォルメしてキャラクター化すれば

可愛く仕上がると思いますが。

そういう絵本作家はいないのか。

あと、意外と見かける動物として「昆虫」があり、

ちょうちょとかは散歩していても簡単に見つかる。

しかし「ちょうちょ」をデフォルメしたキャラクターはないなあ。


[18]>3 「ぱんくろう」にカラス出てきていましたっけ? itarumurayama

ありがとうございます。

「ぱんくろう」にカラス出てきていましたっけ?

実は幼児の世界観に最も影響を与えるのはNHK教育放送じゃないか、という

気がしてきた。


[19]>4 白黒なのがだめなのか itarumurayama

ハトもカラスも色が白灰黒なのが×ですね。

でも、パンダは白黒なのに人気あるなあ


[20]>5 疑問 itarumurayama

例えばキリンとかの場合、絵本によってデフォルメの仕方が違うわけです。

A絵本に描いてあるキリンと、B絵本に描いてあるキリン、これが同一種であることを

何で子供は判断しているんでしょうね?

既に本物のキリンを見ていれば、「この絵本はキリンをデフォルメしているんだ」と

認識しやすいのでしょうが、見ていなければどうなるのか。


[21]>9 糞害に悩まされている人が itarumurayama

ハトがキャラの絵本に文句付けてくるのかな?

アライグマとか、害獣なのに、「ラスカル」の影響で益獣と

勘違いされている、という問題を思い出しました。


[22]学習用!? a-ryan

普段は見られない動物だから、お子さんも「この動物はなんて名前なんだろう?」とか興味を持つとふんで登場させているのではないでしょうか!?

動物にたいして幅広い知識をお子さんに得てほしいと思っているのでは?


[23]擬人化しやすい mo_ko_mo_ko

子供には、「これはフィクションなんだよ」ということをそれとなく伝えるために、生々しさを排除する意味で、動物を主人公にしたりして、擬人化しているんだと思います。

「どういう動物であるか」という中身より、イラストにしたとき幼児が見て親しみを覚えられる愛らしさを備えているか、という点で選んでるのではないでしょうかね。子供はやわらかくて丸っこいものに親近感と愛着をおぼえるものですから。

ハトなんかだと、人間生活の脇役として溶け込んじゃっているんで、なかなか主人公にしづらいのかも。擬人化しずらいフォルムだし。

でも、ネコが主人公になった本って、結構あるんですよね。孤高なカンジのする動物は、擬人化しやすいのかも。


[24]>20 子供の判断 goldwell

どうなっているのかは難しいですね。

まだキリンならば、黄色と茶(黒?)っぽい水玉模様が特徴ですから、形が多少デフォルメされていてもわかるような気がします。


でも、鹿と馬のように似ていると絵であろうが写真であろうが、区別が難しいようです。あと魚類も。動物の絵が書かれたカードがあって、いくら教えても鯉も鯛も金魚もみんな「コイー」って呼んでいたり(笑)


あと、絵本やTVを一緒に見てて、「キリンさんだね」って親が言っているのを聞いて真似したりします。

やはり親と一緒に見て言ってみるとすぐに覚える場合と、何回か見ても印象に残らず覚えにくい動物と、ケースバイケースがあるのでしょうね。


[25]>18 「ぱんくろう」のモデル goldwell

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84%E3%81%B...

こちらによるとカラスがモデルになっているようですよ。

コミンゴがフラミンゴだったとは意外。

実は幼児の世界観に最も影響を与えるのはNHK教育放送じゃないか、

それは大いにありえそうです。まだ民放のアニメに関心を示す年齢でもないし。

まぁ教育テレビの中には大人も楽しめる番組もあることはありますが。


[26]「お座り」のできる動物 Nanjai

大学で環境学の教授が言っていたのですが、「おすわりのできる動物には人間昔から親しみをもってきた」そうです。四つ足で歩く動物というのは、たいてい胴体が細身で、座るには前足も補助しないとバランスが悪い。テディベアなどが表すように、ぺたんとお尻をつけて足を投げ出すように座る様は、幼い子供のようで可愛らしいものとされてきたんではないでしょうか。


[27]実物でなくても... ln_nl

ちょうど昨日、子供のいる友人の家に言っていました。

動物園等の本物の動物でなくても、ぬいぐるみや絵本で覚えるので良いのではないでしょうか?

私たちも、ぬいぐるみや絵本で覚え、その後動物園へ行って本物のくまやきりんに出会っているのではないでしょうか。

それに、すぐに飛んでいってしまうカラスやスズメよりも絵本でじっくり教えた方が、お子さんも言葉を覚えるのでは?!


[28]いずれ知るんだから BROWN6

熊は危険だって教えとけば


[29]定番 BROWN6

子供にとって動物なんてどれもそんな変わんないだろ


[30]>6 カラスは怖い BROWN6

絵本には合わないだろ


[31]>22BROWN6

熊の危険性は教えとくべきだな


[32]>23 イラスト重視 BROWN6

それあるかも


[33]>11 面白い BROWN6

想像力UPですかなるほど


[34]>10 田舎なら熊に遭遇するかも BROWN6

田舎の子には説明が必要だな熊の怖さを早い時期に


[35]>26 おすわり BROWN6

おすわり出来る動物に親しみをもつんですね人間


[36]>13 好奇心 BROWN6

普段みれない動物もある意味子供の成長には必要ですね

視野を広げるには良いかも


[37]>8 テディベア BROWN6

テディベアは可愛いですよね


[38]>1 からすのパン屋さん BROWN6

大人気ですよね


[39]>21 熊とテディベア BROWN6

真逆ですよね

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ