人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ネットショッピング、ネットメディア、
検索エンジン、インターネットの利便性は、ハッキリしてきたかのようですが、実際、ネットと既存のインフラの住み分けは、どうなんですか?
お買い物やコミュニケーションの窓口といった点で、両者を比較して現状を大雑把に理解し、これからを知りたいんですが、、、?

●質問者: ksight5
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:インターネット インフラ コミュニケーション ネット ネットショッピング
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● coj
●17ポイント

私は近くに売っていない物はネットショッピングで、売っている物はそのお店に買いに行きます。

ネットショッピングもトラブルが色々あるようです。下記のサイトを参考にして下さい。

もし質問の趣旨と違う回答でしたらすみません。

http://www.shijo24.com/000901.php

◎質問者からの返答

ありがとうございます。こういったマーケティング会社が、あるんですねー

大変参考になりました。


2 ● kaoru1107
●17ポイント

http://blog.mitsue.co.jp/archives/000483.html

10年前と比較すると、ネットの裾野が広がったことによって、購買活動におけるネット内意見の参照時の信頼感が明らかに高まっていると思います。

とはいえ、AIDMAがAISASに変化してしまったとは、個人的には思えないです。

AIDMAのバリエーションが広がったというか、購買活動の根拠探しが自分の内面だけでなくネット内にも延長されたと言う感じです。

確かに、ネット以前からある購買活動ルートと、ネット内ルートは物理的に分かれてはいますが、仮に前者しか利用しない場合でも、自分の感覚・センスの拡大領域としてネットが存在し始めたように思えるのです。

ネットは感覚器官として、個人の内面を拡大してきているという認識に立ちたいです。

あまり参考になる回答ではなさそうですね。すみません。

◎質問者からの返答

AISIS知りませんでした。

確かに、このハテナなんて目的からして

Search、アクション=質問、シェアーすることで、目的に近づいて、あるいは展開するんですね。単なる入り口ではなさそうですね?


3 ● sami624
●16ポイント

http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/ji04_24.pdf#search='繝槭・繧ア繝・ヨ繝√Ε繝阪Ν%20繝阪ャ繝・

1.基本的にはマーケットチャネルの問題と認識しています。

2.パソコンの習熟度を情報リテラシーと呼ぶようになっても、未だにパソコンを使用できない年配者がいる社会では、顧客と接点を持つマーケティングチャネルが、多くある必要があるわけです。

3.通信販売というのは、かなり以前からマスメディアであるテレビを通じて行われてきたわけですが、通信販売の形態にもTVやPCと言ったチャネルが出てきたわけです。

4.整理すると?時間・場所・商品の全てが同一地点で一致しないと購買できない一般店舗?視聴時間は同一でも販売拠点と購入場所が異なる市場であるTV通販?視聴時間・売買空間共に相違したPC市場といったように、TPOが異なる市場が同時進行的に存在していると言うわけです。

5.販売側としてはより多くの顧客チャネルの獲得が、販売機会獲得のチャンスと言う認識で一致とているため、今後も並行して存在する市場となっていくでしょう。

◎質問者からの返答

それぞれのメディアの特徴を解りやすく解説していただいて、すっきりしました。

ただ現状どうなんでしょうか?

誰が、何を、買ってるんでしょうか?

僕の場合、本やCDはアマゾン、雑誌は、書店やコンビニなどと使い分けていますが、

個別の商材別に最近の具体的変化とか現状って?解りにくいんでしょうか?

小売の窓口が、誰にどう意識されてるんでしょうか?

それが解れば、商材を置く場所が決まるし、それぞれの存在価値が決まれば、住み分けられ、買う人も、売る人も便利になっていく、その流れを知りたいんです。


4 ● gettoblaster
●16ポイント

リアル流通では「売れない商品は外して売れ筋に絞込み、坪効率、在庫負担を減らす」という流れがあります。その究極がコンビニで、売れるもの、みんなが日常的に買うものしか置いていないですね。

一方その反対に大規模SCのような高度集積で買えるものを増やし、集客を増やして客に買いまわりをさせるという流れもあります。日常的に買うものから、たまに買うものまで揃えて、色々買いまわってもらうと。

インターネットの最大の強みはいわゆるロングテールで、究極の多品種品揃えが可能なところではないでしょうか?リアルで探して買うのが大変な商品を手に入れるには断然利便性が高いですし、そんな一人ひとりが買う機会がいものでも日本全国の需要を集められればいい商売です。更にレコメンデーションでマイナーなものをたくさん買わすことができます。

一方、個別宅のドアまでいちいち運ぶというロジスティクスの形態には不合理な面もあり、実際に見られないという点がイタイ商品カテゴリーもあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%8...

と考えるとおおまかな棲み分けができるのではないでしょうか?

リアルが強い

人気雑誌、CDや飲料、トイレタリー等コモディティなもの

生鮮食品等買いだめができない商品

見ないと良くわからない衣料、家具等

Webが強い

買い手が限られる商品(マイナーな本、CD、その他趣味関連)

見なくてもよく、配送コストが安い金融商品とか、見ようがない旅行

のように考えますがいかがでしょうか?

◎質問者からの返答

なるほど、仰るとおり、これを基本にして、

考えてみます。流れには逆らえないですから、

それと、個人的には、ロングテール現象には、

重大な価値感じますね。究極の在庫カタログっていうのは、小さなオリジナルショップやリサイクル、ビンテージのショップの存続に有効ですよね!良いものを何代もって、良い暮らしのように思います。モノにも担保力(価値)出てくるというか?


5 ● hamster009
●16ポイント

一番見なさん多く利用しているのは、本ではないですか?

書店にいってもないことが多いし、あるにしてもどこにあるのか分からない。探すのが面倒。宅急便が受取りにくかった時代はそれほどでもなかったけど、コンビニ受取とか指定とかが細かくできるようになって、一般化しましたよね。

今はだから、都心の大型書店があいついで閉店に追い込まれています。売れない。

一方まだむつかしいのは、やはり衣料ではないでしょうか?やっぱりこれは着てみなければサイズや似合う似合わないがむつかしい。だからTシャツやトレーナーどまりになっている。

コンピューターや家電品も通販がさかんで、これで秋葉原もだいぶさびれましたが、まだ都心の量販店は元気で、客が多いです。コンピューター部品、機器は探しにくいけど、家電品はじかに見た方がわかりやすい。上記の本と衣料の違いに似ています。

現状では、さがしにくいものはネットで、触って見た方がいいもの、高価なものは販売店でというところでしょうか。

http://www.yahoo.co.jp/

◎質問者からの返答

そうですね。

説明不十分な商品ありますね。

買い物は、出来て物は届くけど、

売ってる人の話とか、

触ってみるとか、

味わってみるとか、

その場に行く楽しみは、また別ですもんね!


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ