人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

心理学を体系的に学ぼうと思ったら、体系そのものを全然理解していないことに気付いた!心理学って体系がすごく多岐にわたってそうだけど、判りやすい体系ガイドってあるものなの?

●質問者: happionaire
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:ガイド 全然 心理学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● shoshiro
●19ポイント

わかりたいあなたのための心理学・入門 宝島社文庫

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796616527/qid=11478282...

この辺りからはじめてみてはいかがでしょうか。

別冊宝島なので内容に多少のデフォルメは加わっていることと、

1990年代の本なので内容が古いこと、

その2点を踏まえておけば、資料としては十分だと思います。

その上で、どのような心理学(認知とか臨床とか社会心理とか、色彩心理とか)を

追いかけるか考えるのをオススメします。。


2 ● yuuboku
●19ポイント

http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/shinrigaku2005.html

ここで二冊目に出てくる松田隆夫編の心理学概説がよさそうです。私は使っていませんが、広く浅く心理学を捉えるなら向いていると思います。

下から二番目のヒルガードの心理学は演習で使ったことがあります(さすがに厚いので一部だけですが……)細かいわりに読み物としてもいけますが、いかんせん厚いので、最初は安価で広く浅く書かれているものをおすすめします。


3 ● castle
●18ポイント
はじめて出会う心理学

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4641120838/qid=11478309...

http://72.14.209.104/search?q=cache:Nd6zO8Sy9eEJ:www1k.mesh.ne.j...

体系が定義的な意味だとこちらの本なんかよさそうに思います。

01.心理学の歴史

http://www.sam.hi-ho.ne.jp/mountain-field/Feeling-Place/history....

学問のカテゴリーとしての心理学体系ならここのまとめなんてどうでしょう。

臨床心理学についてはこんな話もあるそうで。

合意された業界地図がない

http://d.hatena.ne.jp/essa/20060409/p2

臨床心理学もこういう雰囲気があって、業界地図の書き方や対立軸の選び方でその人がどこに所属する人かだいたい読める。

体系理解の枠組みが立ち位置(所属)によって違うということでしょうか。

うーん、奥が深い。


4 ● newradio
●18ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062573237/503-6465450-...

こちらは漫画でとても分かりやすそうですよ。


5 ● urachiroru
●18ポイント

図説 現代心理学入門[三訂版]

http://www.baifukan.co.jp/sinkan/shokai/056987.html

専門的な内容ですが、タイトルに「図説」とあるように図や表がたくさんあって、わかりやすいです。

心理学の各領域ごとに参考図書の紹介もあるので、入門としてもいいでしょう。

全体像をつかむには丁度よいと思いますよ。

わたしは旧版の[改訂版]を使いましたが、今年新しい版が出たみたいで、情報も新しくなっていいんじゃないでしょうか。

おすすめです。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ