人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

尊厳死(消極的安楽死)について調べています。
積極的安楽死も含めて日本では今後どのようにしていくのがベストか、法制化するべきなのか。
あなたの考えをお聞かせください。
個人的な価値観でも結構です。

●質問者: hayfever
●カテゴリ:政治・社会 医療・健康
✍キーワード:あなた ベスト 価値観 安楽死 尊厳死
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/20件

▽最新の回答へ

1 ● wasabiyama
●13ポイント

50歳になったら死んでくださいっていう法律ができれば

いいと思います。

介護レベル4か5の高齢の方をみていると、

本気でそう思います。

(介護師さんに)口に食べ物流してもらって、

体を硬直させながらぼーっとしている姿・・・。

◎質問者からの返答

なるほど。自分も同感ですが…

法律化はやっぱり厳しそうですね?


2 ● tamo2_xvi
●13ポイント

本人の希望を最大限に取り入れた上で最低でも尊厳死は

認めても良いと思います。

さらに医師と御家族と第三者を含めた協議で、本人の意思が

無い場合でも尊厳死を認めるべきだと思います。

病院のベットだけの生活を、楽しく過ごせれば良いのですが

ただ横になって夢現では、本当に生きてる実感が湧かない

方も居られると思います。

また意識が無い状態で何年も何十年もでは、流石に残された

ご家族の負担・苦労も想像を絶するものがあると思います。

本人の痛みが続きそれが回復の見込みがない場合には、安楽死も

ぜひ認めるべきだと思います。

◎質問者からの返答

第三者機関の整備はやはり必要だと自分も思います。


3 ● ykanzaki
●13ポイント

先ず本人の意思の確認が第一ですが,意識の無い状態で,かつ回復の見込みの無いも関わらず,点滴と人工呼吸器による延命処置は病院の利益追求以外の何者でもないと考えます.

末期のがん,回復の可能性の無い状態では意識の消失と寿命は同じであって欲しいと考えています.

また,単に人工呼吸器や,意識の消失した状態での時間だけ延ばす延命治療は行わないつもりでもいます.また,末期であっては不必要な延命のための治療より苦痛を取り除き最後まで普通の生活を行う努力はするつもりですが,最後はじたばたしたくはありません.

人工呼吸器ははずしてもらいたい.それをとやかく言う医者は金の亡者と断じます

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

本人の意思とはよく言いますが、意識を消失してで回復の見込みのない状態になっても延命してほしいという人は果たしているのでしょうか…


4 ● ykanzaki
●13ポイント

先ず本人の意思の確認が第一ですが,意識の無い状態で,かつ回復の見込みの無いも関わらず,点滴と人工呼吸器による延命処置は病院の利益追求以外の何者でもないと考えます.

末期のがん,回復の可能性の無い状態では意識の消失と寿命は同じであって欲しいと考えています.

また,単に人工呼吸器や,意識の消失した状態での時間だけ延ばす延命治療は行わないつもりでもいます.また,末期であっては不必要な延命のための治療より苦痛を取り除き最後まで普通の生活を行う努力はするつもりですが,最後はじたばたしたくはありません.

人工呼吸器ははずしてもらいたい.それをとやかく言う医者は金の亡者と断じます


5 ● yamaderanaoki
●13ポイント

法制化については専門家の意見が一番であると考えて、ここでは私の価値観による判断をさせて頂きます。

私が学生の頃、医者の視点に立って一人の重い病気を持った患者を安楽死させるまでを映したドキュメンタリー番組を見たことがあります。勿論、日本の話ではなく海外の話です。

医者ははっきりと言いました。「いくら仕事といっても、人を殺すことに変わりはないんです。」

安楽死を行った医者には長期休暇が与えられます。医者はその間に旅行に行ったりするわけですが、心の闇は拭えないとのことです。

安楽死される側の立場だけではなく、安楽死させる側の立場に立って、この問題を考える事も大事なのではないか、と私は思うのです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

なるほどそのとおりですね。延命することが医療と呼べるか…難しい問題ですね。

貴重な視点です。


1-5件表示/20件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ