人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

小学校受験を考えています。今幼稚園の年中ですが、お教室は年長からと考えていて、家では毎日の子供がやるべき習慣やお手伝い、公園で元気に遊ぶことなどを中心に生活しています。
今の時期、他になにかこれは良い!!(受験に結びつかなくても子供に良いこと)ことを教えてください。親の手間隙はおしみません
よろしくお願いします

●質問者: kerokeropi
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:公園 受験 子供 小学校受験 幼稚園
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● x31
●15ポイント

●Amazon 幼児教育と脳

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166600540/

実際に子育てをされている方のイイ書評がありました。


●AllAbout 幼児教育

http://allabout.co.jp/children/infanteducation/

幼児教育に関するリンク集です。

ちょっと的はずれだったらすみません。


2 ● taka27a
●15ポイント

お受験ということではなく、挨拶、しつけがなによりも大切です。勉強はいつでもできますが、この時期に道徳、倫理、「ダメなものはダメ。」を躾けておかないと、いくらお受験が得意でも将来なんのやくにもたちません。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569565190/qid=11480163...

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877950710/qid=11480163...


3 ● BROWN6
●15ポイント

文武両道か、一芸を極めるか・・・。子供の無限の可能性を思う

と、親の夢は大きくふくらみます。なんでもできる子に育ってほ

しいから、学習塾と英会話とサッカーとピアノと習字・・・と欲

張りすぎても、月々の出費を考えると非現実的です。だからこそ、

おけいこ選びに慎重にならざるを得ません。ただ、子供のおけい

こに対する向き不向きを考えてあげることが大切です。もし、選

んだおけいこに子供が向いていれば、知識や技能がぐんぐん伸び

ることが期待できます。逆に、不向きであればおけいこ嫌いにな

って、結局長続きせず、大人になるまで興味を示さないかもしれ

ません。このように親の夢をかなえるための半ば強制的な押しつ

けは、結局時間的にも経済的にも大きな損失につながってしまい

ます。むしろ親子で、しっかりと話合うことをおすすめします。

また、複数の教室を掛け持ちさせる場合は、ストレスにならない

ように注意が必要。子供の体力や精神力に応じたゆとりのあるス

ケジュールを組むのと同時に、親子で触れ合う時間も確保したい

ですね。

≪主なスクールの分類≫

■知育系:能力開発・英才教育・情操教育など

■受験系:学習塾・個人指導・家庭教師・通信添削など

■語学系:英会話など

■音楽系:鍵盤楽器・弦楽器・管楽器・リトミックなど

■芸術系:絵画・陶芸など

■教養系:そろばん・書道・クッキング・パソコンなど

■スポーツ系:スイミング・球技・体操・武道など

■芸能系:ダンス・バレエ・ボーカルなど

■その他:しつけ・マナー・通信教育など

http://www.herstory.co.jp/jisya/200405/20040526lessons.html


4 ● chemicom
●15ポイント

小学校受験の経験はないのですが、自分または周囲の人ができなくて

残念だと思うことを書かせて頂きます。一般的なことですが、

・(絵)本を読む習慣

・挨拶&言葉遣い

将来、読めない漢字が多いと苦労しますので、本を読む習慣があると良いと思います。

言葉遣いなど、しつけで要注意なのは、「周囲の大人」です。

子供は大人の言動をよく見ていて真似します。

今の親御さんには色んな方がいらっしゃるようですが・・・

http://72.14.203.104/search?q=cache:7Fs9JjzgJr4J:chibichans-room...


5 ● mamakazu
●15ポイント

体操教室やその他運動の教室をお勧めします!!

幼児期や小学校の頃は、勉強も大事ですが、なにかが「できる」という経験が本人を前向きにしたり自身を持たせるきっかけになると思います。例えば「逆上がりができる」とか「とびばこがとべる」とかなんでもないかもしれませんが、「できない」体験から「できる」体験までが大事だと思います!!幼いなかに「できないことができるようになった喜び」をかみしめ、褒めてもらう。

その経験こそが、本人を前向きに育て、何か壁にぶつかっても「僕はできる!!」と努力する子が育つと思います。(多少性格もあるでしょうが・・・)

特に子供の頃は運動ができる子ほど目だってましたから、例え苦手な子でも教室に入れば指導員の補助のもと楽しんで行えると思います。あと、あいさつできる子にもなると思います。

http://www.chiba-fjb.ac.jp/masao_n/sub/kankaku.html

http://www.pu-hiroshima.ac.jp/investigation/scholar/a/a29.pdf#se...蟷シ蜈・驕句虚'


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ