人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「ノート全般」について調べています! 歴史・種類(大学ノート、自由帳、手帳、スケジュール帳など・・・)・ウンチク・トップシェア企業?進化したもの・変り種などなど、「ノート全般」に関する情報でしたら何でも構いませんので教えて下さい!!

●質問者: tooh11
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ウンチク シェア スケジュール ノート 企業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/20件

▽最新の回答へ

1 ● sera_yr
●22ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88

とりあえずこちらはいかかでしょうか


2 ● hamao
●22ポイント

http://www.showa-note.co.jp/jpnk/

http://www.senmaike.net/color/html/mono/showa.html

ノートといえばシェアNo.1はジャポニカ学習帳

ただソースが出せないのですみません

http://www.circleksunkus.jp/company/press/2005/0322.html

ミニチュアも売ってます


3 ● IshikawaBETA
●22ポイント

百円ノート超メモ術です。有名ですけど一応。

http://www.kirari.com/amz/note/


4 ● taka27a
●22ポイント

OLさんにも人気のRHODIAです。うんちくは以下;http://plaza.rakuten.co.jp/taka27a/diary/?PageId=4

ロディアを生んだ会社は、1920年、フランス・第二の都市リヨンに、アンリ・ヴェリヤックにより、創設されました。 設立まもなく、弟のロベールも経営に参加したといいます。当初の社名は、【 ヴェリヤック兄弟社 】。そして、RHODIAを、メモパッドを含むすべての製品の商標として登録したのです。「RHODIA」のブランド名の由来は、リヨンを流れる【RHONE】、(フランス4大河川・ローヌ川)に由来しました。今ではすっかりおなじみの2本のツリーを模したマークは、アンリとロベールの二人の兄弟の絆を象徴するものです。ヴェリヤック兄弟社は、ほどなくして、フレンチ・アルプスのグルノーブルにほどちかいセシリアンヌに移転、このとき、現在のオレンジカラーが、メモパッドの定番色として選択されました。そして今日まで変わることなく、ますます好評を博しています。

立位での筆記を前提に、プロフェッショナルユースに耐える機能性と、すぐれたデザイン性から、多くの人に愛されてきたロディア。ヨーロッパの日常に欠かせないプロダクトであると同時に、アメリカ・カナダなど北米では、そのグリッド状のグラフ方眼フォーマットから、科学者、アーティスト、建築家・デザイナーを中心に、定番となりました。 アメリカの主要な建築学科のショップには販売されているということです。時を越え、世界的な定番メモとなったオレンジ色の表紙は、フランスを代表する顔のひとつです。


5 ● hanamiyabi
●22ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88

http://www.kokuyo.co.jp/yokoku/amy/2002/vol11.html

参考になれば。


1-5件表示/20件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ