人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

印旛沼駅周辺&鵠沼駅周辺で「ここはイイ」といったスポットを探しています。それに準じて、「印旛沼地区&鵠沼地区の歴史・ウンチク」についても知りたいです。宜しくお願いします。

●質問者: tooh11
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ウンチク スポット 印旛沼 地区 歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● taka27a
●17ポイント

http://www.misawa-mrd.com/sea-side/co_index02.html

鵠沼周辺でははずせませんね。なんといってもタダで遊べます。


2 ● taka27a
●17ポイント

http://www.city.narita.chiba.jp/sosiki/kankei/seisui/history.htm...

印旛沼の歴史です。参考までに。


3 ● BROWN6
●16ポイント

http://www.shinmi-tei.ne.jp/station/fujisawa/kugenuma/outside-pi...

鵠沼駅 駅周辺 写真集

歴史&ウンチク

明治時代に別荘地として開発された鵠沼は、現在でも閑静な住宅地です。その最寄駅が江ノ電鵠沼駅です。平日、休日ともに多くの人々で混雑するような駅ではありません。

藤沢駅から江ノ電に乗った観光客も鵠沼駅は素通りです。鵠沼駅から海岸まで歩いて20分程度ですが、鵠沼の街並みを楽しみながら海岸へ向かう観光客は殆どいません。そのほうが、地域の人々にとっては有り難いことかも知れません。

鵠沼駅前の街並みは昔と大きく変わっていません。駅前に商店が何軒かありますが、商店街という雰囲気はありません。鵠沼駅前が昔の雰囲気を残している要因の一つは駅前の石畳の坂道かもしれません。もう一つは賀来神社でしょう。賀来神社境内の豊かな緑が、かつての鵠沼の街並みを象徴しています。

いつもは静かな駅前ですが、春には郵便局前にできる桜のトンネルが人々の眼を楽しませてくれます。夏には賀来神社のお祭りが、つかの間の賑わいをもたらします。

鵠沼は松の木を象徴とする緑の街並みと住み心地を大切にしてきたまちです。明治時代の後期に別荘地として開発されて以来、今日まで江ノ電沿線の住宅地の中では最も高級感のあるまちとしてのイメージを保っています。

実際には道幅が狭いなどの問題は抱えていますが、計画的につくられた新興住宅地にはない豊かな生活感があります。犬を連れて散歩する姿は鵠沼の日常風景です

立派なお屋敷も、相続に伴う敷地分割のため数が少なくなってきました。鵠沼の魅力を次代に残すため、保存樹林が指定されたり、鵠沼の緑を守るための地域住民の活動も活発に行われています。

それにも一定の限界があり、デベロッパーや工務店による敷地の分割、建売住宅が多発しています。そのような一画に昔の門構えが保存されています。立ち止まって見る人はいませんが、それだけ地域に溶け込んだ存在ということなのでしょう。


4 ● BROWN6
●16ポイント

http://www.city.narita.chiba.jp/sosiki/kankei/seisui/history.htm...

↑印旛沼の今・昔

かなり詳しく載ってますよ!


5 ● bokuti
●16ポイント

やっぱりバス釣り

http://aabakayarou.blog53.fc2.com/


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ