人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

土地再開発法に基づく商店街再開発で立ち退きを迫られてる借家人です。デベロッパーから提示された補償額(立退料)がこちらの希望額の10%にも満たないので居座ろうと思うのですが、強制的な立ち退きや強制執行を受ける可能性はあるのでしょうか?又その可能性を消してしまう様な拘束を開発組合側にかける手段はないのでしょうか?

●質問者: newyorker55
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:デベロッパー 借家 再開発 商店街 土地
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● takezawa_kazuto
●27ポイント

http://homepage2.nifty.com/taka-jim/

結論から言うと、あなただけ居座るということはできないと思います。土地再開発法で決定された場合、退去させることを前提に補償額の話し合いが行われます。補償額に納得いかない場合、上URLのような所で相談されるのが一番現実的な方法だと考えます。


2 ● sami624
●27ポイント

http://www.houko.com/00/01/S44/038.HTM#s9

先ず、土地再開発法ではなく都市再開発法ではないでしょうか。

でっ、借家人に対しては当該法律上罰則規定はありません。よって、交渉することは自由ですが、世間一般相場よりも高い条件を提示しても受入れはされません。

お住まいの地域がどのような地域か分かりませんが、駅から徒歩数分と言った条件の場合は、当該市町村における都市再開発計画があるため、何れ立ち退きをせざるを得ないでしょう。


3 ● monreve
●26ポイント

立ち退きの場合、そこそこで合意しないと強制執行で一銭ももらえません。 引越し資金で納得するのがよいです

http://yahoo.co.jp

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ