人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

葉わさびをの山で採ってきました。鉢植えにしています。これからの鉢植えの栽培・育て方を教えてください。

●質問者: hawasabi
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:わさび
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● Xenotime
●34ポイント ベストアンサー

わさびの鉢植えは観賞用らしいですよ・・・。

ここに基本的な育て方が載っています。

URL http://www.izuya.ecnet.jp/mobile/sonota.html#■保存方法


2 ● arigua10
●33ポイント

「畑わさび」の育て方は少しですが、見つけました。

「葉わさび」と「畑わさび」は基本的には同じもののようです。

ただし、

『畑わさびは普通の鉢植えや花壇でも栽培できるわさびです。

路地植えすると夏になると軸を伸ばして白い花を咲かせます。

これって普通の清流で育つわさびとは別の品種なの?

葉の形も夏に咲く花も清流のわさびとよく似ていますよね。

実は畑ワサビは清流で育つ「ワサビ」と遺伝的には同じものなのです。

種をまいて最初から畑で育てると畑でも育つワサビになります。

山の林の中でもわさびを見ることがありますから、

適応力があるということのようです。

商業的にはこの苗を清流に植えて、ワサビが生産されているのです。

つまり、ワサビの苗は畑で生産されているのです。

この苗を清流に植えるとわさびが育つのですが

一度清流で育ったものは畑に戻す事は出来ないそうです。』

つまり、採って来られた場所によって畑で育つかどうか、決まるようです。

http://www.rakuten.co.jp/chigusa/519199/423048/425712/

http://plaza.rakuten.co.jp/gardenc/diary/200602160000/


3 ● taka27a
●33ポイント

http://www.nogyo.co.jp/cgi-bin/12ch/read.cgi?bbs=nouyaku&key=110...

わさび栽培(この場合は過ぎ林の中での栽培ですが・・・)についてのログを紹介します。

ロブラールは墨入病、ディプテレックスはアオムシ、

アブラムシ、カブラハバチ対策です。

葉ワサビですので、“野菜類”で適用のある非化学薬品?を

検討したらいかがでしょうか。

アブラムシでは、粘着くん液剤(デンプン液剤)

オレート液剤(オレイン酸ナトリウム液剤)

アオムシでは、トアロー水和剤CT(BT剤)

などがあります。

墨入病・カブラハバチではちょっと見つかりませんでした。

あと、非化学薬品に該当しそうな剤がどんなのかについては、

下記のサイトが参考になると思います。

http://www.agro.jp/tokubetsu.html

登録内容がはっきり分からなかったり、施設栽培の登録しか

ない剤が混じっているので、あくまで参考ということで。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ