人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

あるディーラーに車をブレーキの修理に出しました。金額が結構(6万円)かかるのとかなり古い車なのでどれくらい乗れるでしょうか?と聞きました。まだ乗れますよ、と答えてもらいました。

1年前にも同じ質問を他の場所の同じ社のディーラーでして、「もう買い換えたほうが良いのでは?」という答えをもらっていました。それをそのとき思い出したのでさらに「以前見てもらったディーラーではこういわれたんですが」という話をしたのですがまだ大丈夫というお話だったので修理してもらいました。

1週間後、走っていて車が故障しました。郊外だったのと、大きな車なのでJAFでは対応できず結局別の業者に頼みました。さらに故障は大きなもので結局廃車にしました。

ブレーキを修理してもらったディーラーに行ってまだ乗れると言われましたが・・・と話をしたところ、見たのはブレーキだけで他はしっかりと確認していなかったと言う話でした。
しかし、まだ乗れると言い切る以上はブレーキ以外にも見る必要があるのではないでしょうか?

修理代、そして牽引代が相当かかっています。これらは返金、請求したいと考えていますがどうでしょうか?

●質問者: takapicup
●カテゴリ:ビジネス・経営 趣味・スポーツ
✍キーワード:お話 どうでしょう ディーラー ブレーキ 大丈夫
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● jojohate
●5ポイント

「まだ乗れる」と言われれば、車全体に特に問題なくまだ使用できるということだと理解するのが普通だと思います。

ディーラーの言い分は納得できませんね。

しかも他のディーラーでもう買い替え時と言われたという話もしてるわけですし。

牽引代、修理代は返金してもらうべきと考えます。

ところでどこが壊れたのでしょうか?

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

フレームです。

なんでも腐食していたそうです。

ブレーキだけを見てまだ乗れるというのはどうかなと思っていました。

ありがとうございました!


2 ● Allashe
●10ポイント

常識的に考えて、ブレーキの修理に出したら、修理屋はブレーキしか見ません。

もし、修理した直後のブレーキが故障して廃車になったのであれば、売主には瑕疵担保責任がありますので、賠償責任が発生することも考えられます。

http://ww6.tiki.ne.jp/~shukeru/minpo-kasitanpo570.htm

文脈から見て、廃車の原因になったのはブレーキでは無さそうですから、「まだ乗れる」と言った、というだけでは修理牽引代の賠償請求は無理です。

◎質問者からの返答

ディーラーに頼んだのは修理だけではありません。まだ乗る、修理する金額をかける価値があるのかという問いをしています。

それに対しての返答、また、実は他の箇所はしっかりと見ていなかったというのが気になっています。


3 ● pikupiku
●5ポイント

当然、請求すべきでしょう。

新車販売願望から「もう買い換えたほうが良いのでは?」と言うディーラーがあれば、修理代金欲しさに「まだ乗れますよ」と言うディーラーもあるのが興味深いですね。

ふつう「まだ乗れますよ」と言われれば客は安心して修理に出します。でもディーラーにすれば買い替えを促す方向へ誘導すればチャンスなはずがなぜ、客が買い換えを口にしているのに修理を薦めたのか? 不思議ですね。

ダミーhttp://q.ha

◎質問者からの返答

買い替えを薦めるのが難しい条件だったんです。

既に製造を終了している車種で、その車種でなければ使えない目的があったので。

ディーラーにもそれを話していましたので。


4 ● sami624
●40ポイント

http://www.houko.com/00/01/M29/089B.HTM#s3.5

1.ポイントは、権利若しくは法律上保護される利益に該当するか、と言うことになります。

http://www.houko.com/00/01/M29/089B.HTM#s3.2.10

2.ポイントを考える上で参考となるのが、受任者として善良なる管理者としての注意義務を果たしたか、ということが焦点になります。

3.ディーラーで修理をする際にどのような依頼をしたか、と言うことが最終的な判断根拠となります。ブレーキを修理して下さいと頼んだのか、同一のディーラー他の店舗では、ブレーキ以外の点も踏まえて、買換えを勧められたのかを、相手側に説明したのか、と言うことです。

4.質問文を読む限りでは、ブレーキが相当に痛んでいる為、修理しても長持ちしないので買換えを勧められた、と捉えかねない面があります。

5.この場合は過失割合に応じて、費用負担をするということになります。

6.誤解を招くような説明をしたと言うことは、質問者の過失となるため、十分な説明をしなかったために生じた損害は、質問者の負担すべき金額となります。

7.市町村の無料相談で過失割合を確認されたほうがいいでしょう。それに応じて、もめた場合に調停を行うか、訴訟を行うかを考えたほうが良いでしょう。

◎質問者からの返答

2 後にも述べるのですが、古いですしまだ乗れますか?という話をしており、それに対して乗れますというお話をいただいておりました。しかしチェックしていたのはブレーキだけだったというところで気になります。

3につきましては、ブレーキ以外の箇所がおかしくなったときに修理したのですが、その前にもう古いのでまたあちこちおかしくなる前に買い替えが良いのでは?と言われました。そしてそれも今回のディーラーでこのように言われたのだが、ブレーキを今回修理するべきかという説明をしております。

4ブレーキだけではなく、車両が10年経っていたのでそういう話をしておりました。

5、6、7 まだ落としどころを双方で考えませんか、と伝えているのみなのでこれからもしもそうなった場合は参考にさせていただきます。

ありがとうございました!


5 ● taka27a
●10ポイント

「乗れると言った」「そんなこといっていない」の水掛け論になりそうですね。その修理依頼したブレーキが直接の原因で廃車となったのであれば、クレームの付けようもあるのですが、「まだ乗れますよ。」という極めて抽象的な表現は言質にもならないと思います。ちなみに「ブレーキ修理」以外の点検、等も依頼されて、その代金請求などはあったのでしょうか?

レッカー代などを請求できる客観的な根拠に乏しいですね。

勝ち目はないです。http://www.nichibenren.or.jp/

◎質問者からの返答

先方はまだ乗れる、と言ったこと、それ以外の部分をチェックしないでそう言ったことを認めています。私としてはどういう落としどころがあるのかを考えたいのですが・・・

ブレーキ以外の箇所の点検の依頼はしていませんが、古いので以前にも大きな修理をしていたし、そのためにできればまだ乗れるか、修理する価値があるのかという返答をお願いしました。

ちなみに修理したブレーキが原因ではありません。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ