人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

旧借地権付分譲住宅(新築)の購入を検討しています。旧借地権の法的解釈とメリット、デメリットを教えてほしい。

●質問者: tama0711
●カテゴリ:生活
✍キーワード:デメリット メリット 住宅 借地権 新築
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina
●27ポイント

http://www.fujitomo.co.jp/shakuchi/column-1-4.html

こちらに少しメリット、デメリットが出ていますので

ご参考にどうぞ


2 ● sami624
●27ポイント

http://www.houko.com/00/01/H03/090.HTM#s2

http://www.fujitomo.co.jp/shakuchi/column-1-4.html

こちらのサイトが比較的纏まっています。

単純に契約期間内の使用が認められている権利で、契約期間満了後も地主に相応の理由がある場合を除き、継続的に借地権の利用を継続できるよう、更新が一般的となっている。


3 ● gettoblaster
●26ポイント

http://www.fujitomo.co.jp/shakuchi/column-1-2.html

旧法借地権は新法よりも借地権者の権利が非常に強く、土地を売却する場合土地の所有権よりも借地権の方が高く値段が付くことも多いです。

メリットは

・所有権よりも安く買える

・固定資産税を納めなくて良い

デメリットは

・地代を納めなければならない(判例としては固定資産税の3倍が適正な目安とか)

・借地権の売却、相続、建物の立替など、地主の承諾が必要で、その場合通常お金が発生する。

・建物が燃えたりして将来土地だけ売ようなことがあった際には、買う側はローンを組んで買えないので売りにくい。それがなくても一般的にやや売りにくいことが多い。

借地権の価値は周辺の土地価格の相場の約半分と考えて、その分譲住宅の価格が適正かどうか考えてみるといいと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ