人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

なぜ【三】角比だけ正接,余弦,正弦.などの各定理があるのでしょうか?

四角形や五角形やN角形には、そういう何らかの面積の計算などを超えた法則性はないのでしょうか?

私が知らないだけでもしあるのだったら、どうして高校数学で教えないのでしょうか?

●質問者: clinejp
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:余弦 定理 数学 正弦 正接
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● taka27a
●60ポイント

4角形、5角形、n角形(n→無限大で円となりますが)は三角形の合成として理解できます。(4角形は△2つ、5角形は3つ)

すべての多角形の基本が三角形ということで、あれだけ?重点的に学習するという理解でよいと思います。

http://www.nikonet.or.jp/spring/deforme/deforme3.htm

◎質問者からの返答

なるほど!

わたくしの頭でも1発でわかった。

なぜ、高校の先生はこのように教えてくれないのでしょうか・・・。

(あ、これは追加質問ではなくて感想です)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ