人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

癌の患者(63歳男性)
妻(62歳女性)で2人住まい、他の身内なし

癌により余命一年と診断されましたが、病院からは手術すれば余命が延び、食事や歩けるようにもなると言われる。

手術費用は高額、死は避けられない、金銭の貯え全くなし、収入予定は現状なし

この状況でしたが
妻は病院に手術を依頼する。

ところが手術は失敗
手術によって余命が半年になってしまったとのこと。
病院は”失敗”とは言ってないが手術によって余命が短くなったことは明らかで病院側も認めている。

手術費用の支払い拒否は可能?
拒否した場合、この夫婦はどうなる?

個人的な主観ではなく
裁判の凡例や法的な知識的がある場合での意見をお願いいたします。

●質問者: minekko
●カテゴリ:医療・健康 人生相談
✍キーワード:一年 主観 住まい 凡例 半年
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● simajiromaikeru
●20ポイント

今の、医療界の常識では

インフォームドコンセントをしっかりしましょうということになっています。インフォームドコンセントとは患者への説明と同意です。

ですので、手術の成功、失敗についても説明があったと思います。もし、失敗の説明をうけてないなら裁判で十分勝てると思います。

手術も人間がするもので、どんな手術でも100%成功するということは

保障されません。まして、成功したら手術代金を支払って、失敗すれば支払わない制度があれば、どんな医者も手術をしなくなると考えます。

日本には高額医療給付制度というものがあり、1ヶ月間(同じ月内)の医療費の自己負担が高額になった時、自己負担限度額を超えた分が申請により高額医療費として、世帯主にあとから支給される制度があります。

所得により払い戻しに差はありますが、

例えば、1ヶ月に入院費が30万円、手術代金50万、薬代5万円かかったとします。つまり、1ヶ月85万円かかったとします。よほどの高収入ではない限り一旦、病院に85万円納めて高額医療給付の申請をすると

85万?72,300=77万7千円返ってくる仕組みになっています。

ただ、手続きをしないと戻ってきません。

また、4ヶ月くらい払い戻しに時間がかかります。

参考までに


http://www.geocities.jp/hidamari_byoutou/kougaku.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます


2 ● RYUONE
●20ポイント

医療ミスがあるかないかによって分けられます。

どちらにせよ個人の訴えでは到底病院の組織には勝てません。

裁判をやる事になるでしょう。

もし裁判をやるにしても、必ずお金は必要となります。

ですが、弁護士によって金利ナシで分割払いやお金が取れるようであれば、その後に支払いを見込みやってくれます。

(もし取れない場合でも支払う義務は出ますが。)

ですが証拠を集めるのが難しいのが対病院裁判です。あなたが進んで証拠集めをしなければいけません。

病院側でのカルテの提出を求めたり、記録を残すべき所で残していない事実を見つけたりと。

もし行動をとるつもりでしたら、まずは弁護士相談を受けるべきです。1時間に5千円?、または当てにならないですけど、基本という事で国や市の無料弁護士相談を受けてみてはどうですか?

時間単位の相談になるので、カンシャクや感情的にならぬように、(弁護士はあくまで法的に話されたりもしますので)的確に必要な事を聞けるように予めメモなどを作って行った方がいいと思います。

拒否したり、裁判を起す行動が病院側に伝わる様な行動を起した場合、おそらく病院側の患者に対する対応も良くはならないと思いますので、転院をお勧めします。また、家での療法などで、家族で過ごすというのも良いかと思いますが、どちらにせよ辛いですよね。

心中お察しします。がんばってください。

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%84%A1%E6%96%99+%E5%BC%81%...

◎質問者からの返答

支払わないという意思の場合病院が裁判を起こすのでしょうか?


3 ● kumonoyouni
●20ポイント

どういう医療ミスか分かりませんが、病院側も認めているとの事ですので、そういうやり取りを今のうちに録音しておくのがベターかと思います。

後からごねはじめると、一転して認めなくなる事も予想されますので。

その後、その他証拠保全を行なうために速やかに専門弁護士に相談されるのがよいかと思います。

弁護士に頼む場合は、費用バカにならないし、何度もやり取りするの大変なので、事前に、

・これまでの治療経過など日記やメモ書きがあればそれを用意しておく。

ない場合にも話を順序良く説明するために、いつ、誰から、どのような説明を受けたのか、現在に至るまでの経緯や経過など、覚えている事を時系列で細かく書いておくとよいでしょう。

・あとは治療前に違う病院でも診察受けた事があればそのカルテも参考になると思いますので、その病院名や見てもらった先生も覚えている範囲で書いておくとよいでしょう。

参考URL

http://www15.ocn.ne.jp/~law1515/iryou1.html

http://www.homelawyers.info/individual/medical/case.html

◎質問者からの返答

弁護士に相談することはないと思います。

支払い拒否した場合、病院側が裁判を起こす?

或いはどのようなことになる?

ここが知りたいです。


4 ● Baku7770
●20ポイント

http://www.hiroshima.med.or.jp/kenisikai/sokuhou/20000805/Writer...

#a3の質問に回答いたします。

残念ながら、一旦入院費をお支払いになるか、早急に和解されるかのいずれかになります。

入院費と言え、法律上は債務となります。つまり、支払う義務があります。それに対して、患者さんは手術のミスがあったんだから払わないと言っているわけです。その金額っていくらでしょう?本当にミスだとしてそのミスは幾ら弁済する義務があるのでしょう?

患者さんには残念ながら入院費と手術代。ちゃんと決められた料金があります。払わないと言ったところで、薬や病院食の提供を受けたでしょう。

現在は病院側だけが請求可能な状態です。ことを荒立てたくないから、病院もいきなり裁判ということはしないと思いますが、それでも可能なことには違いありません。

一方的に支払いを拒否するのではなく、病院と大人の交渉をするか、弁護士に依頼するのが正解です。

市町村で無料の法律相談をやっています。そこで相談されても構いません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● kumonoyouni
●20ポイント

>支払い拒否した場合、病院側が裁判を起こす?

>或いはどのようなことになる?

>ここが知りたいです。


以前病院で治療費の未払いが問題になっているという新聞記事もありましたが、病院側の経営の立場からすれば高額治療を行なって治療費が入らないというのは痛いので、おそらくいきなり訴えられることはなく、支払いが厳しいのであればsimajiromaikeru さんが書かれている高額医療制度の説明などもされて、支払いを待ってくれる可能性も話し合いによったらあると思われますが、あくまで病院側の責任を追及し支払いを拒否するなら、訴えられる事も視野に入れておいたほうがよいでしょう。

その場合、全て病院側の都合のよいように話しが纏められている可能性が高いです。


例えば

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1329914

のようなケースもありますし。


以上、ご参考まで

◎質問者からの返答

ありがとうございます

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ