人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

よく会社では締め日というのがあります。
なぜ月末に多いのですか?
だいたいいつぐらいが便利なのですか?

●質問者: takada01
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kimizu
●20ポイント

http://www17.ocn.ne.jp/~beteran/sipai4.htm

基本的には、総務や経理の簡略化やルール決めの容易さ、だと思います。

例えば、「月末〆」にした場合、〆日が毎月違うことになります。

「〆日の5日前までに見積もりを提出」などの場合にも、毎回、

今月の〆日は、、、と意識をする必要が出てきてしまいます。

〆日を決めることで、そのあたりの意識が簡単になると思います。

また、対象期間を記述する際、25日〆の場合、

「xx月26日?yy月25日」のように、月の部分だけ変えれば

次月の表記が出来るので、資料作成やプログラミングなどの場合にも

便利です。


2 ● kurukuru-neko
●20ポイント

必ずしも締め日が月末が多いというわけではないと思います。

ものによると思います。

なんらかの計算を行うために、期限を設けて

支払いや、サービス開始する日決めているので

対象となるものによると思います。

便利かと聞かれて何の締め日なのかによって

違うので答えはないと思います。

給与:

月末 15/20/25日の会社もあれば、翌月の最初の週で

ある場合もあり。

サービス申し込み:

なんらかのサービスを行う場合、翌月始め

からサービスする場合、前月の月はじめ 5/10

等もあります。

販売:

当月の売り上げ処理等の出荷などの数・金額を

計算する為に、月末近辺20前後

請求:

翌月の支払いを行う場合の請求書の締め日

毎月15、月末とかの場合は翌月払い

5日までは、当月払いとか

業務内容や、業態により多種多様

クレジットカード

ばらばら

http://www.cardservice.co.jp/cardpayment.html


3 ● seble
●20ポイント

http://www3.bus.osaka-cu.ac.jp/mslab/accstandards/acc101.htm

会社の決算は年単位で、ほとんどは月の1日で始まって月末で締めます。

つまり4/1?3/31とかが決算単位になっています。

そこで、経理に関係した部分は月末で締めます。

ただし、給与などは事務処理の時間が必要なので、他の処理とだぶらないようにわざと15日締めなどにしたりもしますね。


4 ● nariaikun
●20ポイント

カレンダーをめくったり、

いろいろと節目の作業が発生する日で、

わかりやすいからではないでしょうか?

便利なのはやはり月末です。

そういう企業が多いから、

取引先との都合上、25日とか20日だと不便だと思います。

http://www.google.co.jp/


5 ● oshfpg
●20ポイント

成績を出すときに(営業マンや店など)末日締のほうがわかりやすいです。その積み重ねで給与賞与を査定し支給するのも「○月分」のほうが支給しやすいです。http://q.hatena.ne.jp/1148608749



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ