人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社役員は労災保険に加入することは出来ないと聞きましたが本当でしょうか。なぜかといいますと、小企業の場合、兼務役員=現場代理人というケースが多く、万が一、事故が発生した場合、どうなるのか不安です。加入出来ない場合には対策案もあわせて教えていただければ喜びます。

●質問者: tochiki
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:不安 事故 企業 会社 労災保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● araemon
●27ポイント

労災保険は労働者を対象としていますが、役員の肩書きを持っている人でも、その就労実態に労働者的性格のある人は労働保険の適用対象となります。

例えば、取締役営業本部長などであれば使用人兼務役員となり対象となります。

なお、対象となるのは「取締役」のみであり、代表・専務・常務などは労働者とはみなされず対象とはなりません。

但し、こんな例もあったようですが

http://homepage2.nifty.com/karousirenrakukai/15-128=senmutorishi...

◎質問者からの返答

対象者は、使用人兼務役員に該当すると思われますので事務所に相談してみます。

ありがとうございました。


2 ● s-fields
●27ポイント

原則役員は加入できません。

しかし、兼務役員は労災適用となる場合もあります。

取締役であっても業務執行権を持っていない、業務執行権を

有する取締役の指揮命令下にある、労働の対償として

賃金(役員報酬ではなく)が支払われていれば、対象となります。

http://www.rosei.or.jp/service/faq/faq0/faq0209_09.html

労働保険の申告のときに、その賃金も合わせて申告してください。

事故があっても労災給付を受けられます。

また、これに当てはまらない役員でも労災の特別加入という制度があります。

この場合は、労働保険の事務を中小事業主の特別加入を扱える

労働保険事務組合という組合に委託することにより、加入する

ことができます。

事務組合は、お近くの労働基準監督署に聞いてみてください。

近辺にある事務組合を教えてもらえると思います。

◎質問者からの返答

対象者は、使用人兼務役員に該当すると思われますので事務所に相談してみます。

ありがとうございました


3 ● hiroponpon
●26ポイント

労災保険の特別加入制度というのもがあり、可能です。

詳細はよくわかりませんが、詳しくは、社会保険労務士か、

労働基準監督署の窓口で教えてもらえると思います。

http://plaza.across.or.jp/~aimi-suz/r_houjinrousai.html

http://www13.ocn.ne.jp/~kitabiwa/page014.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ