人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

定款の認証を終えて、登記をしようと思っています。
ですが、認証後に定款に記載された発起人が引っ越しを余儀なくされ、住所が変わることとなりました。
登記時にはこの発起人は定款と異なる住所で申請することになるわけですが、問題ないでしょうか?

いくつか策はあると思いますが、以下は実施できないと考えています。
・定款の変更
設立時定款として再認証すべき?
またお金がかかる?
・住所を元に戻す
可能かもしれないが、すでに元住所に転入者が存在すると問題となる?

何か一筆書く必要があるのではないかと考えてはいるのですが。。。
何か良い方法があればお教え下さい。

●質問者: sgl
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:お金 存在 実施 引っ越し 登記
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kawasakisan
●60ポイント

個人的な経験からですが、法務局の担当者によって、

求める書類も記載内容も異なることがよくありますので、

直接法務局に問い合わせてみられてはいかがでしょうか?

丁寧に相談にのってもらえると思います。


2 ● myanswer
●10ポイント

http://www2.ucatv.ne.jp/~ciao.sky/KIGYOU/sakuseiitirann.htm

要するにその発起人の住所欄がどの書類でも一致していたら登記官はそれ以上は突っ込んでこないのではないでしょうか?

(書類から実体法上有効と判断できればそれ以上審査はしないと思われます。)

その発起人の方は印鑑証明書を取らないといけない人なんですよね。もし旧住所の市区町村発行のもの(3か月以内)があれば、旧住所のまま、登記申請しても齟齬は無いと思われます。

どうしても書類上不備でおかしいと言う場合には司法書士さんか法務局か尋ねやすい方に聞いて必要な書類を添付したらいいと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ