人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

監査法人が企業の財務諸表を監査する時、財務情報をンターネット経由でデータを入手して監査作業をおこなっているのか、もしくは直接企業に赴き、企業に常駐して監査作業をおこなっているのでしょうか?最近インターネットでの取引が盛んになってきたので、ネット経由でデータを入手して監査作業を行うのがトレンドかな?と疑問に思いました。

●質問者: roadagain
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:インターネット データ トレンド ネット 企業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●27ポイント

http://www.tohmatsu.co.jp/

トーマツの担当者が常駐しています。契約形態によると思いますね。当然事業規模が大きくなれば、常駐して経理処理を管理しながら、監査する必要がありますし、事業規模が小さく決算書だけによる監査で足りる場合は、ネットによる情報収集でも可能ですし、監査する企業の内容にもよりますね。


2 ● tejiken
●27ポイント

もちろん直接企業に赴き監査を行います。

財務諸表監査は、企業の作成した財務諸表の適正性を合理的な範囲内で保証するものですが、それには、企業の会計帳簿等の『閲覧』や、棚卸資産の『実査』(実際に監査人が確かめること)『立会』(企業の行うたな卸しの現場に立ち会い、必要に応じて抜き取り検査等行う)などの方法がとられます。

もちろん、PCを利用したCAATと呼ばれるような監査の方法をとることもありますし、アクセスログ等を調べたりすることもあります。

ちなみにインターネットで得られるような財務諸表(EDINET等)は基本的に監査済みのものです。

企業の帳簿等が、インターネットで流れるといったことはないですし、インターネット等で得られる情報も利用しますが、それのみに依拠した行うことはありえないかとおもいます。

ダミーに近いですが・・・

http://www.jicpa.or.jp/cpa_services/j-kaikeikansa.html


3 ● yotaro
●26ポイント

http://www.tohmatsu.co.jp/service/audit/audit01.shtml

http://www.azsa.or.jp/serviceline/audit.html

http://www.chuoaoyama.or.jp/webcan/service/index.html

ちょっと中央青山はアレですが。。。

わが社はそんなに大きな規模ではないですが、監査法人の方が1週間程度常駐して、財務諸表やその挙証資料を確認するとともに、実地棚卸の監査も行っています。

財務諸表の信頼性確保が目的なので、成果物だけでは監査できないのではないかと思いますが。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ