人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【はてなブックマークって偏っていませんか?】

YouTubeに関する記事などがブックマークトップに来るはてなの現状は、
やはり世間一般から「ズレ」ていると思う。

どこかのエントリで、
「はてなはトップページにブクマがあり、
しかもそこにPC業界的エントリが上位に並んでいるので、
PCに詳しくない「一般人」は
「なんか「はてな」って、専門家ばかりで近寄りがたいところ」
という先入観を持ってしまって、はてなを利用することを躊躇する」
とありましたが、同感です。

はてな普及委員会会長(自称)としては、この現状を何とか
変えた方がいいと思いますが、どうでしょう?

以前した質問
http://q.hatena.ne.jp/1147741764
のように「クルマとか、もっと一般的な事柄に興味を持つ人間が少ない」
ことがはてなのウィークポイントです。

●質問者: itarumurayama
●カテゴリ:はてなの使い方 インターネット
✍キーワード:YouTube どうでしょう はてな はてなブックマーク エントリ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 17/17件

▽最新の回答へ

[1]ずれてるなら・・ sakura19749

ずれてるならずれてていいじゃないですか^^

そのほうが面白いこともある。笑


[2]>1 ずれていて構いません erupi

自分にとっては、話題の一般化したはてな(はてブ)なんて役に立ちません。もし将来そうなった時に、ユーザの嗜好に合わせたホットエントリ/注目エントリを生成する機能が実装されていれば話は別ですが。

現状でも自分の嫌いな「非モテ」やら「モヒカン」やら「はてブ論」やら「ブログ論」の話題をなんとか除去して閲覧している状況なのに、これ以上除去しなければならないエントリが増えたらたまったものではありません。


[3]それが事実なのであれば仕方がないことのような il-mare

ブックマークのランクに偏りがあるように見られるのは事実それらのブックマーク登録数が多いからであってどうしようもないことだと思われます。

人力等における質問もどうしてもわからない難しいことを聞いていることが多いのでパッと見は難しそうな印象をもたれてしまうのかもしれませんね。

いわゆる初心者的な方がたにはてなに親近感を持ってもらうにはダイアリーやアンテナなどといったわかりやすくて便利なツールをとっかかりにしてもらって段々と他のサービスにも目を向けてもらうのがいいように思います。


[4]>2 解答にはなりませんが ck4728

さっき会員登録した超はてなビギナーです。とはいえ、ITエンジニアの端くれなんですが、全貌を理解するのになんとなく半日くらい費やした感じです。

もう少しIT以外の専門家(一般人?)を呼び込む努力した方が良いんじゃないかな。どうやって敷居下げたら良いのかのアイデアはないんですけど。

それが「Wisdom of crowds」につながるんじゃないかしら。


[5]>3 ブックマークを使うユーザーは、はてなの中でも特にマニアックなユーザー Kityo

現状についての僕の印象

ブックマークの傾向(≒はてなのトップページの様子)から直接的に推し量られるよりは、「クルマとか、もっと一般的な事柄に興味を持つ人間が少ない」と言う訳でもないと思います。

パソコンを買ってしかもインターネットに繋いでまでいるような人種は、日本人全体に比べたら「ズレている」のは間違いないと思います。

よってil-mareさんの問題意識は、インターネットにアクセスする程度にはマニアックな日本人の平均と比べて「はてながズレて見える」…に換言できるかと思います。

僕の中でもネットワーク上の評判でも、大なり小なりはてなはエンジニア好みな場所ですので、そのように見えるのはある意味しょうがないことだと思っています。

とは言え、はてなのトップページの様子は「はてなの中でもブックマークを使い込むほどマニアックなユーザー」の平均を反映したような傾向になっていると感じており、はてなユーザーの平均よりもずっとマニアック側に偏っていると思います。

正直な印象として、僕にはあんまり有意義なトップページには感じられていません。

こんな風に変わればいいな

はてなユーザーの大半(例えば、ダイアリ利用者並みとか、回答者並みの人数。多分後者のほうがずっと多い)がブックマークを使い出すと、はてなのトップページがはてなユーザーの平均像を反映したものになると思います。

  1. ブックマークの使い方が簡単になると良い
  2. ブックマークの魅力が分かりやすくなると良い
  3. ブックマークの動作が軽くなると良い

…などのように思います。


[6]やはり女性利用者の増加が鍵でしょう TomCat

要するに、もうPCは家電並み、ネットも電話の延長のような時代なのに、

どうしてもこういう場はPCヲタク、ネットヲタクだけの寄り合いとなってしまうと。

そこを変えてみたいということですよね。

ネットを楽しむためのブックマークから、

生活を楽しむ情報源のブックマークへと利用拡大を図っていく。

これが、このいわしの趣旨ではないかと思います。

そのためには、やはり女性利用者の拡大だと思うんですよね。

はてな全体を、女性が好んで使うようなサイトにしていくということ。

これでブックマークの「人気記事」も、

ずいぶん幅広いものに変わってくることでしょう。

ただ、はてなは今でもそれなりに多くの

女性ユーサーを確保していると思いますが、

その人達に、いまいちソーシャルブックマークの意義や概念

といったものが伝わっていないように思うんです。

正直、何それ?って感じで。

そのへんをいかにうまく説明して、これは面白い、使える、

と意識づけて惹き付けていけるかということ。

ここが当面の勝負どころになってきそうな気がします。

誰か、普通の女の子向けブクマ指南など書く人は、

いないですかねえ(^-^;


[7]>5 ソーシャルブックマークの存在意義 itarumurayama

よく考えると、なぜソーシャルブックマークを使わないといけないのか、

その理由が漠然としていますね。

個人としての使い勝手では

「仕事上見つけたブックマークサイトを、アフター5で自宅パソコン上でも

閲覧するため」に使う、という感じですね。

これは、「仕事でも自宅でもパソコンを駆使している」ような人には有益ですが、

例えば主婦のように「そもそもパソコンは自宅PCのみ」という人には、

何らメリットはない。

PC上のお気に入りに入れればいいだけですから。

私の場合、仕事上有益なサイトをソーシャルブックマークして、

それを他の同僚にも使えるようにしたい、と思ってブックマーク作業をしている

ところですが、そういう使い勝手をする人って、まだ少数派でしょう。

※私見ですが、エンジニアのソーシャルブックマークが多いのは、

ブックマークして、他の同僚に仕事上の情報を提供させるのが目的か?

仕事を離れて、純粋に「他人のために」ブックマークするインセンティブが、

どうにも見つからないですね。

ということで、

「そもそもソーシャルブックマークって、何にために存在しているの?」という

根源的な問いにつながる気がします。


[8]>6 レディスはてなの新設 itarumurayama

これは前も言ったような気がしますが、

トップページの構成を女性向きに編集しなおして、

しかししっかりとはてなのコア機能

(人力検索、ダイアリー等)は保った「レディスはてな」を新設すべきだと思いますよ。

もっとも、いかにも「女性向きで作りました」というデザインのサイトだと、

逆に女性側は引いてしまうかもしれませんが。

リクルート社のR25、あれ本来は男性向きですが、

うちの会社の女性も結構読んでいます。

「女性誌や女性向けフリーペーパーは、

いかにも「女性向けに作りました感」がミエミエで、読んで面白くない」

ということです。

かといって週刊ポスト辺りを買うのは気恥ずかしい、というところでしょう。

この辺のバランスは難しい。

いっそのこと、女性向けサイトは女性に作らせては?


[9]>4 私はいちおうベテランユーザーの部類に入るのでしょうが itarumurayama

いまだはてなの全貌を把握していません(爆)

フォトライフやグループ、マップなどは一回も使ったことがない。

まあ、はてなはウェブ界のフロントランナー的なところはあるので、

「とんがった」状況は仕方がないにかな、という気がしますが、

「ウェブ界のフロントランナーとしてのはてな」ではなく

「人力検索運営者のはてな」としえは、もっと一般人側に

とっつきやすい構成になって欲しいと思います。


[10]一般は無理だから peaceman1984

カテゴリ分類で表示する。スポーツのカテゴリにはさすがにスプーだのハルヒだのはフィルタリングされるでしょう。これはすでに実装されてますが、

http://b.hatena.ne.jp/hotentry

一回"人気エントリー"をクリックしないとわからないので、b.hatenaのトップページに持ってくれば"一般人"でも興味持てるページが探しやすいんじゃないかと。


[11]>8 れいこんさーん(^-^)/ TomCat

レディスはてな。いいですねー。

はてなを女性の日常に密着した情報源として使っていってもらう。

これで色んな所が変わってきます。

そしてそんな変化が、男女問わず新たなユーザー層の発掘に

つながっていくでしょう。

「女性誌や女性向けフリーペーパーは、

いかにも「女性向けに作りました感」がミエミエで、読んで面白くない」

ということです。

そうそう。男が企画しちゃうと、いかにも、っていう感じの

押しつけがましい「女性向け」が出やすいですからね。

ここはひとつ、れいこんさんや中川さんたち、

スタッフ女性陣の感性に期待してみましょう。

実現しないかな。わくわく。


[12]57 Name: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! dummy2004

http://q.hatena.ne.jp/1149029696

質問者がなにげに気持ち悪い。

無知なのに自分は偉い、特別だ、みたいなのりで

知ったかぶりしてるからかな……典型的おっさん像?


[13]>11 すでに感性を使い果たした結果が、今のはてなでは? dummy2004

衰退の一途。


[14]>9 はてな普及委員会会長(自称) dummy2004

メンバーいるの?


47 Name: 名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!

結局どこのブログが一番いいの?その6

http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/blog/1142388200/

有効なデータのある16社のうち、あのライブドアに

つぐ減少幅だった。16社のうちユーザーの数が減ってる

のはライブドアとはてなだけ。

しかも、はてなは複数アカウントとグループを許してるから

実際のユーザーの数はもっと少ない。

事実上ココログにも負けてる。

住所登録のときがピークで、はてなは完全にもう落ち目入ってる。

住所登録の時に移転した人たちが勝ち組。

今のうちに移転すればかろうじて勝ち組。そのままなら確実に負け組入り。


[15]>13 私はそうは思わないなあ(^-^) TomCat

Webのリソースとしてのはてなは、たしかに先のリニューアルで、

一定の完成度に到達しているでしょう。

だから、あとは「横綱は強いようでもどん詰まり」ですよね。

その点では、もう先がぼちぼち見え始めているわけです。

でも、はてなの強みは、ここがただの「入れ物」であるということ。

入れ物としては完成の域に到達して、

もう後は細かい手直しくらいしかやることがない

という状態に固定してしまったとしても、

その完成した入れ物に何を入れていくか、

どんな方向性で何を展開していくかという部分については、

ほぼ無限に近い可能性を持っているわけです。

ここが、Web2.0時代の発展の着眼点になってくるわけです。

ネット上のリソースとしてのサイトの存在は、

たとえて言うならば公園です。

ただ放置しておけば、便所くらいにしか使い道がありません。

巨額の投資を行いアイデアを尽くして整備した公園であっても、

公園そのものの実用的な機能なんて、便所と水飲み場くらいのものです。

でも、そこを使っていく人たちのあり方によって、

公園はどうとでも変わっていけるわけですよね。

周辺施設の様子によっても、公園の存在意義は変化していきます。

作った入れ物を、誰がどんなふうに使っていくか。

これによって無限の発展の方向性が出てくるわけです。

ユーザーコンテンツの蓄積によって発展していく。

他サイトとのリソースの共有で発展していく。

そこに可能性を見いだしていくのがWeb2.0時代のサイトのあり方です。

要は、今の私たちがどん詰まりなら、はてなもどん詰まり。

今の私たちが創意に溢れているならば、

はてなももっと面白くなってくると。

そういうことではないかと思います。

与えられた箱の中で決まり切ったことしか出来ないサイトなら、

私は興味を持ちません。


[16]はてなは世間一般を相手にしているのではなくて I11

はてなは世間一般を相手にしているのではなくて、個人を相手にしているのだと思います。

はてなはYahoo!みたいに「一般人」を相手にする必要はない。そういうのはYahoo!にまかせておけばいい。はてなは個人のために奉仕すればよい。そうは思いませんか?


[17]この質問で語られているような il-mare

はてなは特殊な場所である、と言うような感覚は多かれ少なかれ外側にいる人たちからは感じられるのでしょうね。

あえてどのサービス、と限定せず軽くブログを書くつもりでダイアリーを使い始めたりとかすればそれほど難しくも特殊でもないところだとわかってもらえると思ってもらえるような気がするんですけれどね。

好きなサイトの更新を確認するためにアンテナとかから始めてもいいでしょうし。

初心者というかあまりネットの知識のない人たちにはいくつも新しいサービスがあったりするはてなはネットジャンキーとまでは行かなくてもネットが好きなコアなファンに支えられている先端サービス会社みたいなイメージがあるんでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ