人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

家庭や美容院から下水に流される、合成界面活性剤は、下水処理場で完全に解毒されているのでしょうか。

●質問者: m-mayumi
●カテゴリ:生活
✍キーワード:下水 下水処理場 美容院
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● tachibana26
●23ポイント

完全には除去されず、10%程度残っていると聞きました。

http://www.newswatch.co.jp/theme/QTRS/sampledata/JS0398.html

◎質問者からの返答

下水処理場で最後は塩素で解毒しているそうです。 シャンプーと塩素でダイオキシンが発生すると聞いていますが、ちょっと記憶が定かではありません。 日本人のダイオキシン汚染は魚介類だそうです。食物連鎖で結局自分にツケが回ってくるんですね。

有難うございました。


2 ● tamo2_xvi
●23ポイント

http://members.jcom.home.ne.jp/hair-manish/kaimen.htm

微生物では分解できないようです。

そればかりか微生物を死滅させて全体の下水処理能力を低下させてしまうそうです。


3 ● aiaina
●22ポイント

http://www.asahi-net.or.jp/~zw2y-mtn/hyakka/tpsystem.htm

水道水は飲料用としても使用されるため極力綺麗にに浄化しないと使用できません

そのため浄水場にとりこまれる水は河川では汚染の少ない上流域(山間部)からが一般的ですので浄水場はたいてい河川の上流域にあります

またもっと山深く所では、地下水など湧き水をタンクにためてそのまま消毒後配水している地区もあります

都会など河川の上流域から遠く、できない地区は中流域より浄水場に取り込んでいる場合は一般的な処理では臭いや不純物が完全に取り除けないので高度処理(オゾン処理)といって一般的な処理の後に行われています

◎質問者からの返答

飲み水というより、下水から海に流される合成界面活性剤について知りたいのですが。

参考の下水処理のしくみはシンプルで見易かったです。有難うございました。


4 ● hkrhr1
●22ポイント

現在使用されている洗剤の大半は、高級アルコール系です。

http://www.live-science.com/bekkan/intro/history.html

昔使用されていたABS系(=アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)は、人体への浸透性が高くまた、強酸性のため猛毒でした。

現在使われている高級アルコール系は毒性が低いものです。

http://www.m-kagaku.co.jp/business/library/k-020.htm


ABSと比べ、水に溶けにくく、浄水場でのろ過・沈殿槽でほぼ完全に除去されています。


なお、高級アルコール系洗剤は「塩素で解毒」は出来ません!!。

かえって毒性の強いアルキル次亜塩素酸になりやっかいです。塩素による殺菌工程のはるか手前のろ過・沈殿工程で取り除いておく必要があるのです。

◎質問者からの返答

なるほど。洗剤の成分についてもう少し勉強しよかと思います。

有難うございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ