人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

例えば料理を作っているときなど、火にかけている間は何もなかったのに火を止めた途端にボワッと水蒸気が上がります。
これはどういう理由で起こる現象なのでしょうか。

温まって水蒸気が上がるなら、火にかけている間の方が水蒸気は多くなるのではないかと思うのですが、現実にはそうなりません。

今ひとつ説明しづらく、小学生みたいな文章ですいません。

●質問者: harrypotter
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:ひとつ 小学生 料理 現実
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●40ポイント ベストアンサー

http://www.bioweather.net/column/weather/contents/mame010.htm

水蒸気は、温度が高いと白く見えないんです。

ヤカンの口から吹き出す湯気は口のすぐそばでは白く見えない、

というのと同じですね。

少し冷やされて水蒸気が水滴の細かい粒になってくると、

そこではじめて光の乱反射が起こって白い湯気に見えるようになります。

◎質問者からの返答

なるほど、大変分かりやすい説明ありがとうございます。


2 ● ootatmt
●20ポイント

例えばなべを火にかけていて沸騰している場合、水は水蒸気となっていきますね。

この水蒸気というのは気体で目には見えません。


火を止めたときに見える白いもわっとしたものは、水蒸気が冷やされて小さな水滴になったものです(空にある雲と同じです)。

この小さな水滴が光の散乱により白い雲のように見えます。


コンロの火をつけているときは、水蒸気は冷やされて水滴になることなく、水蒸気のまま(目に見えないまま)拡散していきます。

なべを火にかけているときは、なべの周りにコンロの火の熱い空気が上がってきますよね。

この熱で水蒸気は水蒸気のままなんです。それで目に見えないんです。


火を止めると、この熱がなくなって、大量に発生している水蒸気が冷やされて水滴になり、白いもやのように見えるわけです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございました。


3 ● 潮澤 昴
●15ポイント
◎質問者からの返答

回答ありがとうございました。


4 ● hkrhr1
●30ポイント

水蒸気とは水の気体の事で無色透明で、人間の目からは見えません。

お湯を沸かしたときに見える白い霧のようなもの、すなわち、「湯気」は、気体の水蒸気が冷やされ、水の小さな粒になったものです。本質的には、霧や雲と同じです。

熱い時 → 冷えてくると

水蒸気 → 湯気

無色透明 → 白い霧状

「火を止めた途端にボワッと」湯気がでるのは、それまで下からの加熱ガスによってなべの上も高温に暖められていたため気体で無色透明の水蒸気のままであったものが、ガスを止めたため急になべの上の温度が下がり、その結果水蒸気が冷やされ「湯気」になっていくためです。

◎質問者からの返答

とても分かりやすい回答ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ