人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

娘が去年の9月からスイスのTASISという学校にいっています。このまま高校もその学校に、通わせたほうが良いか、日本の高校に、いかせたほうが良いか迷っています。大学進学、就職の事も合わせてどうしたらよいでしょうか?またその学校の詳細をご存知なら教えてください。娘の話、留学コンサルタントの説明だけでわ不安です。

●質問者: no11732050
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:コンサルタント スイス 不安 大学 学校
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina
●0ポイント

帰国子女の採用をおこなっている会社もあるようです

大手企業や外資系企業は通年採用で帰国子女を受け付けていたりもします。

ご参考に・・・

http://q.hatena.ne.jp/1149407525ダミーです


2 ● sami624
●0ポイント

http://members.jcom.home.ne.jp/goykovich/iroiro/trip/20031009.ht...

1.最終的に人生を判断するのは本人であり、親は生活面のサポートをするというのが、理想的な社会教育でしょう。

2.また、日本の詰め込み式教育と異なり、外国の教育は問題解決型教育が主体であるため、今後の人生を歩んでいく上では非常に好ましいといえます。

3.でっ、一番問題になるのが治安でしょう。特に年頃の女性ですから。

4.北欧は物価水準が高く、生活面では多少金銭的に不自由を感じるものの、その分治安は日本同様によく、安心して生活をすることができます。

5.言葉が通じない社会、習慣が異なる社会、このような環境に直面することで、問題解決手段を自分で確立する必要性が発生します。

6.実社会において8割以上の人間に欠落しているのが、問題解決力であり、そのような人間は得てして指示待ち俗にしかなりえないのです。

7.問題解決力を養うには、治安もよく清潔であり、いいところといえるでしょう。大切なことは、本人の人格を尊重することと、問題解決力を養う場を提供することです。


3 ● kitata1
●100ポイント

TASISでの生活は、寮生活になります。一部屋に3?4人の学生が共同生活をし、子供たちは時間割通りの生活を月曜日から金曜日まで繰り返します。(下記ご参照) この毎日の共同生活の中で子供たちは、人間関係を作り上げること、時間を守ること、自主性を持つこと、規則を守ること、そして助け合うことなどを、自然と身に付けていきます。毎年このサマースクールには、約25カ国から50人の子供たちが集まります。言いかえれば、25種類の異なった文化が共存する「小さな地球」が学校内に存在することになります。文化も国籍も違う子供たちが、3週間寝食を共にするのですから、子供たちだけでなく、先生も大変です。毎年、到着して最初の1週間は子供たちがホームシックになり、夜中に泣きながら先生やスタッフの部屋に来ます。今までお父さん・お母さんがいつも近くにいてくれたのに、ある日突然、寮生活が始まり、一人になる…ホームシックになるのもうなずけます。もちろん、日本にいるご両親も「すぐにでも声を聞きたい。会いたい。」そういう気持ちでいっぱいでしょう。

TASISでの共通言語は英語です。子供達は、全ての説明や指示を英語で聞き、理解しなければなりません。それは子供達に不安や疎外感を与えるときもあります。しかし、子供達は、そんな状況の中でも、わからないからといって逃げ出すことは出来ません。子供達は必死で考え、他の子供達は何をしているのかを真剣に観察します。今、自分は何をしなければならないのか?を見極め、何とか話を理解しようと、耳の感度を最高に設定し、先生の英語を聞きます。時間がたつにつれ、少しずつ何となく、先生の指示や説明を理解できるようになります。TASISの授業は子供達が関心を持って楽しく学べるものになっています。英語がわからない人は初級レベルに入り、色・物・場所・国の名前や曜日・時間などの簡単や英単語を、絵や写真など使った楽しい授業を受けます。そして、課題や宿題をやり終えた子供達を、先生は心から誉めます。言葉は理解できなくても、自分の書いたものを持ち上げて、笑顔で「Good」や「Excellent」と言ってくれる先生を見れば、今先生が何を伝えようとしているかは、100%理解できます。それは、子供達に喜び・楽しみ・自信を与えてくれる授業なのです。授業以外にも、TASISでは歌の時間・劇の時間(子供達が役者となり、英語で劇の練習をします)・おやつの時間・お昼寝の時間・課外活動の時間など、子供達にとって、常に新しいことにチャレンジする時間が溢れています。

はてな


4 ● bjko
●0ポイント

スイスの場合は日本よりもかなり物価が高いし、娘さんの将来つきたい職業に日本でもつけるのならどこか学校を紹介してあげれば良いんじゃないでしょうか。強制的には少し可愛そうなので何か条件を出してあげてみてはどうでしょうか。

それか、どうしても不安なのなら娘さんに内緒で一回スイスまで行ってみてはどうでしょうか。

http://www.alc.co.jp/sabrd/jh/bbschool/sch/TheAmerican.html


5 ● alondite
●0ポイント

http://www.google.co.jp/

[ダミーです]

自分も帰国子女なので、手前味噌の部分もありますが

ご回答させてください。

高校生くらいの年代だと、多感な時期ということもあり、

留学していてかなり敏感に海外の文化を吸収すると思います。

また、その後の方向性を考慮して、日本国内で純粋なOLをされるのであれば、

学生時代に海外生活が長いほど、「空気があわない」会社が増えることになります。

学歴は海外の学校ということで、日本の大卒とは扱いが違うということですが、

現在は私のつとめている会社もそうですが、そこまで国内外での格差はないと思います。

実際のところ、私も帰国してからは、外国人の仲間や帰国子女の仲間が

非常に多く、やはり外資系勤務です。

どうしても日本(特に地方などのローカルルールが発達したところ)では

かなり温度差を感じておりますし、なかなかそれも修正できませんし(苦笑)

今後、どうしていきたいかを娘さんと話し合って、そのまま継続するか

帰国して日本の高校で「日本人らしく」か、お考えになるといいと思います。

がんばってくださいね!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ