人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

銀行や郵便局の預貯金金利ってどうやって決まるのですか?詳しく教えてください。

●質問者: taitan
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:貯金 郵便局 金利 銀行
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● taka27a
●20ポイント

http://www.morebank.gr.jp/category_b/

参考まで。


2 ● aiaina
●20ポイント

http://www.ykme.com/kinri.html

◆金利の計算方法

金利とは預貯金や・債券の利率やその他金融商品などの利回りのことをいいます。

金利は元金が同じでもその計算方法や期間によって違いが出てきます。

金利の計算方法には単利と複利があります。

単利・・・元金に対してだけ利息をつける計算方法

例えば、100万円に対する利息が年利5%の場合、

1年目 1,000,000円×0.05=50,000円

単利の場合、毎年利息の金額はかわりませんので

2年目以降も50,000円です。

複利・・・元金プラス利息に対して利息をつける計算方法

上記の例の場合、1年目 1,000,000円×0.05=50,000円

2年目は

1,050,000円×0.05=52,000円となります。

計算期間が6ヶ月ごとの場合

2年目の最初の半年は

1,050,000円×0.05×6ヶ月/12ヶ月=26,250円

次の半年は

1,076,250円×0.05×0.05×6ヶ月/12ヶ月=26,906円

合計 53,156円となります。

複利の場合は、計算期間が短い方が有利です。

結論は、利率同じであれば複利の期間が短い方が有利です。

ただ、複利のほうが利率が低い場合は、上記のような計算をしてみて

お得な方を選ぶと良いでしょう。

また、金利の計算には固定金利と変動金利にも注意が

必要です。

固定金利とは期間中の金利は固定となります。

一方、変動金利は一定の期間ごとに金利を見直します。

変動金利ですと将来金利が上がれば利息も上がり、

逆に金利が下がれば利息も下がります。

利息が上がると予想される場合なら固定金利を、

下がりそうなら変動金利を選ぶのが有利といえるでしょう。

(支払いの場合は、逆になります)


3 ● sami624
●20ポイント

http://www.boj.or.jp/theme/seisaku/index.htm

1.銀行と郵便局では金利決定スキームが全く異なります。

2.銀行は資金調達(預金等)と資金運用(融資・有価証券投資・日銀当座等)のバランス状態を把握し、調達が運用を下回っていれば預金金利を上げ、逆の場合は下げます。

3.でっ、融資には期間があるため、当該期間と預金の期間が一致する必要がありますから、期間別の運用・調達バランスを把握し、2と同様の考えで預金金利を決定します。

4.具体的な水準ですが、人件費・経費(固定費+変動費)を差し引いたネット損益を一定水準以上になるよう金利水準を決定します。

5.その他、競合他行の水準を勘案した上で、大口定期預金等個別対応預金については、取引先の状況等も勘案した上で決定されます。


1.郵貯の場合は、基本的に郵政公社の判断により決定され、現行は資金の運用対象である国債等の金利水準を指標として決定されています。


4 ● yoneaki_3535
●20ポイント

http://www.boj.or.jp/type/stat/boj_stat/discount.htm

公定歩合によって


5 ● takumayuji
●20ポイント

日銀の金利できまります!

http://www.boj.or.jp/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ