人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

受注型建設業として生き残るのであれば社員の8割をライン(現場)につけろ、と指導されたことがあります。(20人の会社なら本社に4人、現場員16名)
これは正しいとおもうのですが、それでは企画型の建設会社の場合はこの比率はどうなるのでしょうか? 設計部門とかがあったとしても半々にはならないとおもうのですが、どうでしょうか。

●質問者: Sprint
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:どうでしょう 会社 建設 建設業 本社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ryufeb6
●35ポイント

質問の趣旨から多少外れるかもしれませんが、多分第一に営業マン比率を高くし、設計、工事監督、を少なく、そして管理部門(事務、総務経理等)を極力少なくするとの事だと思いますが、私には、受注型と企画型の違いがよく分かりません。おそらく、受注型というのは、入札、相見積もりによる契約受注、企画型とは、土地活用による提案型のことだと思いますが、人員配置については、会社の受注形態より、"生き残る"という意味であれば利益率の高い建設受注をこだわるべきだと思います。

一般に、建設業では売上高に対する経常利益率が非常に低いですが、各物件ごとで理想的には、原価率70パーセント以上を確保していけば、業界としては優良な部類に尾はいると思います。

しかしながら、利益率30パーセントを確保するには単なる入札・相見積もりでは、到底確保できませんんので。。建設受注の特命を図らねばなりません

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

ありがとうございます。当社は受注専門ですが最近は粗利15%を割りつつあります。それでも施工にこだわりやっていきたいのですが、人員配置の参考になればとおもって質問しました。

でも、原価率70%は無理ですw


2 ● kurukuru-neko
●35ポイント

同じではないかな?

営業・管理・庶務 主業務 = 2:8

企画の仕事の一部として、企画、設計がある

ダミーURL

http://www.yahoo.co.jp

◎質問者からの返答

役員いれると、企画設計があると絶対2割にならならいとおもう?。

20名の会社で2割なら本社に社長・営業積算・総務・工事管理で16名現場に配置できるけど・・・業務のうちにいれるのかなぁ、だとしたら理想だなぁ・・・。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ