人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

某国産自動車ディーラーに勤める者です。
最近サービス(新車購入ではなく修理、点検など)のお客の来場がいまいち伸び悩んでおり、打開策を摸索しております。あなたがこんなことをやってたら休日に車屋さんに足を運んでみようかなと思うようなものは何ですか?また呼び込む為の何かいいアイデアがあったらおしえてください。…が無料!とか無料を売りにするもの以外でお願いします。

例※オイル交換500円 室内清掃1000円 …券プレゼントなど

●質問者: nekodaisuki
●カテゴリ:ビジネス・経営 旅行・地域情報
✍キーワード:あなた いまいち アイデア サービス ディーラー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 29/29件

▽最新の回答へ

[1]旧車の資料&カフェ itabasami

思いついたまま言ってます。


[2]代車サービス spin6536

実現可能かどうかは別にして、「休日に車屋さんに足を運んでみようかなと思」えるサービスは代車のサービスです。

自分の車を修理点検などで預けておいて、その間代車をつかって遊びに行ければ貴重な休みの時間を効率的に使えるかと。いかにも代車然とした車でなければなおうれしいです。


[3]どこかとコラボ(提携) malonie

待ち時間に出されるコーヒー1杯にしても

それがスターバックスの出張サービスだったりしたほうが

薫り高いコーヒー片手により待ち時間が楽しめると思います。


週末は子供連れが多いと思いますので、

任天堂のWI-FIステーションを実験的に借りてみるのはどうでしょう?

待ち時間の退屈さの解消にニンテンドーDSのWI-FI通信があると

子供だけではなく、大人も待ち時間を楽しく過ごせると思います。



・・・って、現実的ではないでしょうか!?


[4]対応力 tomozo117

営業マンの方はものすごく愛想が良いのですが、サービスの人が非常に無愛想で、ちょっとしたトラブルではディーラーに足が向かないという経験がありました。技術屋があまり愛想だけ良くても逆に信頼が薄れますが、客の立場からすると自分の車の状態やトラブル原因を丁寧に説明して欲しいですし、車の話題で語り合いたいという人もいるはずです。何よりサービスフロントの人柄に尽きると思うのですが・・・。


[5]売り場を変える il-mare

最近、某ディーラーのテレビCMなどでもありましたが、単なる販売所ではないスペース作りは必要じゃないでしょうか。

整備点検をやってもらっているあいだに待つスペースで座りにくい小さなイスで一口で飲み終わってしまうような小さなカップでお茶やインスタントコーヒー。これで数十分から何時間も待つのはお客様からしてみれば退屈で仕方がありません。

カフェとは言わないまでもある程度自由に飲み物が飲める(ファミレスのフリードリンクに近い)とか待ち時間がある作業をしなくてはならない車をお持ちのお客様にはある程度仕切りがあって周りを気にせずゆったり座って待っていられる場所の提供。

まず日曜日などに軽い気持ちで来てもらえるような場所作りは必要な気がします。そこでの対応がよければその次の販売、修理、などにも繋がっていきそうに思います。

正直、車検などは金額的に安く済ませたいお客様はディーラーではなくそういうサービスをしてくれる修理工場へ行かれると思います。ですから高すぎるのも困りますがあえてディーラーに車検を持ち込むお客様は金額とは違う別のものを求めてきているのだと感じます。


[6]オーダーメイドでデザインを入れることができるサービス castle

ワンポイントのイラストだったり、スタイリッシュなカラーリングだったり。

デコトラを乗用車でささやかにやる楽しみみたいな感じでしょうか。

世界でたった一台のマイカー、みたいな。


[7]>6 追加:広告デザインを入れられるとか castle

広告会社とタイアップして、

ある会社のロゴだったり宣伝のデザインを車につけることで走行距離に比例して広告収入が入るサービスを展開するとかいうアイデアはどうでしょうね。

ブログのアフェリエイトを自動車でやれるような感覚ですけど。

……なんだか妄想爆裂(汗)


[8]ディーラー独自でコミュニティーを作る bevitore

例えば、「日産のZクラブ」、「トヨタレクサスのコミュニティ」みたいに、そちらの働いてるメーカーの、扱ってる車種で、それぞれ独自のコミュニティーを作り、定期的に会を設ける。その会の中ででた話をそちらのディーラーで安く受け付けるとかすると、面白いかも。

そのような会を設ける事で、普段見ることのできない、お客様のレアな情報が得られたり、また、お客さんの方も伸ばし伸ばしになってる点検や整備なども定期的にしにきたりするんじゃないかな。


[9]待ち時間が楽しく過ごせるような提案やサービスをする。 nano327

車のメンテナンス関係で一番苦痛なのは待っている間の時間です。

作業にかかる料金は安価に限りますけれど、いくら安価でも、長い待ち時間で何もやることがないととても辛いです。

ディーラーにおいてある本は車関係のものばかりで、車が好きな男の人には楽しいかもしれませんが、車にものすごく無頓着な女の私にはとてもつまらないです。

だから、私のような人が何か作業を頼む時の店選びは、近所に大型の本屋やショッピングモールがあるところをではないかと思います。

大体の作業時間を聞いていれば、よそにいって時間をつぶせますから。

ですので、その待ち時間が苦痛にならないような提案やサービスをしてくれると嬉しいです。

(何かまでは具体的におもいつきませんでした、すいません)


「カー用品店の方が安いのでユーザーは選ぶかも」とディーラーの人は思うかもしれませんが、独身の頃、私はディーラーオンリーでした。

先にも書きました通り、車にものすごく無頓着なので、カー用品店ってなんだか行きにくいんですよね。

来ている客自体が「車好きです」って感じの車に乗っていたり、雰囲気をかもし出していてとても近寄りがたのです。

それにくさいし。(車用の芳香剤臭くて嫌なんですよ、とっても)


先に書いたような「待ち時間がつぶせる」訳ではなかったのですが、私はディーラーは2?3ヶ月に1度行っていました。

友達に紹介された担当営業の人がとても良い人で、その人から車を3台購入しましたし、別の友達や家族を何人か紹介して成約にもなりました。

6ヶ月点検の頃、送られてくる葉書に「○○さん(友達の名前)と一緒に遊びがてら点検に来てくださるのを待ってます」と一言書いてあるので、いつもどちらかが点検の時期でなくても友達と一緒に行って、担当さんがお暇だったら相手してもらって、忙しそうだったら点検に出していない方の車でファミレス行って過ごしていましたね。

点検が終わるとピットの人が直接点検結果を報告してくれるんですけど、たまに「前回見たときはバンパーにキズなかったですよね。どうしたんですか?」とか言われました。

本当に覚えてるのかどうかは分からないけれど、言われるとなんとなく嬉しくて、「今度持ってくるから見てもらえますか?」とお願いしてしまいました。

正直、サービスとかよりも、いかに担当の人が覚えてくれているかとか、気に掛けてくれているかの方が「また行こう」という気持ちになれますし、それがディーラーの売りだと思います。

売った後に、点検の時期だけそれが目的と分かるコンタクトをとられても、嫌ですけどね。

いつも行くんでディーラーの事務員さんは私がコーヒーは飲まないのを覚えてくれて紅茶を必ず入れてくれたのですが、こういうのもなんとなく嬉しいです。

結婚して遠くに住むようになっても、すごくこのディーラーは好きだったので2時間かけて見てもらいにいってました。

ディーラーさんには自宅近くのディーラーでも同じサービスが受けられるからと何度も気遣われたのですけれど、やっぱりここだと思って1年くらいは行ってました。

でも、営業担当さんが退社して、元々伴侶が車好きで自分で車を改造したり自分でオイル交換するような人なので、すっかり任せています。

今はめっきり行かなくなってしまいました。


[10]洗車スペースを提供する ala

以前私が所有していた車を購入したディーラーにはユーザーの為に洗車スペースを開放していました。しかも屋内で。

これは非常に助かりました。夏の炎天下に洗車するのも大変だったしコイン洗車場はいっぱいだった事も多かったので、良く利用させていただきました。そのディーラーではちょっとした洗車道具も貸してくれましたけど自分で持ち込んでました。

これもきちんとした物を用意してくれたり。その場で購入できると助かります。有って助かったのは高圧洗浄器とエアーブロアです。

場合によってはサービスマンがお客さんに洗車方法のアドバイスをするとかも良いかもしれませんね。そうすればメンテナンスも色々依頼が有るかも知れませんし、簡単な点検(オイルやタイヤ空気圧等)もチェックしたり出来てユーザーも安全に走れると思いますよ。


[11]ジュース飲み放題、アイス食べ放題 akira-a

ジュース飲み放題、アイス食べ放題のディーラーさんだったら

毎週でも行きたくなります。

あと、子供を遊ばせておけるスペースがあること。

雑誌類が豊富な事。

車購入目当ての客でなくても、いやな顔をせず、車の事を

聞かれたら丁寧に教えてくれる事。

こんなディーラーさんがあったらいいのに・・・。


[12]まめな営業じゃないの sisisi444

「新しく○○様の担当になりました××と申します。」

って前の担当の顔すら見たことネーヨ。

点検頼みたいけど今の担当誰だっけかな?

お約束の案内通知だけではダメでしょ。自ら足を運ぶなり、電話で様子を伺うとか、そういった基本的なことをマメにするだけで、お客さんは利用してくれるはず。

だっていちいち自分から、「点検お願いしたいのですが、、、」って面倒ですもん。


[13]来場してもらえばいいのか、サービスを買ってもらいたいのか? chipmunk1984

前者なら、なんか無料券とか出せば人は集まりますよね。後は、来てもらったお客様に後からしつこくしないことじゃないですか?無料券目当てで行ってしつこくセールスマンから電話あったりすると引いちゃいますよね。その辺の「しつこくない」度合いって難しいですが。

後者なら、ディーラーのサービスは安心感はあってもカー用品店や独立の整備場に比べると高いので少しでも安くするしかないと思います。クルマの購入時にサービスパスポートみたいに3?7年分のサービス代を一気に払う方法も検討してみてはいかがでしょうか?


[14]クレームに100%応えるサービスの提供 alpha-lynx

私は洗車の時くらいしか車をみないので、alaさんの意見は非常に魅力的です。プロの道具を使えるのは魅力ありますよね。

しかし基本的には車を買ったところでお付き合いしたい、と思うのが人情だと思いますが、私は買ったディーラーの所へ行くのが不愉快でしょうが有りません。それは購入後の対応の悪さに辟易したからです。

その営業所は客が入ってきても「いらっしゃいませ」の声が聞こえず、態度が悪いという評判が立っているようです。担当の営業曰く、他のお客さんにも「お前の所は態度が悪い」という指摘を受けているそうです。

来店しても不愉快な気分にされる事が多いので、今では他の自動車屋に修理等のサービスを依頼しています。

お金を使うのに、不愉快にされるなら、そんな所へ行きたくないですよね。いくら景品配ったりとかされても、不愉快にされるなら誰も行かないのではないでしょうか?

結局ヒトとヒトとの問題になるので、どれだけユーザーに信頼してもらえるか、ユーザーからすれば車のプロとしてどれだけ安全性を高めてくれるかが求められていることではないでしょうか?

目先のサービスより、気持ちの良い付き合いが出来るディーラーを目指されてはいかが?

そこで顧客満足度の向上策として、クレームに100%応えるサービスの提供というのは如何ですか?

100%が無理な場合は、応えられない部分に対して値引きを提供することで対応可能だと思います。

このサービスを受けられるのはそちらで新車購入した場合に限る、などの条件付けをしてもいいと思います。

恐らくこんな事は出来るわけない、と反対されるかもしれません。手間が掛かってその分赤字になるというような事もいわれるでしょう。

しかしユーザーは常に安全に関して100%を求めていますし、法律的にも縛りがある部分がありますので、声高らかに100%お答えします、と宣言した方がイメージ的にもいいですし、そういう努力をする会社なんだという見方が広まれば、一石二鳥にも三鳥にもなるのではないでしょうか。

少なくともクレームに対して真摯な姿勢を貫けば、よっぽどのことがない限り、人間的な関係が出来る事は確実です。


[15]おまけサービス kaede34skyline

室内消臭とかガラコ(各500円)を休日にされる方には、来店プレゼントとして、「日常点検・タイヤの空気圧調整・バッテリー診断・ブレーキ調整」をサービスとして行う。




それか、待ち時間にドリンク飲み放題(セルフ)のサービスをしてはいかがでしょう??待ち時間が1時間とかなのに、コーヒー1杯だけだった時はちょっと残念でした。待合室ってエアコンが効いててけっこー喉が渇きやすいんですよ。



レギュラーメニューに+αのサービスがあれば、少なくとも私は月に1回は行きますね。


[16]カスタマイズ heloween

正規のディーラー会社でオールペンなどのカスタマイズサービスを始めたらどうですか?店内にパソコンを設置して来客した人に自由に使ってもらって、そのデザインを実際に作ってみるとか☆暇潰しに来る客もいるだろうし、こんな色にしたらとかこんなデザインにしたら・・・って、やっぱ自分の愛車を世界に一台にしたいって願望持ってるだろうからみんなパソコンいじりにくると思う。それで客集めにはなると思いますょ!

車の色を塗り替えたい、デザインを入れたいとか思っている人はたくさんいるし、かといって専門業者に頼むとなると値段も高いしその車の特性などもよくわかってない人に頼むのは不安に思うんじゃないかと思うんで。たとえばあなたの会社がマツダならマツダで契約したお客は相当安くできます!!って広告でバンバンアピールして。これ絶対いけると思うんだけど☆宣伝のキャッチフレーズは「YOUR ONLY ONE」とか(笑

私はまだ学生だし自分の車は持ってないけどマツダの車好きだから、もしもマツダのお店にそんなコーナーがあったらパソコンでいろいろデザイン考えたりしに遊びに行きたいっすね(笑


[17]イベント系。。。 bonngo

芸能人とかライブとか あと どこかのお店や ブランドとのタイアップイベント!! 夏にむけてレゲエダンスイベント!!! すいません 思いついた事ばかり書いちゃいました。。。


[18]オイル交換と定期点検 sami624

定期的に必要とするもので、ディーラーでは割高なものがこの二つ。よって、毎月第2日曜とか日にちを決めて、低額キャンペーンをすればいいでしょう。


[19]逆に出向いては? r2d2r2d2r2d2

ショッピングセンターなど人に集まる所に出向いては?

そこでサービスすれば出向いてもらえるようになるかもしれませんよ

私の近くのイオンショッピングセンターは○ッサンとか色々ディーラーが来ますよ(車の紹介だけですが・・・)


[20]長期休暇にあけること donpei

まずは、GW、お盆休み、正月休みをあけることですね

ゆっくり車でも見ようかと思っても長期休暇はやっていないですからね


[21]実体験ですが lkj

やっぱり「精神誠意」でしょう。

私は先日まで軽自動車を乗っていました。

引っ越して乗っていた軽自動車の調子が悪くなり近くの同じメーカーの販売店(現在は軽自動車も取り扱っている)で見てもらおうとしたら

「うちでは扱ってない。他の店で見てください」と

仕方なく、同じ軽自動車を扱っている販売店では

「他のお客さんがありますので、買ったお店のチェーン店で」と

たらい回し。

で、「買ったお店のチェーン店」での対応なんて、明らかに扱って

無い車種を優先に見て私の車は・・・放置プレイ。

こんな事もあって

「2度と買わないメーカ」認定しました。

今は他社にしました。中古車ですがメンテナンス+わがままも

聞き入れて整備内容も納得いくまで説明して頂き、自分の所が

販売されてなくても客の立場に立ってくれる。

そんな事もあり、先日、新車で軽自動車購入しました。

確かにモノとかサービスで客を釣るのも宜しいと思いますが、

客側立場で目と眼で向き合って話すが基本じゃないでしょうか?

来場が増えても契約に繋がないなら、今までのお客さんに、

もう一度、目を向き合って話してみることが大切かと思います。

もちろん話で例えばオイル交換の話が出ても「安売」ではなく

「適切価格」なら多少高くてもディーラーを選びますし、

車両の調子が悪いなら、普段試乗車で出してる車を代車にすれば

何だかで購買意欲も出るのではないでしょうか?

長々となりましたが御参考になれば幸いです。


[22]>2 最寄り駅への送迎 spin6536

追加させてください。代車のかわりに最寄り駅までの送迎でもいいです。駐禁を気にしたり、駐車場の料金を気にしなくてもいいので便利かなあ、と。


[23]>4 まともにやってれば大丈夫では NAPORIN

女性ユーザーですが、偉そうに語ってすみません。

うちはサービスの人に会えればいろいろ症状をわかってくれるけど、営業の人が一人も席にいない。取り次がれないならしかたない黙って飴だけもらって帰るか?と思うようなディーラさんがありました(笑)電話しないと居ないもんなんですねw

来店を増やしたいということですが、中古車を買って、6ヶ月点検とかは全部すっ飛ばして車検のみで乗ってるタイプのぐうたらユーザーもいますし、ほぼ全員来店するのはリコールくらいですから、とにかく客が足を運べばいいってもんでもないのでは。

免許を持っている人でも、車や交通法規に一切、なんの興味もなく、掃除機みたいに動けばいい、止まれば捨てるだけ、という感じで、廃車寸前の中古車を使い捨てにするユーザーはたくさんいますし、それで成り立ってるともいえます。

で、それでも正規店として来客を増やしたいのであれば、お店でのケアの必要なことがわかってないユーザーが迷わないように、必要なリード情報の発信をしつづけることだけは、怠ってはいけないと思います。たとえば法律改正なども本当になかなか伝わらないと思います。無料講習会とかしては?今度の駐車違反騒ぎでペーパードライバーに駐車違反ってどうだっけとかを復習させたりとか、小学生ご入学用に模擬横断歩道とかつくって横断のしかたを教えついでに修理ご予約うけつけとか・・

そういうことがなくてもたとえば「町の整備店では???といわれたそうですが、純正店ではこのようにスッカリ直せました」とか

「5ヶ月点検、10万キロごろよくある不具合は低速時のギア騒音!ギアオイル追加一発で直ります。今なら半額」とか、わからない人にもわかりやすい情報がうれしいですね。

まあ、でも新聞もチラシもとってないし正規店にも一度もいかないぐーたらユーザーにはどうしようもないんでしょうけど・・

安かろう悪かろうで無理をするのではなく、自分の引き受ける責任に自分なりの値段をつけられることが正規店のサービスだと思いますので、がんばってください。


[24]近くの街まで連れてって coffeelatte

以前お世話になっていたディーラーさんは、バス停がすぐ前で、そこからバスに乗ればすぐに大きな街に出られるのがとても便利でした。

そもそも、修理などで車を預けてしまうとすることがなくて(だいたい街道沿いにあったりして、車で行くにはべんりだけど、車がないとどうしようもない場所にあったりしません?)、しかも待ち時間が2、3時間と中途半端に長い。

そんなときは、近くの街(駅でも可)まで送ってくれれば、そのまま遊びにいけていいなと思います。ひとしきり遊んできてもどってきたら愛車がバッチリなおっていたら、時間が有効に使えるし、満足度もたかいと思うのですが。


[25]それは、営業の努力が足りないんじゃ ks1106

私もディーラに勤めていましたが、修理点検の入庫になると、セールスの営業活動が大きく関わると思います。ディーラーだったら、定期点検時期にオイル漏れだとか、電気系の不具合などメーカークレームで対応できる事をアピールして入庫促進するのもいいと思います。又定期点検を受けてないと、メーカークレームが効かない場合もありますと言うのもいいかも。 とにかく、営業マンの力が必要不可欠だと思います。営業と言う職業は、遊ぼうと思えば遊べるし、働こうと思えばいくらでも働ける職業だから、年間400台近く売る営業も居れば50台に満たない営業も居る、エンジニアは、平均3時間掛かる仕事を、半分の1時間30分には出来ても、30分では絶対出来ない仕事だから。時間をコントロール出来るのは、営業だと思うし、車検、点検、修理から、次の代替につながるし、又それをしていなければ、代替も紹介も発生しない、営業は販売した時から、始まると思うんだけど。 お客さんと仲良くなるためにこんな事もやりました、ラリーですラリーと言っても競争じゃなくて、出発地点と到着地点を決めて、簡単な地図を用意、信号機を書いて信号→だけで制限 速度を計って、そのタイムに近いチームが優勝というラリーです。迷いそうな地点に社員を配備、景品は、社員のお歳暮などのあまり物で調達。りんご狩り、花見、など到着地点で楽しめるようにしたほうがいいと思います。お弁当代で、一人1000円?2000円ほといただいて、楽しんでもらうと言うイベントです。


[26]来場が目的であれば(お客をちょっとうれしくさせる) kamugaku

ディーラーに行くと、なんじゃかんじゃで結構時間がかかる。また、たいした用事でもないのにその日半日つぶれたって事も。

そこで、来てくれた客に損させない為に往復のガソリン+ディーラーにいた時間を30分単位もしくは1時間単位で1リッタープレゼント。そこから商談等いろんな方向へ広げていってください。(最近はガソリンが高いので、そこを利用してはどうでしょう)


[27]そのディーラー取扱車種専用のカーショップ併設 okanemoti4

カーショップ(オート○ックス)みたいなので、車を購入時に装着して納車して欲しい!ディーラーなら安心して任せられるし、後で整備してもらえなくなるなんて心配もないし。


[28]イベントを開催しない donpei

変にイベントだけ、プレゼントだけの目当てで来る客を排除

特に、そんな時はうるさくてやっていられない


[29]たとえば、ETC装着のメリットやipodが車で聞ける方法などを。。 Yoroshiku123

たとえば、ETC装着のメリットやipodが車で聞ける方法など教えます!、とか今ホットな話題を選んで、それをキャッチコピーにして集められては? 私のところに届いたらいきますよ!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ