人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

idea:615(http://i.hatena.ne.jp/idea/615)とidea:8720(http://i.hatena.ne.jp/idea/8720)ってはてなに放置されてるんですけど、やっぱりはてなでは採用されにくいアイデアですかね。

この2つのアイデアについて、技術的なことでもプラスアルファのアイデアでも何でもいいので、前向きかつ建設的な方向で何か語ってください。

●質問者: saekimakoto
●カテゴリ:インターネット 学習・教育
✍キーワード:idea: はてな アイデア プラスアルファ 建設
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 15/15件

▽最新の回答へ

[1]以下のURLもご参考までに。 saekimakoto

http://q.hatena.ne.jp/1115195992

http://q.hatena.ne.jp/1140536513


[2]>1 質問してからもうすぐ1時間経つ。 saekimakoto

でも回答がつかないってことは、やっぱり実現は難しいのかな…。


[3]ビジネスモデルの提示が必要でしょうね chipmunk1984

結構実装にコストがかかりそうですが、参加者(はてな、コンテンツ作者、他)がそれぞれどこからどのように利益を得るのかビジネスモデルの提示がないと動きようがないと思います。


[4]>3 儲かるかどうかは別として、 saekimakoto

ソーシャル「英語漬け」くらいなら、それ程コストをかけずにできそうな気がするんですけど、やっぱり難しいんでしょうか。


[5]漠然としすぎでは westfish

もっと粒度の小さいものでないと採用のしようがないように思います。


[6]>5 確かにidea:615は漠然としていますよね。 saekimakoto

なのでもっとターゲットを絞ったidea:8720を出しました。


[7]スタッフがやりたくないんでしょう。 dummy2004

メール送ったらいいですよ。

イヤでも回答しなきゃいけないし。

ダイアリで経緯を紹介したらいいと思います。

こんな私でもメールを送れば丁寧な御回答をいただけますから。


[8]参加者のインセンティブ coffeelatte

がよくわからないので、そのあたりが明確になればいいかと。

「コンテンツで遊ぶ」のはだれでもするけど、「コンテンツを作る」となるとちょっと敷居が高いと思います。「問題作りがたのしい」→参加者がたくさん見込める!と思える仕掛け(か雰囲気)作りが必要ではないかな。


[9]>7 メールは考えていませんでした。 saekimakoto

でもなんかメールまで送ったらあつかましい感じがするので気がひけます。


[10]>8 作る喜び・賞賛・収入 saekimakoto

>「コンテンツで遊ぶ」のはだれでもするけど、「コンテンツを作る」となるとちょっと敷居が高いと思います。

確かにダイアリーを気軽に書くのとは違って、eラーニングコンテンツのようなモノを作るというのは敷居が高いですね。

ただ、世の中には他人に教えるだけの技能をもっていながら、その力を発揮していない方はかなり大勢いると思います。

例えばもともと仕事や学業で能力があったのに結婚や出産で退職してしまった主婦とか。

そのような方たちが能力を発揮できて、良いeラーニングコンテンツが作成出来たとき、利用者からの賞賛や収入という対価が得られれば素敵かなと思いました。


[11]>10 賞賛→称賛です。 saekimakoto

すいません、IMEに

。賞賛→物を与えてほめる。

。称賛→言葉でほめる。

とあったのでこの場合称賛の方が正しいです。


[12]>9 そこまでおっしゃるなら、しょうがありませんが。。。 dummy2004

もうすでに1年以上放置されているわけです。

その間にリニューアルもありました。少なくともリニューアル時の検討には

載らなかったことは確実で、運営サイドは「リニューアル前のアイデアでも

有益な情報として残しておきたい」という意向があるようです。

はてなアイデアを依然として本サービスとして実施しない運営サイドの腹は

かなりダークだと思いますが、泣き寝入りするかしないかは、ユーザの考え

ですもんね。

そのうち、どこか他のところでこのアイデアを参考にしたサービスが登場す

るかもしれませんね。


[13]>12 他のところで saekimakoto

>そのうち、どこか他のところでこのアイデアを参考にしたサービ

>スが登場するかもしれませんね。

そうですね。それに期待しましょう。

ありがとうございました。


[14]>10 アイデアは素晴らしいと思いますが維持できないのでは gakuyo

横から失礼します。

また、前向きでないかもしれない点、ご容赦ください。

アイデア(http://q.hatena.ne.jp/1115195992)も読ませて頂きました。そこで、

>大手の塾や予備校などと提携し、中学/高校/大学受験用や

>資格受験用の教材の見本となるような教材をあらかじめ作成しておく。

というアイデアがあがっていましたが、これについて。

現在、予備校や出版社が、問題集や模試、添削教材などを開発して売っています。私は、そうした問題の作成の仕事をかなり請け負ってきた(請け負っている)のですが、その立場から、状況を少し紹介します。

私の場合、大学入試レベル(理科)の問題を1題作成するのに(大学入試の理科では3?4題というのが通例ですが、その1題分と考えてください)、数時間から数日かかります(問題のレベルによりますが)。基本的なレベルならば、実際の執筆時間だけなのですが、高難度の問題ですと、資料を調べたり、いろいろ手間がかかるのです。

しかも、「教育」のユーザーは品質に厳しく、問題のミス、解答のミスを、ほとんど許してくれませんので、その点も気を使うことになり、複数人でのクロスチェックなど、作業時間は全体として数ヶ月になるのが普通です(たとえば、5題で1セット×6セットという問題集を1冊つくるのに、半年以上かかります)。

したがって、企画・執筆の割り振り・取りまとめ・校正作業の管理・クレーム対処などを担当する編集サイドは大変そうです。

収入という点について言えば、問題作成料(多くは校正作業も込みで)は、1問で数万円(ただし、買取りです)。時給に換算すると、良ければ1万近いですが、手間がかかると数百円になることもあります。

この作成料に加えて、編集者(クレーム処理などもするとして)の収入を考えると、かなりの利用者がないとペイしないのですが、それが難しいようです。問題集の場合でいうと、数年で元を取る感じだそうです。

また、実際に、ネットでの教材提供にチャレンジしたところも知っています(少し関わりました)が、1人がダウンロードして、みんなで使うという形が容易なので、ペイしないようです。

また、高付加価値ということで、メールでの質問に答えるというサービスをつけたところも知っていますが、ここは人材確保が大変らしいです。


[15]>4 ビジネスモデルがつくれないような gakuyo

別のツリーに問題作成者サイドの視点から書きましたが、ビジネスモデルとして、考えてみました。

運営サイドが支払うコストとしては、

維持管理の費用

問題作成者への支払い

質問への解答者への支払い

クレームその他への対処の費用

添削する場合は添削者への支払い

一方、収入としては、

利用者の問題使用料

質問(有料にすれば)利用料

添削(有料にすれば)利用料

という感じですね。

で、大学入試用の問題集(大きな問題が100題)をイメージした場合、1題1万円でも、問題作成料だけで100万くらいですか。

1題を1回ダウンロードして解くのに、50円とすると、1題が200回ダウンロードされると、作成料がペイします。ただし、ダウンロードだけで利用者がいるとは思えません。ダウンロードだけだと、問題集を買うのと同じですが、50円×100題=5000円になってしまい、出版物(おそらく1000円以内で売られるはず)に対抗できません。

そこで、双方向性を生かして、質問や採点・添削をつける。これを無料にすると、1題50円を、作成者と質問回答者、採点・添削者で分けることになりますが、1題25円で採点・添削をしてくれる人がいるかどうか……。別料金にしても、1題の添削に100円は取れないでしょう。

残念ながら、問題作成料や添削料が安ければ、優秀な人は参加してくれないでしょうし、利用料金が高ければ、利用者が増えない。また、問題が更新されていかない(作成料を節約するとそうなりますが)と、イメージが悪い。というわけで、ジレンマですね。

それと、高名な方の名を利用するというアイデアが別のところで出ていましたが、某大手予備校から別の大手予備校に引き抜かれた有名講師の場合、時給は数万円だそうです。

ビデオ教材などが予備校の校舎や高校で視聴できるようになっていますし、ネットで独自に対抗するのは楽ではないでしょう(予備校が外部での仕事を制限していますから)。

現状では、ネットの良さと言うのはボランタリーのような気がします。個人的には次のサイトが好きです。

http://www.apricotweb.com/bbschat/joycha_j.htm

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ