人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

真剣にお願いします!
私には障害を持つ子供があります!
ダウン症です!
染色体異常です!
現代医学では治せません!
現在二才ですがまだ歩く事もままなりません!
話もままなりません!
本来あるべき姿にしてあげたいです!
右手親指も最初は二本ありました!
私にはもうはてなサンしか頼る所がありません!
何とか治りませんか?
是非ともお願い致します!

●質問者: ni-papaltuti
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:はてな ダウン症 医学 右手 子供
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/32件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●14ポイント

http://www16.ocn.ne.jp/~jds2004/

これは非常にデリケートな問題ですから、

他人に何が分かるかと一喝されてしまうかもしれません。

でも、敢えて書かせていただきます。

ご存じのように、ダウン症というのは、

染色体が通常より1本多いことに起因する先天性の症候群です。

ここで問題となるのは、まず先天性のものであるということ。

そして、現れる障害が単一ではなく「症候群」という形であることです。

先天性であるということは、これはもう、

敢えて誤解を恐れずに申し上げさせていただくならば、

「個性」なんだ、ということですよね。

以前、永六輔が、私の顎の長いのも障害です、

と発言して大きな批判を受けたことがありましたが、

人は皆、何らかの染色体の異常を持ちながら生まれてきているんです。

染色体の全てに親から受け継いだものがそのまま反映される、

なんていうことはないんです。

どこかに、何かのコピーのミスが必ず存在してしまうんです。

だから、親子でありながら、完全に同じにはならない。

そこに個性があり、人の素晴らしさもあるわけです。

ダウン症は、たしかにその個性が強く出すぎます。

そしてそれが運動機能や知的発達の遅れであったり、

心疾患であったりといった部分に出やすいので、

大変なご苦労もなさることと思います。

でも、本当にこれは、誤解を恐れず申し上げるならば、

個性の一環なんだということなんです。

程度の違いこそあれ、永六輔の顎が長いのと同じです。

過去においては、特にダウン症に特有の心疾患などは

極めて深刻なものでした。

でもこれは、近年の医学の発達により、

十分日常生活に差し支えのないレベルまで

回復、改善が可能になってきています。

また、成長における発達段階の問題についても、

たしかにダウン症のお子さんは他の子どもに比べて遅れが目立ちますが、

それは成長していない、発達していないということではないんですよね。

ちゃんと、しっかり発達しているんです。

ゆっくりではありますが、一歩一歩、確実に成長していくんです。

そのことに確信を持って、他のお子さんとの比較ではなく、

そのお子さん自身の一年前と今、一ヶ月前と今といった比較で、

その発達の度合いを見ていくことが大切なんです。

他のお子さんと比べると、その進み具合の遅さから、

「まだ歩けない」「まだ話せない」と

「まだ」の連続になってしまうかもしれません。

でも、そうじゃないんです。

必ず、確実に発達していきます。

そうして迎えていく日々の成長こそが、

その子にとっての「本来の姿」であると。

そう考えていくことが大切ではないかと思います。

私は、地域の子どもと関わる活動に参加していますので、

色んな子供たちと触れ合っていく機会に恵まれます。

その中には当然ダウン症の子供もいます。

生まれる子ども千人のうち一人はダウン症という統計もありますから、

子どもと関わる活動をしていれば、出会わない方が不思議なわけです。

で、ダウン症の子どもはそうでない子どもと何か違いがあるかというと、

その違いは、ほんとに単なる個性の違いでしかないんですよね。

ダウン症の子とそうでない子との違いは、

男の子と女の子といった違いよりもずっと小さいんです。

親の愛情をたっぷり受けた子どもは、

どんな子どもでも明るくやさしい、素晴らしい子供たちです。

ダウン症だからといって、そこに違いは全くありません。

子どもは皆、一人一人、うまれながらに持つ本来の姿を、

親の愛情によって大きく花開かせていくことができるんです。

むしろ、他のお子さんとの比較で、あの子がこうだからうちの子も、

とやっていったら、どんな子どもでも可哀想なことになってきますよね。

個性と違う無理を強いられたら、子どもはとっても可哀想なんです。

「本来の姿」、人本来の健康の維持については、

最も深刻な心疾患をはじめとして、多くの疾患について、

現在は有効な対処方法が確立されつつあります。

発達段階の問題についても、これは確実に発達していくことが

明らかになっています。

必要があれば、全国各地にダウン症の子を持つ親の会がありますから、

そうしたところを利用しながら、様々な情報を得ていったり、

相談に乗ってもらったりしていくことも可能です。

お子さん、まだ2歳じゃないですか。

これからいくらでも「本来の姿」を輝かせていける、

無限の可能性を持った未来が待っているんです。

どうか、他のお子さんとの比較で、本来の姿じゃない、

なんて考えないでください。

それを、強く申し上げさせていただきたいと思うのです。

なお、多指症については、これは全く問題ありません。

かの豊臣秀吉も6本指で、前田利家の晩年の回顧録「国祖遺言」の中に、

「太閤様は、右手の親指一つ多く六つ御座候」といった記述が見られます。

これは日本人には比較的多く見られることですから、

特にダウン症と関連づけて考える必要はないと思います。

以上、これで何の解決になるんだとお叱りを覚悟で書かせていただきました。

ご不快の念を抱かれましたらお詫びします。

でも、お子さんはもう既に、きっと素晴らしい

「本来あるべき姿」を授かっているはずで、

それを輝かせていくのはひとえに親御さんの愛であり、

そしてそれをサポートしていく医学も現代は十分に発達している、

ということに、どうかご理解をいただきたいと思うのです。

この回答にご不快の念を抱かれましたら、

重ね重ねお詫びします。

◎質問者からの返答

なんだか元気が出てきました!

有難うございます!


2 ● marumi
●13ポイント

http://www.nanairo-beans.com/down.htm

http://www.kikumasshi.com/

http://www.nanairo-beans.com/fukushi.htm

家の娘もダウン症ではありませんでしたが、生まれてすぐ、心臓の重い病気でして、その時、病院で友達になったお子さんがダウン症でした。自分の体験ではありませんが、今でもその方と家族ぐるみのお付き合いがありますので、ご参考までにと思い回答させていただきますね。歩行は3歳ぐらいまでには歩けるようにはなると思います。いろいろなサークルに参加したり、家の近くの福祉などに相談すると、いろいろ相談にのってくれますし、福祉のほうで、発達のお教室のような、障害を持った子供の教室などあると思います。

言葉の訓練や家の下の子も通っていましたが、ダウン症のお子さんも沢山来ていましたよ。おかあさんは、前向きに考え方を変えて

この子が将来社会に出て、障害があっても仕事が出来るぐらいまで

にしてあげるという考えでがんばっていかれるといいと思います。

小学校へ上がる時、親が特別学級とかではなく普通の子と同じ教室で勉強させたいと願えば、学校側もそうしてくれると思いますよ。

◎質問者からの返答

元気がでました。有難うございます!


3 ● mikeneko_tika
●14ポイント

参考になれば良いのですが。。。

http://jdsn.ac.affrc.go.jp/follow_up/hasegawa-peri-17-98.html

◎質問者からの返答

参考になりました。有難うございます!


4 ● みもよつ
●14ポイント

http://www16.ocn.ne.jp/~jds2004/

URLは日本ダウン症協会です。

ダウン症の親戚を持つものです。ポイントはいりません。

本来あるべき姿というものを、どのようにni-papaltutiさんはどうお考えでしょうか?

それがわからないので、ちょっと回答も難しいと思います。

よろしければ教えていただければ幸いです。

◎質問者からの返答

JDSは入ってます。

またお願いします!


5 ● nana109
●14ポイント

医者でもないのに生意気ながらのコメント、お許し下さい。

あなた様のように明るくて・・・・・

バイタリティーある方に私は言うこともありません。

もはや脱帽です!

HPも拝見いたしました。

http://www.nhk.or.jp/ningen/

http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/

この際テレビのドキュメンタリー番組のアイドルに打って出ましょう。

そうです!

全国的に・・・!!

目指せアイドル!!!

(乙武さんほどにはヒットしないとは思いますが。。。。。。笑)

障害は個性、こんな当たり前の言葉は今や昔のことです。

お気に障ること、失礼がありましたら、ゴメンナサイ。

◎質問者からの返答

すいません。

乱暴な書き方をしたみたいです。

お詫びします。

またお願いします。


1-5件表示/20件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ