人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アメリカの発毛剤「ロゲイン」の安全性は?

●質問者: taku333
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:アメリカ ゲイン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● happyrescue
●18ポイント

調べてみましたので参考にして下さい。


ロゲイン(ミノキシジル育毛剤)使用上の一般的注意

http://ship2jp.com/1aki/rogaineminoxidil.htm



副作用の心配がない生薬だから安心

http://www.cna.ne.jp/~esper/513.htm



なぜ効果があるのか?ですが、これについてはよくわかっていな部分

もありますが、いくつか報告があります。よく言われている、

血管拡張作用により発毛に効く、ということではないようです。

http://hage-web.net/bald_head05.html



様々な育毛剤が市販されているが、医学的に発毛作用が確認されている

薬品は以下の2種類のみである。

(これら以外の育毛剤は、医学的には発毛作用はないということである)

ミノキシジル(商品名ロゲイン、リアップ) 頭皮にふりかける外用薬である。

もともとは高血圧の治療薬として開発された薬で、血管拡張作用によって発毛を促す。

内服薬である。頭皮における男性ホルモンの作用を...

http://datumou.tegtah.net/wiki/924596D18FC782D682CC91CE8F88.html



髪様倶楽部・脱毛症・掲示板

http://www.3710.co.jp/kako/oldbbs301-350.htm


2 ● TomCat
●17ポイント

http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1112/h1203-1_15.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%B...

ロゲインの有効成分はミノキシジルであり、

これは元々血圧降下剤として開発されたものです。

したがって、高齢者、高血圧、低血圧の症状が見られる人、

心臓、腎臓、肝機能などに障害のある人は使用しない、

あるいは医師の指導のもとに使用するなどの配慮が必要です。

外用薬としてのミノキシジルの副作用は

一般的に接触皮膚炎などの皮膚トラブルであり、

これは局所的な症状ですから、

全身の健康を損なうようなものではありません。

しかし、特に循環器系への副作用は発生頻度としては低いものの、

ロゲインの開発段階で3名、これよりミノキシジルの濃度が低い

市販化されたリアップの使用中に3名(1999年末の時点)が、

薬品との因果関係は不明としながらも

循環器疾患で死亡しているとの報告があるようですから、

ロゲインの使用が原因と思われる

などの症状が現れた場合は速やかに使用を中止し、

医師に診断を仰ぐようにすることが大切です。

一般に外用薬としてのミノキシジルは

そう危険性の高いものではありませんが、

循環器系に副作用が発生した場合は深刻です。


3 ● aiaina
●17ポイント

「ロゲイン」は「接触皮膚炎」(かぶれです。)の報告はかなりあります

ロゲインの副作用に頭皮の炎症などはあるみたいなのですが、説明書の注意書きに手足の浮腫みが出た場合は使用中止して医師に相談して下さいと書いてあるようです

http://q.hatena.ne.jp/1149904525


4 ● zeami
●17ポイント

http://www.nynaturals.com/nynjp/p-rogex.htm

https://www.nynaturals.com/nynjp/rogain_faq.htm

FAQです。


5 ● robekaru06
●17ポイント

http://www.jserv.com/healthshop/rogfaq.htm

参考になれば・


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ