人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

同一条件化で運転している冷凍機関において、コンプレッサオイル循環量が減少すると冷房性能が増加しますが、この時コンプレッサ動力が増加するのは何故ですか。

●質問者: garishi2005
●カテゴリ:コンピュータ 家電・AV機器
✍キーワード:コンプ 冷凍 冷房 機関
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ssys
●35ポイント

質問の内容が理解しきれていないので勝手に判断すると

冷媒とコンプレッサーオイルが冷媒回路の中を一緒に流れています。

従って、コンプレッサーオイルの循環量が減少すれば、(同じ循環量があると仮定して)相対的な冷媒量が増加します。

冷媒の量が増えれば、冷凍能力が増えます。

http://www2.ocn.ne.jp/~kim-cam/eakon-sisutemu.html

http://gardening.s83.xrea.com/top.html

コンプレッサーの動力の話は、過熱度、過熱蒸気の話でしょうか?

それとも、オイル不足による冷凍機の過熱?


2 ● ssys
●35ポイント

問題集の回答ならば、

冷凍能力が上がる → 冷媒(気体)の量が増加 → コンプレッサーで圧縮する気体量が増える → コンプレッサーの稼動量が増える

ですが・・・

http://www.tepco.co.jp/solution/information/words_re-j.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ