人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

松井証券の無期限信用取引ってありますよね。あれってどういう仕組みなんですか?質問の趣旨がじぶんでもよく分かってないんですが、松井証券はどういう仕組みで儲けているんでしょうか?

●質問者: taitan
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:信用取引 松井証券 趣旨
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● ishdig
●20ポイント

あなたを信用して、株購入という特定目的用途のみに使えるお金を貸してくれている、と考えれば分かりやすいと思います。勿論、お金を借りるということは、あなたは利息を払わなければならず、これが松井証券(に限らず証券会社独自に行う信用取引制度)の収益となります。

利率は松井証券のサイトに明記されています。

http://www.matsui.co.jp/generalmargin/

信用で買った株の売却時に、お金を借りていた期間分の日割り利息が自動的に引かれます。

制度信用取引についても基本的には一緒です。

返済期限がある分、利息が多少安いです。


2 ● batti55
●20ポイント

http://f28.aaa.livedoor.jp/~kabu/pukiwiki/pukiwiki.php?%5B%5B%BF...


3 ● siigimaru
●20ポイント

http://www.matsui.co.jp/generalmargin/

http://www.e-gaitame.info/gaikoku/uwaj19.php

はっきり言いまして、信用取引は上手く行けばいいですが、

上手くいかなければ、自分も又その他の投資家もまきこみます。

追証などによる、捨て株状態。上がるはずの株が上がらない等、

自信が無ければ手を出さない事をお勧めします。


4 ● futaroo
●20ポイント

通常の信用取引では、定められた期間(半年)内にその株を処分しなければなりませんが、無期限信用取引では文字通り無期限なので、その株が値上がり(もしくは値下がり)するまでずっと待っておけます。ただし、その間、証券会社に定められた金利や手数料を支払わなければなりません。

信用取引は自分の資産以上の取引が出来てしまうので、はっきりいってしないほうがいいと思います。

http://www.matsui.co.jp/generalmargin/


5 ● aiaina
●20ポイント

制度信用と一般信用

制度信用⇒証券取引所の規則によって決済(弁済)の

期限や品貸料の金額が決められている。

決済までの期間は最長6カ月間。制度信用取引の場合、

証券会社は証券金融会社と貸借取引を行うことができる。

一般信用⇒決済の期限及び逆日歩の金額等を、投資家と

証券会社との間で自由に決定できる信用取引。

一般信用取引の決済のために、証券会社は

証券金融会社と貸借取引を行なうことはできない

期間

反対売買又は現引き・現渡しで決済しなければならない期間が、半年か無期限かの違い。

http://q.hatena.ne.jp/1150158914

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ