人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大学の卒業論文、大学院の修士論文や博士論文を本文まで全て公開しているウェブデータベースサイトがあれば教えてください。
タイトルや要旨のみ公開しているものは沢山あるので本文を全て自由に閲覧できるもののみでお願いします。
また学位論文をデータベース化し、一般公開するビジネスについての情報があれば教えてください。
ビジネスとして利益が出そうになくても、「引用論文のときにトラックバックのような仕組みによって論文と論文が繋がって、ウェブ上でブログやSNSのように整理されていれば便利なんじゃないか」という取り組みがあれば紹介してください。
英語、日本語は問いません。本格的な学術論文ではなく、あくまで学位論文レベルという観点でお願いします。

●質問者: eyevy
●カテゴリ:インターネット 科学・統計資料
✍キーワード:SNS ウェブ サイト タイトル データベース
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● 03
●20ポイント

http://www.kyushu-id.ac.jp/KID/Library/doctor/index.html

http://www.dl.saga-u.ac.jp/z3950/hkshi/search.html

http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/pub/dl/thesis/

http://www.jaist.ac.jp/library/search/thesisdb/index.html

一部のみのものもありますが、上記サイトはすべて本文閲覧可能です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

北陸先端科学技術大学院のものがとても良いですね。

規模の関係もあるでしょうが、探し易く、アクセスが簡単で、一般に広く見てもらうために公開している意図が感じられます。


2 ● mkonomi
●20ポイント

東京大学が平成18年4月1日に

東京大学学術機関リポジトリ(UT Repository)を公開

(東京大学附属図書館・情報基盤センター)

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/



学位論文

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/handle/2261/104


3 ● mkonomi
●20ポイント

国内の機関リポジトリ一覧

http://www.nii.ac.jp/irp/info/list.html

北海道大学: HUSCAP

筑波大学: つくばリポジトリ(Tulips-R)

東京大学: UT Repository

東京学芸大学: 東京学芸大学リポジトリ(試験公開中)

千葉大学: CURATOR

名古屋大学: Nagoya Repository/ 名古屋大学学術ナレッジ・ファクトリー

金沢大学: 金沢大学学術情報リポジトリKURA(Kanazawa University Repository for Academic Resources)

京都大学: 京都大学学術情報リポジトリ (試験公開中)

大阪大学: 大阪大学機関リポジトリ(試行版)

岡山大学: eScholarship@OU-DIR / DSpace@OUDIR

広島大学: 広島大学学術情報リポジトリ (試験公開中)

山口大学: YUNOCA (試験公開中)

九州大学: 九州大学学術情報リポジトリ(QIR)

長崎大学: 長崎大学 学術研究成果リポジトリ (試験公開中)

熊本大学: 熊本大学 学術リポジトリ

慶應義塾大学: KeiO Academic Resource Archive (KOARA)(試験公開中)

早稲田大学: DSpace at Waseda University

◎質問者からの返答

フォーマットを統一してリポジトリがつくられていることに驚きました。

同じフォーマットであれば、慣れてしまえばどこにアクセスしても探しやすく便利ですね。


4 ● mkonomi
●20ポイント

国立情報学研究所が平成18年6月2日に下記テーマについて報道発表

『日本最大の学術電子ジャーナルアーカイブの実現

?大学図書館と連携して610万論文に?』

●報道発表・プレスリリース資料

http://www.nii.ac.jp/news_jp/2006/06/610.shtml

◎質問者からの返答

すばらしいプランですね。

電子ジャーナルを一括に蓄積、公開することは、研究者がより多くの他の研究を知るチャンスとなるはずです。

私のイメージするものは「論文のブログ化」と「著者のSNS化」です。

トラックバック数=論文が引用された回数

コメント欄=意見交換の場

SNS=共同研究者

アカデミックな研究の場でこそ、ネット上で「脳がつながっている」ことが必要なのではないでしょうか。


5 ● hamster009
●20ポイント

そういうのは学会レベルでやってるところが多いですね。

でも、クソ論文ばかりなので、誰も読みません。

完全な自己満足です。ぜったいビジネスにはなりません。

ほとんどの論文は誰も読まないのです。

http://www.ahoo.co.jp/

◎質問者からの返答

少なくとも学生が学位論文を書くときは、誰かの論文を参考に書くケースが多いはずです。

また大学が優秀な学生を集めたければ、公開されている学位論文の内容如何によって、大学や研究室が選ばれることがあってもおかしくありません。(基本は教官でしょうが・・・)

さらにマクロな視点で見れば、論文の一般公開によって情報共有がなされれば、日本の基礎研究のレベルアップにつながると考えることができるのではないでしょうか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ