人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

まとめて働いてまとめて休むような仕事にはどんなものがあるでしょうか。
例えば3ヶ月拘束されて1ヶ月休みだとか、丸3日働いて丸3日休みだとかいうものです。一般的な週休2日などに比べるとかけはなれているものを探しています。世界にはこんな仕事もあるよという感じで紹介して欲しいと思います。

●質問者: stamina
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:休み
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 15/15件

▽最新の回答へ

1 ● すだこふつ
●15ポイント

http://homepage2.nifty.com/go_tokyo/life_sman.htm

船乗り。

外国航路船乗りの乗船勤務は年間最大8ヶ月で、残りの4ヶ月が休暇となります。だいたい6?7ヶ月の船上生活を送り2?3ヶ月の休暇生活を送るのが普通だそうです。

◎質問者からの返答

大変参考になりました。ありがとうございます。


2 ● hamao
●15ポイント

http://www.fishworld.or.jp/fisherman/ryoushi/e_maguro.html

まぐろ漁師

1年ごとに40日の連続休暇

http://www.fishworld.or.jp/fisherman/ryoushi/e_ika.html

http://www.fishworld.or.jp/fisherman/ryoushi/e_katsuo.html

イカやカツオは1年ごとに30日

http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1491954

裁判官は実質的に週休3日

◎質問者からの返答

裁判官は意外でした。ありがとうございます。


3 ● くまっぷす
●15ポイント

http://www.fishworld.or.jp/fisherman/ryoushi/e_katsuo.html

月並な答えですが遠洋漁業。意外に休みパターンが多彩でした…。

休日/入港中1日。

まとまった休み/ドック休み1ヵ月(通常12月〜1月)

たとえば約50日の航海を終えて港に入ると、その日は早めに上がり、翌日から2日間は水揚げ作業。そして最後の1日をまるまる休んでまた出航というペースになる。ちなみに家族のいる漁師だと、港まで家族が迎えに来ていて、つかの間の団らんを楽しむことが多いという。そして12月の末頃に日本に戻って来ると、約1ヵ月のドック休み。

なるほど、完全に船の都合で人間の時間が拘束されるわけで…。

http://aegis21.net/osaka/koneta/jieitai01.html

類似例に潜水艦乗り、戦艦乗り。

◎質問者からの返答

潜水艦に戦艦ですか。いいですね。ありがとうございます。


4 ● setuharu
●15ポイント

昔ツアコンやってました。国内添乗では修学旅行がメインで春秋のトップシーズンは月に休みは2-3日、冬は仕事がなく休みだらけ。バイトでしのぎますが。トップシーズンは休みの申請を出すこと自体NGでした。病気でも入院しないと休めません。

海外添乗になると例えば添乗10日、帰国後、経費清算とレポート提出が1日、中1?2日休み、添乗準備に1日、そして次に出発でした。

一番つらいのが修学旅行で、旅行自体は楽勝ですが、夜10時あたりから毎日始まる飲み(先生方の接待)がつらいです。夜中までつぎまくります。校長先生からすすめられたビールはどんなにつらくても飲み干します。一番楽なのが海外ツアー。これは夜の付き合いがないから。でも男性社員はあまりツアーはやりません。理由はお酒の席とセクハラはつきものなので会社・団体関係の旅行は男性添乗員の仕事なのです。

添乗員は旅行業ではなくて接待業でした。つぐつがれる、カラオケデュエットが嫌いな人は死にます。

給料完全日給制1日7千円、1年目保険なしでした。しかも最大手でした。あまりのつらさに1年で新入社員半分くらい辞める年もあります。小さいところはもっと悲惨で冬は新人には全く仕事がまわらないので年収100万くらいらしいです。

ちなみにほとんど添乗員は恋人を作れない&3年以上続く人が少ないので家庭を持っている添乗員をめったに見かけません。まして定年まで続く添乗員は日本でも数人だそうです。どこの添乗員も完全日給制の派遣社員なので体壊したら終わりです。旅行会社の正社員にはまずなれませんのでつぶしが全くきかないです。

なかなか知られていない世界なので、紹介してみました。

http://q.hatena.ne.jp/answer(ダミー)

◎質問者からの返答

私のイメージしていたツアコンとは大きく異なりますね。大変な仕事のようです。ありがとうございます。


5 ● sami624
●15ポイント

http://www.fishworld.or.jp/fisherman/ryoushi/k_maguro.html

仕事

1日の仕事時間は15?16時間。魚がいれば、それ以上になることもある。途中に仮眠をとるのだが、縄を流して揚げるまで、早朝から夜中まで断続的に作業が続く。縄を引っ張り揚げるのは何班か組んでの交代制。しかし、毎日この作業があるわけじゃない。毎日たくさんマグロが獲れれば、早く港に帰れる。また、漁場への移動時間も長いから、何もしない時間もけっこうあるのだ。

休暇

1航海ごとに、2?3日の休み。

これがマグロ船です。

◎質問者からの返答

遠洋漁業はやはり定番のようですね。ありがとうございます。


1-5件表示/15件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ