人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

夜窓を少し開けて寝てしまったため、体が冷えたのか朝起きたらのどに痛みがありました。自分にとってはよくあるパターンで、のどの痛みが消えたら今度は鼻水が出てくるっといった感じです。今回、細菌は熱に弱いという話を聞き、加湿器の噴射口に口を開けて呼吸を繰りかえし、数分たったらイソジンでうがいをするということを繰り返しました。1日経って少しは良くなった気がするんですが、医学的にこのような方法は効果があるのでしょうか?それとも私の勘違いでしょうか?

●質問者: hac20380
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:イソジン パターン 加湿器 勘違い 医学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina
●23ポイント

乾燥自体ものどの粘膜などには良くありません。

程よい加湿を行う事で排除(掃除)し発生を抑えることができます。

マスクをするのは、細菌をよせつけないだけでなく、喉を乾燥させない効果もあるわけです

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


2 ● TomCat
●23ポイント

http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/kyuunyuki.htm

蒸気の吸入は、喉を潤すという意味では効果がありますよね。

ただ、細菌が死滅するような高温の蒸気を吸い込んだら

喉がヤケドしてしまいますから、

殺菌の効果というのは全く期待できないと考えてください。

むしろ、加熱して蒸気を出す加湿器ならいいのですが、

超音波式加湿器の場合は、逆にカビや細菌など

余計な物を吸い込んでしまう可能性もありますから、

直接の吸入は避けた方が良さそうです。

また、気道というのは気体だけを選択的に入れて

液体はうまく拒絶するように出来ていますから、

完全な水蒸気ならいざしらず

(いや、完全な水蒸気は100度以上ですからとても吸い込めませんが)、

いわゆる湯気の状態では、そんなに奥までは入っていきません。

うがいにしても、完全に喉の奥までは洗浄できませんから、

炎症を起こす位置が喉の奥深くなら、

そこに直接は作用しないと考えてください。

でも、外部からの細菌を寄せ付けないという意味では効果ありますから、

うがいはそれなりに効果があると言えます。

とりあえず、喉の痛みを感じるようでしたら、

ビタミンCを積極的に摂ってみてください。

これは体内でコラーゲンの生成に関与して、

痛んだ細胞の修復に役立ってくれると思います。

でも、おかしいと思ったら早めに病院で診てもらうのが

一番早く楽になりますね。

お大事にどうぞ。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

あまり効果はないようですね、

今日はしません(笑)


3 ● bakuto
●22ポイント

効果は有ります。

ですが、喉の加湿、殺菌の観点からです。

実際に細菌を殺すような高温を体に当てたら細菌が死滅する前に

本体が病院行きになる事は確実です。


喉を痛めたら加湿器で湿度を保ち、うがい薬で喉をなるべく清潔に

する事は基本なので間違いありませんが、過度のうがいは逆に喉を

痛めるので気を付けてください。


>加湿器の噴射口に口を開けて呼吸を繰りかえし

実際に鼻が詰まった時に洗面器に熱いお湯を張り、洗面器に顔を

近づけ、頭からバスタオルなどを被りサウナの様にすると鼻の通り

が良くなると言う民間療法もあるので温度さえ間違えなければ良い

と思いますが火傷には気を付けて下さい。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


4 ● nana109
●22ポイント

イソジンでうがいをするということ

この効果で風邪の初期症状のノドの炎症が治療されたと考えられますが・・・

つまり、イソジンで殺菌が出来たのでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ