人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自己破産の申し立てをした者が詐欺罪で訴えられた場合、自己破産手続きはどうなりますか。

●質問者: hirokgm
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:自己破産 詐欺罪
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 潮澤 昴
●100ポイント

自己破産の申し立てをした者が詐欺罪で訴えられた

詐欺(刑法)詐欺(民法)は別物ですがこの書き方ですと刑法で検察が起訴と取れますね。

詐欺被害者が債権者に加わります。(通常は損害賠償請求訴訟を起こす事になります。)

自己破産免責不許可事由-破産原因と詐術(詐欺)

◎質問者からの返答

有難うございました。またよろしくお願い致します。


2 ● ラージアイ・イレブン
●100ポイント

詐欺罪の内容によるとは思いますが、通常は自己破産手続きが中断される可能性は高いでしょうね。

なぜかというと、自己破産手続きは、自己破産の時に経済状況が破産していることを誠実に申告していることが前提となっているからで、不正な手段で利得を得てそれを隠し持っている人は誠実な申告の義務を果たしていないと考えられるからです。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H16/H16HO075.html

破産法

◎質問者からの返答

有難うございました。またよろしくお願い致します。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ