人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【歴史小説】読み応えのある歴史小説を教えてください。
主に史実ベースのものが読みたいのですが、作品世界がしっかりしていれば、史実と異なったファンタジー要素が強いものでもOKです。

簡単な紹介や感想(ネタバレなし)があると嬉しいです。

・日本以外の国(主に西欧)が舞台のものを希望します。
・三国志関連は除いてください。
・漫画やライトノベルは除いてください。伝記は淡々とした描写が苦手なのですが、そうでないものがあったら教えてください。

●質問者: pigeon_blood
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:いもの ネタバレ ファンタジー ベース ライトノベル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 17/17件

▽最新の回答へ

1 ● YukiharuYabuki
●10ポイント

塩野七生さんの、

ローマ人の物語

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103096233/qid=11504233...

や、海の都の物語などは、面白いと思います

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

『ローマ人の物語』は15巻シリーズなのですね。確かにかなり読み応えありそうです^^;

塩野七生さんは文体が少し苦手だと思っていたのですが、評判が良さそうなのでチャレンジしてみます。


2 ● snowland
●25ポイント

双頭の鷲〈上〉 (新潮文庫)

双頭の鷲〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 佐藤 賢一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

百年戦争の時代のフランス側の武将が主人公です。

著者はこのほかにも

二人のガスコン〈上〉 (講談社文庫)

二人のガスコン〈上〉 (講談社文庫)

  • 作者: 佐藤 賢一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

赤目のジャック (集英社文庫)

赤目のジャック (集英社文庫)

  • 作者: 佐藤 賢一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫

などの作品を書いていますがはずれが少ないですよ。

白衣の騎士団〈上〉

白衣の騎士団〈上〉

  • 作者: コナン ドイル
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • メディア: 単行本

ナイジェル卿の冒険〈上〉

ナイジェル卿の冒険〈上〉

  • 作者: コナン ドイル
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • メディア: 単行本

こちらは同時代のイギリス側のお話です。

ホームズシリーズで有名な作者ですが、歴史物も面白いですよ。

青狼記〈上〉 (講談社文庫)

青狼記〈上〉 (講談社文庫)

  • 作者: 楡 周平
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

中国が舞台の物語で史実では有りませんが面白かったです。

◎質問者からの返答

沢山のご紹介ありがとうございます。

どれも面白そうです。一番上の作品が特に気になりました。気に入ったら作家で追っていく方法もありますね。あまり知らないジャンルなので助かります。

コナンドイルって歴史小説も書いているんですね。

あまり外れがなさそうな作家なのでこちらも読んでみたいです。

snowlandさんのダイアリーを拝見しましたが、色々と読まれているようなので、問題なければこちらも参考にさせて頂きます。


3 ● batti55
●10ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101181519/

長編です。私は中途までしか読んでいませんが、読み応えはあると思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

1の方と同じ作品ですね。歴史ものとしてはやはり有名なのでしょうか。

文庫本で出ているのであれば手軽に読めそうです。


4 ● ポチル
●15ポイント

陋巷に在り

陋巷に在り〈13〉魯の巻 (新潮文庫)

陋巷に在り〈13〉魯の巻 (新潮文庫)

  • 作者: 酒見 賢一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

聡明で強い呪術の能力を持ちながら、出世の野心なく、貧しい人々の住む陋巷に住み続けた顔回。孔子の最愛の弟子である彼は師に迫る様々な魑魅魍魎や政敵と戦うサイコ・ソルジャーだった…息づまる呪術の暗闘、政敵陽虎との闘争、影で孔子を護る巫儒の一族。論語に語られた逸話や人物を操りつつ、大胆な発想で謎に包まれた孔子の生涯を描く壮大な歴史長編。

「孔子」と「サイコ」を同時に楽しめるストーリーで、

13巻まで飽きません。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

「サイコ」が入ってくるとなるとファンタジー的な作品なのでしょうか。少しはてなでの感想を読んでみましたがなかなか面白そうです。全13巻と長いけれど一気に読めそうな気がします。

もう少し続けて募集します。

「読み応えのある」と書きましたが、"分厚い文庫本"程度のものでOKです。(もちろんもっと長いものでもOK)


5 ● itarumurayama
●5ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1150422869

URLダミー

直接の回答ではないのでポイントは不要です。

>コナンドイルって歴史小説も書いているんですね。

むしろ逆でして、ドイル本人は、本当は歴史小説家として

大成したかったのです。

しかし、それだけでは食べていけないので、仕方なく

少年向け推理小説を書き始めたところ、これが「本人の予想を超えて」

大ヒットしてしまいました。

推理小説でお金を稼いだので、今度こそ(推理小説から足を洗い)

歴史小説家として執筆活動したかったのですが、今度は編集者側が

「ホームズシリーズを止めてしまうなんて勿体無い」として

必至に説得して、嫌がるドイルに無理やりホームズシリーズを

続けさせた、というのが真相。

傍目からは

「推理小説の元祖」として成功したように見えますが、本人的には

意に沿わない作家人生だったようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

意に沿わない作家人生か・・・そういう方って実は多そうな気がします。

推理小説はお金の為というのが大きく、歴史小説の方は純粋に好きなことを書いているのでしょうか。そのあたり、作品の内容を比べたら面白そうですね。


1-5件表示/17件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ